RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)

Author:伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)
小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた


子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、保育園や小学校などで「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。9月と10月の夏のレッスンはカボチャたっぷりのハロウィーンスイーツです。

レッスンで使う食材も良質のものを選んでいます。糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある10歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

小麦・卵・乳・大豆・グルテンフリーの料理やお菓子の定期レッスンの告知はこのブログでお知らせしていますが、アレルゲンに合わせたプライベートレッスンを行うこともできますので、お気軽にお問い合わせください。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。

企業様のレシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2017.11
02


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
なかなか更新ができず、申し訳ありません。
いろいろとやっているのですが、それをブログに書く時間を見つけられなくて……。
ああ、一日が50時間くらいあればいいのに(笑い)

食べ物はすごいなー、と薬膳の勉強をしながら思っていたのですが、「ええええー!」と絶叫してしまうようなことを聞き、食物の力に深く、深く、感動しています。

というのも……。

薬膳と中医学で、早期閉経になったのに生理が復活して、しかも、妊娠&出産をなさった方がいる、という話を聞いたからなのです!!

中医学では、女性の生理は49歳くらいで閉経になると言われています。
その前後、数年間が、いわゆる更年期ですね。

多くの人が45歳くらいから50歳くらいの間に閉経しますが、近年では、40歳になるやならずのうちに閉経してしまう、早期閉経の方も増えているそうです。

早期閉経になってしまってから時間が経ってしまうと、さすがにどうにもならないようなのですが、月経の頻度が少なくなって来た、量が減ってきた、といった閉経の徴候があったら、できるだけ早く、薬膳や中医学に詳しい先生がいる病院を受診なさるとよいかと思います。
食事指導や体質に合った生薬を処方してもらうことで、生理が整ってくることがあります。

薬膳的な視点で見ると、食べ物には、血を増やしたり、血の巡りを良くする、たまったストレスをとりのぞくなど、と、食べ物によってさまざまな効果があります。

中医学では、食べ物そのものよりも、さらに効果の強い生薬を用いることによって、身体の中のバランスを整え、健やかに導くことで、本来あるべき力を取り戻すことができると考えられています。

その早期閉経の方は、40代前半で閉経の徴候が見られたため、薬膳&中医学&体外受精をなさり、50歳で念願の赤ちゃんを授かった、ということでした。

私がお世話になっている中医学の先生は、日本の女性は冷えやすい食べ物を好み、冷えやすい服装をしているため、婦人科系の不調に悩むことが多いのではないか、と分析しておられます。

また、ダイエットをしている女性が多いからなのか、きちんとした食事をとっておらず、それが不調の根本的な原因になっていることもあるため、まずは、ごはん・肉・魚・野菜をまんべんなく食べることが大切、ともおっしゃっていました。

体調がすぐれないと悩んでらっしゃる方から、私も相談を受けることがあります。
生理に関すること、妊娠に関すること、出産後に関することなど、女性の身体の変化によって生じる心身の不調について悩んでらっしゃる方など、さまざまです。

たとえば、食物アレルギーであれば、食べてはいけないもの、避けたほうがいい食べ物を意識した生活をしていますが、婦人科系の不調というのは、どういう食べ方をすれば心身を健やかに保てるのか、ということがわかりにくいので、どうしたらいいのだろうと困っておられるのでしょうね。

薬膳では、大きな病気や不調になる前に、日頃の食べ方で健康を維持していくことを目的としています。
ある目的のために効果を出そうとする食べ方は多種多様あるのですが、まずは、あまり難しく考えず、「なんだか、だるいなぁ」とか「調子が悪いなぁ」という時には、主食をしっかり食べて、おかずを一品、それに野菜をたっぷり入れたお味噌汁を飲むといいですよ。

それに加えて、下半身を冷やさないように、できるだけ靴下やパンツをはく、などといったことを積み重ねていると、指先や爪先がイタいほど冷えていたのが徐々に解消していきます。

冷えすぎると、それが痛みにつながります。
身体が冷えていると血のめぐりが悪くなり、生理の時に血がドロドロになったり、血のかたまりができたりして……ということが起こります。
肩こりだけでなく、腰痛や頭痛も血のめぐりが悪くてことがあるんですよ。
生理中、そういう不調に悩まされてらっしゃる方もいらっしゃいますよね、私もそうでしたが(笑い)

ちなみに、市販のお菓子やスナック菓子、菓子パンなどといった糖分や油脂分ばかりが多くなりがちなものをたくさんとっていると、血の巡りや気の巡りが悪くなるため、身体が冷えやすくなります。

サンドイッチなどはヘルシーなイメージがありますが、パンの材料になる小麦は身体を冷やしますし、生野菜も身体を冷やします。
パンに塗るバターや、野菜につけるマヨネーズは油脂分が多くてカロリーも高く、体調がすぐれなくて悩んでいる方は避けたほうがいいですね。

自分の身体が冷えているかどうかが簡単にわかる方法があります。

日中、お手洗いに行った際などに、下腹部に手のひらを当ててみます。
もし、ヒヤッとするようだったら、身体の芯から冷えています。
子宮のあたりが冷えていると、生理や妊娠にも影響します。

お腹のあたりにカイロをはって外から温めるというのもいいですが、根本的な原因を解決しようと思ったら、やはり、身体を温める食べ物を口にするようにし、身体を増やさないような服装を心がけることでしょうね。

身体も心もポカポカしていると、女性は健やかな毎日を過ごすことができますよ。

空気が爽やかで、食べ物がおいしい季節。
お互いに、気持ちのよい毎日を過ごしたいですね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。














スポンサーサイト
2017.10
20


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
急に冬のような寒さになってしまいましたね。
みなさん、体調はいかがですか?

秋本番になって、食べ物がおいしいですね〜
特に、野菜がおいしくて、おいしくて!
蒸して自然塩をぱらりとふっただけでも、とびきりの味ですよね。

ムスコが理科の実験の話をしていて、「うちでもできたらいいのに」と言うので、冷蔵庫にあった野菜を使って、やってみました。
何をしたかといえば、野菜にヨウ素液をかけて、野菜に含まれるでんぷんが多いのか、少ないのかを調べること。

でんぷんが多いものは茶色っぽいヨウ素液が青紫色に変わります。

調べてみたのは、こちら。
上から時計回りに、大根、カボチャ(種とわた)、れんこん、さといも、じゃがいも、ごぼう。
真ん中がごはんです。

野菜はすべて生なのに、お米だけ炊いちゃったので条件が違うといえば違うのですが、米でんぷんはそのままでは固いため、加熱して膨潤した状態にしてから、でんぷんを確認する、という位置づけです。

171020_0749~01

ヨウ素液をかけてみると……。
ごはんと里芋がぶっちぎりの早さで青紫色に変わり、カボチャとじゃがいもはじわじわ。
想像では、れんこんもでんぷんを多く含んでいるため濃く変色すると思っていましたが、思いのほか、薄かった。
ゴボウと大根はじーっと見ると、表面に浮いた少量のでんぷんの粒があり、それは青紫になっていました。

171020_0751~01

野菜は産地によっても、季節によっても、水分量が変わるので、でんぷんの多い野菜でも量が相対的に増減するのでしょうね。
私が使ったのは水っぽいかぼちゃでしたが、ほくほく系のかぼちゃだったら、気持ち悪いほど青紫色に染まったものと思われます(笑い)

でんぷんは身体の中で分解されてエネルギーになるわけですが、ごはんはやっぱりすごいですね!

ムスコにいわれて思いついた実験だったのですが、実は今、今までとってもおいしくできていた米粉の一斤パンの焼き上がりが不安定になっていて、とても困っているところだったので、「やっぱり米、すごいでんぷん量なんだなぁ」と腑に落ちたわけです。

私のパンの主材料は、米粉とでんぷん。
レシピがシンプルなだけに、米粉に含まれるでんぷんの状態が大きくできあがりに影響します。

これが良い状態。
発酵時間を長めにして気泡をたっぷりと入れるので、ふんわりとやわらかです。
もともとは、1斤パンを焼くのに450グラム使っていた粉類を、350グラムに減らして、粉を減らした分、空気の層を増やそう、という考え方で組み立てたレシピです。

ふんわり米粉食パン(小さい)

お皿にのっている上がもうダメダメな状態で、下はそこそこキメはそろいましたが、でも、良い状態とは雲泥の差です。
ちなみに、良い状態のパンとまったく同じレシピと同じ工程で焼いています(涙)
なんでこんなことになっちゃうのやら。

170826_1005~01

今と同じレシピで同じ人間(私)が焼いているので、作り方が変わっているわけではないんですよ。
だとしたら、変わっているのは材料、特に、米粉なのかなぁ、と視点を変えて検証しているのですが。
米でんぷんの損傷率の関係か、あるいは粒子が細かくなっているとか?、なんてあれこれ考えているのですが……わからないんですよねぇ。
粉の物理的な特性などを測定する実験設備があるわけじゃないので、決め手がなくて。

もう何キロも作って焼いては比較していますが、米粉が製造されたロットが変われば、以前と同じように安定しておいしく作れるようになるのか、あるいは原料米が生産された年度が変われば米粉の質が変わるのか、そのあたりがまったく読めません。
そのため、どこまでレシピをいじっていいのか、悩みに悩んでいます。

誰が焼いても、いつでも簡単においしく焼き上がる米粉一斤パンのレシピでないと、使い勝手が悪いですよね。
難しいコツが必要なレシピではなく、シンプルな材料と手順でできるレシピ、というのが大切ですよね。

そんなわけで、一斤パンレシピのレッスンの受講をご希望くださっているみなさま、一斤パンのレッスンのお問い合わせをくださっているみなさま、大変申し訳ないのですが、「これで大丈夫! ふんわりおいしい!」と思える一斤パンを安定して作れるレシピだと確信が持てるようになるまで、一斤パンのレッスンはお休みさせていただきます。
せっかくご要望をくださっているのに、ほんとうに申し訳ありません。

そのかわりと言ってはなんですが、米粉のパウンド型パンはふんわりおいしいので、パウンド型パンのバリエーションを考えているところです。
ほわほわと湯気が立ち上る、焼きたてパウンド型パンのおいしさは格別ですので、米粉パン好きのみまさま、よろしければ、ぜひ!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。








2017.09
19


12:00
Category : 料理関連
更新をなかなかできず、すみません。

米粉をいろいろ使って試作をしているのですが、今まで使っていた米粉の性質が変わったからなのか、暑くなったり涼しくなったりと気候が不安定で米粉の水分率などが変化するからなのか、意図したできあがりにならず、あれこれ模索しています。

レシピを変えたり、粉類が持っている性質を活かせるように配合を変えたりしているのですが、いつものようにすんなりといってくれず(涙)

米粉が大好きでずっと使い続けて来ているので、米粉に対する期待値が上がりすぎているのかもしれない、という可能性もあるのですが(汗)

状況が改善したら、またご報告します。

今日もブログにいらしていただき、ありがとうございます!

今日も良い日でありますように。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。


2017.09
08


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
今日は秋らしい風がふいて、さわやかな日ですね。
あんなに暑かったのに、ここ数日で驚くほど朝夕は涼しくなりましたね。

秋の花粉に反応する方、いらっしゃいますか?
あと、低気圧とか……。

私は喉がイガイガして、咳が出たりしています。
秋のブタクサに反応しているのだろうと思われますが、もう飛んでいるのでしょうかねぇ。
低気圧がくると、頭痛がしたり、だるくなったりもするので、季節の変わり目なんだなぁ、と感じます。

夏は暑くて汗腺がひらいて汗を出しますが、汗腺がひらいているところに急に気温が下がると、風邪をひきやすくなります。
一日の間で気温の変動が高い時には、冷たい飲み物ではなく、温かい飲み物を選んだほうが体調を整えるためにはいいようです。

また、緑茶には番茶などよりも体を冷やす作用があると薬膳では考えます。
緑茶はおいしいので一年中、緑茶を飲んでらっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、冷えを感じる時には、緑茶をお休みし、番茶にしたほうがよいですよ。

さてさて、今月から、食育メディア シェアダインさんの「がんばらない食育」というサイトで「ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた」という連載をさせていただくことになりました。
更新は月1回のゆっくりペースになりそうです。

初回はアレルギー事情をざっくり書いたので、次回からは我が家のアレルギー事情を具体的に書いていきたいと思います。

大人になってからアレルギーを発症する方も増えていると聞きます。
小さい頃から食物アレルギーがあって、徐々に食べられるものが増えていく、というのとは違い、急に食べると体調が悪くなるものができてしまうと、その食生活に慣れるまで、体調管理も大変ですよね。

大人になってからのアレルギーであれ、子どもの頃からのアレルギーであれ、根っこのところにあるアレルギー体質というのはずっと変わらないものだと思いますので、ゆるゆる、のんびりつき合っていくのがいいのかなぁ、と思っています。

ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた、お時間のある時にご覧になっていただけると嬉しいです。

9月のレッスンのお問い合わせをいただいており、申し訳ありません。
もう少し試作をしてみてから、9月と10月のレッスンスケジュールをお知らせしたいと思っております。
お待たせしていて恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

2017.08
21


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
ぐっと涼しくなったと思ったら、また暑さがぶりかえしてきましたね。
外に出ただけでも汗びっしょりになりました〜

湿度が高くて汗をかきたくてかけないと体温が下がらなくて冷たいものを口にしたくなりますよね。
冷たいものはおいしいですが、そればっかり口にしていると胃腸が疲れて食欲もなくなるし、だるくなるし、夏バテぎみになりますよね。

夏には水分が多い夏野菜を食べるといい、というのはよくいわれますよね。
体の余分な熱をとってくれますから。

暑さでこもった熱を発散させるためには、汗をかくのはもちろんいいですし、夏野菜を口にして熱をとってもらうのもいいですし、体の中の水分を外に出して冷やすという意味では、お小水をちゃんと出す、というのもいいですよね。

薬膳では、とうもろこしはお小水が出やすくすると考えられています。

とうもろこしそのものにも水分を外に出す働きがありますが、とうもろこしのひげにはさらに強い効果があるといわれています。

とうもろこしの皮をむいて、ひげをとって綺麗にしてから茹でて、ゆで汁を捨ててしまうと、とうもろこしから流れ出た有用成分も捨てることになってしまいます。

しかし、汚れた部分の皮とひげをとったとうもろこしを少ない水分で蒸し煮にしながら加熱して、とうもろこしに火がとおった時に水分が残らないようにすると、とうもろこしの全体から出た養分がまたとうもろこしに戻ります。
できあがると、とうもろこしの色があざやかにつやっとして、皮やひげがへたっとします。

170811_1637~01
170811_1658~04

とうもろこしのひげは、それだけでお茶になっているくらい健康に良い成分があります。
できあがったとうもろこしも食べる直前まで皮やひげをつけておくといいですよ〜



160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。