RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)

Author:伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)
小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、保育園や小学校などで「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

5月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。好評だったベジチョコスイーツ講座が再登場、定番レッスンは「米粉バーガー」と「製菓用米粉のパウンド型パン」です。

レッスンで使う食材も良質のものを選んでいます。糖類は甜菜糖・メープルシロップ・はちみつ、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使うなど、体にやさしい食材の良さをお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある10歳のムスコと3歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験しているので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

小麦・卵・乳・大豆・グルテンフリーの料理やお菓子の定期レッスンの告知はこのブログでお知らせしていますが、プライベートレッスンを行うこともできますので、お気軽にお問い合わせください。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。

企業様のレシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2017.04
08


12:00
ただいま、黒糖マドレーヌの試作をしています。
しばらく前に作ったレシピなのですが、あれこれと微調整をし、ふんわりした焼き上がりになりました〜
黒糖と白花豆を使っているので、やさしい味わいです。

黒糖マフォレーヌ

これは、パウンド型でふんわり小型食パン講座に参加予定の方のお子さんの食物アレルギーのアレルゲンに合わせた食材で作ったお菓子です。
小豆やあんこが苦手ということで、別なデザートをご提案させていただきました。

食物アレルギーがある場合、おうちのごはんやおやつ以外だと我慢することが多くなってしまいがち。
仕方ないとは思っていても、「これが○○を使っていたら、食べられるのになぁ」と残念に思うこともありますよね。

せっかくなら、レッスンで作ったものはどれでも安心して召し上がっていただきたいと思っています。
なので、アレルゲンを他の食材に変えたり、アレルゲンを含まない別なレシピを作るなど、参加者の方とご相談しながら、調整することも可能です。

ただし、告知している内容と変わる場合には試作の時間もかかりますし、他の方とご一緒のレッスンは難しくなりますので、基本的にプライベートレッスンで、ということにさせていただいています。

また、メニューそのものを変更するのか、一部の食材の変更でいいのか、と対応方法の違いによって材料費などが変わりますため、個別アレルゲン対応の場合の追加料金に関しては、別途ご相談して決めさせていただいております。

これまでにご相談いただいたことがあるのは、通常のレッスンで使っていない小麦・グルテン・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・ゴマ・牛肉・甲殻類・南国フルーツなどの他に……

トマト、サトウキビ(白砂糖、三温糖、粗糖、黒砂糖などのサトウキビを原料とする砂糖、サトウキビ由来の糖分を含む可能性があるケチャップなどの調味料)、リンゴ(リンゴそのもの、リンゴ由来のペクチンを含むジャム、リンゴジュース、リンゴ酢など)、生姜(カレー粉も)、肉類(鶏肉はNGだけと豚肉ならOK、または豚肉はNGだけと鶏肉ならOK、または肉類全般NGなど)、人参、玉ねぎ、じゃがいも(片栗粉も)、とうもろこし(コーンスターチも)、山芋、ココナツ、イースト、甜菜糖などなど。

「え、そんなものまでアレルゲンになるの?」と驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、食材に含まれるタンパク質がアレルゲンになるので、どんなものでもアレルゲンになる可能性はありますよね。

グルテンフリーは、グルテンを含む小麦などの食品を避けることで体調を良い状態をキープする食べ方ですよね。
遅延型アレルギーやリーキーガット症候群など、即時にはアレルギー反応は出ないけれど、食べると後で体調が悪くなってしまう、という方も増えているように感じます。

非常にだるくなる、頭痛がする、気持ちが落ち着かなくなる、体が冷える、胃腸の不調、イライラする、などなど……食物アレルギーで即座に生じるアレルギー反応とは違った、さまざまな不調がありますね。
なんだか調子が悪くて長引く……ということもあるので、つらいですよね。

「少量なら食べられる」という場合であっても、「大丈夫かな? 体調が悪くならないかな?」と心配しながら食べると、楽しみも半減しちゃいますよね。
レッスンのレシピはその場限りのものではなく、ご自宅でも活用していただけるようにするには、やはりアレルゲンフリーがいいですよね!

体はデリケートで、人それぞれに体質や体調は違います。
体に合ったレッスンで、楽しくおいしい時間を過ごしていただき、持ち帰ったレシピをご自身の好きなようにアレンジして「おうちレシピ」にしていただけたら、私にとって、これ以上の幸せありません。

もし「このレッスンに参加してみたいけど、自分のアレルゲンが含まれていないか心配」「この食材を使わないメニューにできるかな?」など、気になることがありましたら、いつでもご連絡ください。

いつかお目にかかれる日を楽しみにしております。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。











スポンサーサイト
2016.11
18


12:00
寒くなってきて、さすがに外出時にコートが必要なくらいになってきましたね。
あと2週間ほどで12月ですし、今年もあっという間に過ぎています(汗)

今年も終わりに近づいたお忙しいなか、デコレーションケーキ&クッキー講座へのお問い合わせ、ご参加ありがとうございます。

参加してくださった方々からは「持って帰ったケーキをパパと子どもたちが喜んで食べていました」とか「これで小麦・卵・大豆・ナッツ不要なんて信じられない!大満足です!!」とか「簡単なのに、作ってすぐでもおいしくて、冷凍してもおいしいなんて驚きです」といった嬉しい声をいただいており、私も大感激です。
ありがとうございます。

何度も何度も試作を繰り返しましたが、簡単でおいしく食べていただける参加者の方々に満足していただけるレシピになったことにホッとしています。

参加してくださったみなさん、これから参加してくださるみなさん、ありがとうございます!
お会いできるのを楽しみにしています。

レッスンのご案内にはケーキがホールのかたちでしか掲載されておりませんので、断面を。

161115_1411~03

ダブルチョコのデコレーションケーキの間にはバナナのスライスがちらりと見えています。
甘栗クリームのデコレーションケーキの上には甘栗とドライアプリコットとカボチャの種を飾っていますが、飾りのドライフルーツはお好みで。

2種類とも、クリームはナイフでペタペタと塗っていくだけで簡単ですが、上に果物などの飾りをつけるとちょっと華やかな感じになります。

デコレーションケーキもクッキーも、両方とも冷凍保存が可能です。
ケーキは冷凍したら常温で解凍してから、クッキーは冷凍庫から出したらすぐに食べられます。

お時間がある時に作り、6〜8分の1ピースくらいにカットしてラップに包み、密封袋に入れて冷凍しておくと、お弁当のデザートに持って行くのに便利ですよ!

私が試したところによると、朝8時に冷凍庫から出し、12時に食べたら完全に溶けていて、しっとりとおいしく食べられました。
ケーキをラップに包んだまま常温解凍しますが、水分が出てきたり、クリームが分離してしまうことはありませんのでご安心ください。
クッキーも凍らせてから自然解凍しても、サクサクは変わりませんよ〜

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマなどを使わず、ヘルシーなグルテンフリ―のデコレーションケーキとクッキーです。
クリスマスケーキや特別な時に洋菓子を作りたいと思ってらっしゃる方がいらっしゃいましたら、デコレーションケーキ&クッキー講座の詳細をご覧ください。

試食は私が作ったデコレーションケーキでしていただきますので、参加者のみなさんが作った2種類のケーキはホールのままお持ち帰りいただけます。
おうちの帰ってからも、お菓子を楽しんでくださいね!


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。





2015.11
12


21:10
なかなか定期レッスンができず、申し訳ありません。
新しいレッスン用のメニュー開発&試作をするのが難しいため、これまでの講座をご希望なさってくださる方のプライベートレッスンのみ、日程をご相談させていただきつつおこなっています。

このところ、米粉クッキーを子どもたちが「おいしい、おいしい!」と喜んで食べてくれるので、いろいろ作っています。

夏場はあまり「クッキー、食べる♪」と言わなかったのですが、涼しくなってきたら食べるようになりました。

暑い時期は冷たくてのどごしのいいもの、涼しくなると油や砂糖を使ったカロリーが高くて手っ取り早くエネルギーになるようなもの、ということなんでしょうね。
季節によって食べたいお菓子は変わるって、味の好みだけじゃなくて、体が要求しているというのも、おもしろいですよね〜

たくさんクッキーを食べてくれるのはいいのですが、米粉クッキーってお腹にたまるので、ちゃんとしたご飯にひびきがち(汗)
なので、野菜を入れて、色や味わいに変化が出るようしています。

151008_1640~02

緑色のクッキーは子どもたちが警戒して食べてくれませんでしたが、他のはパクパク、モリモリ。
やっぱり、子どもたちが食べてくれるとモチベーションが上がりますね!

来春の小学校に入学するお子さんの給食の代替えで使えそうな講座を連続して受講してくださっているママがいらっしゃるのですが、とても嬉しいメールをいただきました。

「水餃子とマーライカオ風蒸しパンと人参のシリシリサラダ」と「ラザニアとベーグル」の2講座を受講してくださった後にいだだいたメールなのですが、ママが笑顔でお子さんを見つめていて、お子さんもママが作ってくれたおいしいお料理をもりもり食べてくれている姿がまぶたに浮かび、感動でうるうるしちゃいました。

子どもが「おいしい」と喜んで食べてくれるから、どんなに大変でも母は頑張れるんですよね。
子どもの笑顔と「おいしい」という言葉を聞くと、ほんとうに幸せな気持ちになりますね。

掲載のご許可をいただきましたので、ご紹介しますね。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

「これが水餃子か~。給食で餃子出たときは、この水餃子にしてね」と長男からは早くもリクエスト。
他も、本当にすべて美味しい美味しいっていって夢中で食べていました。

みほさんから教えて頂き、来年からの給食の代替え品も少しは自信をもって臨める気がします。

長男は、「ママ、僕もみんなと違うものも頑張って食べるから、ママも頑張って作ってね」と言われました。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜*〜*〜*〜

私も、ムスコの小学校入学前、給食がどうなるのか心配でたまりませんでした(←勉強のことは二の次で、とにかく給食のことばっかり。汗)
考えれば考えるほど、心臓のあたりがキュッと縮むような、なんともいえない緊張感と不安でいっぱい。

保温用のお弁当箱に中身を詰めてみて「どのくらいの時間、温かく、おいしく食べられるかな?」と試してみたり、学校からもらってきたメニューをどう調理したら喜んでくれるだろうかと悩んだりもしました。
悩めば悩むほど、負のスパイラルに入っていく感じで、どんどん心配事ばかりが膨らんでいってしまい……。

入学して間もない頃、ムスコが「おいしかったよ!」とお弁当箱をからっぽにして帰ってきてくれると、ほんとうに嬉しかったなぁ。

今でも「お友だちにいいなぁ、、食べてみたいなぁ、って言われちゃった」とニコニコ顔をして教えてくれると、「やった!」とバンザイしちゃいますが(笑い)

今の時期、来春の入学を控え、小学校の説明会や健康診断があったりして、入学準備を始める方が多いですよね。
食物アレルギーがあると、特に学校給食のことが気がかりですが、給食に関する話し合いは入学間際になるのでしょうかね。

ムスコの時には入学前の春休みのちょっと前と春休みが終わる頃でした。
いろいろと話し合いをしたのですが、栄養士さんが変わったりすると「除去食」に対する考え方もメニューも大幅に変わったりしますし、校長先生をはじめ、学校の姿勢や考え方が大きく影響するものですね。

ムスコが入学する直前と、1年生の時、2年生の時で栄養士さんが変わり、2年生と3年生の時で校長先生も変わっているので、けっこう目まぐるしいです(笑い)

もし、最初から除去食に積極的にかかわってもらえなかったとしても、小学校6年間のうちにはゆるやかに寄り添ってもらえるようになるかもしれません。
食物アレルギーのある子を育てたことがない人たちにもわかってもらいやすい言葉で、伝え続けるというのが大切だなぁ、と思っています。

食物アレルギーがある子の気持ちと、その子を支える母の気持ちを理解し、共感してくれるような思いやりの心の輪が大きく、大きく育ってくれるといいですね。
2014.08
05


12:00
先週の土曜日、夏休み親子クッキングを開催しました。

下は生後5か月の赤ちゃんから、上は小学校中学年のお姉さんまで参加してくれ、にぎやかで、とても楽しい一日でした。

あ、赤ちゃんは作ったりせず、応援で参加♡
ママが作っている間、泣かずにひとり遊びして待っていてくれたんですよ。

しかも、感動的な瞬間が!
スイーツ講座が始まったばかりの時には、両腕をつっぱって頭を上げて置いてあるおもちゃを見ているだけだったのに、講座のなかば頃になったら、おもちゃを取るためにちょっとずつハイハイしていました〜

「おもしろそう! やってみたい!」という情熱が赤ちゃんにもあって、その強い思いによって目覚ましく進歩していくんですね。
赤ちゃんは何事にも受け身だと思いがちですが、自分なりの意志と強いエネルギーがある一人の人格を持った人間なんだなぁ、と感動しました。

そして、親子クッキングの主役の子どもたち♪
とっても、とっても頑張ってくれましたよ。

ちゃんと説明を聞いて、集中して丁寧に作業をしてくれたので、驚くほど上手。
タルト型にクラストを敷く作業は指先を使うので難しいですが、みんな、ちゃんとできました!

飾り付けには、卵白を使わない手作りアイシング、ゼリー類、アラザン、金平糖、ドライフルーツ、いちごパウダーなどを準備。
イメージを膨らませて、自由に飾ってもらいました。

子どもたちの柔軟な発想で、とても可愛くて、おいしそうなケーキやタルトがたくさんできあがりました〜

出来上がった作品は、こんな感じです♪

ほんとうはどのタルトもとてもキレイな色で、可愛いデザインなのですが、私のシニア携帯(←スマホは難しすぎて操作できないんです。涙)で撮った画像のため、色も細部もキレイに出ていません。
すみませんが、みなさんの想像力でおぎなって、ご覧になってくださいね。

最初に、ミニジャムタルトにデコレーションする前と、した後がわかりやすいタルトを最初にご紹介しますね。
これはムスコが作ったもの。
「金平糖を山ほど飾って、どんだけ甘くするつもりなんだよ、オイ」って、ツッコミを入れたくなる感じなんですが(汗)

140802_1522~020001

こちらは、ママと息子くんの作品です。
息子くんはエプロンをして、手際よく作業を進めてくれ、まるで小さなパティシエ。
ふたりで相談しながら、いろいろと雰囲気を変えたデコレーションをしていて楽しそうでした。
ママの飛行機のようなアイシングも絶妙で、とってもステキ♪

140802_1524~010001

今日は食物アレルギーがないお姉ちゃんが参加してくれたのですが、食物アレルギーがある弟くんのために持って帰りたいということでした。
アラザンを一粒一粒指先でつまみ、小首をかしげるようにして集中しながら配置。
ママとの共同作業で可愛らしくデザインしてくれました。

140802_1525~010001

ミニジャムタルトに使うジャムは、砂糖不使用のイチゴジャムかブルーベリージャムを選んでもらったのですが、お姉ちゃんと弟くんは「イチゴがいい!」ということで、イチゴジャムだけ使った明るい色のタルトになりました。
お姉ちゃんが作るタルトがあまりにもおいしそうなので、弟くんが「たべたい!たべたい!」と隣りでワクワクしながら待っていました♪

140802_1523~010001

この日は、最初にミニジャムタルトを焼きました。
タルトを冷ましている間に、今度は紫芋とカボチャのケーキを作り、焼いている間に試食タイム。

試食していただいたのはフルーツタルト。
タルトのクラストにカボチャケーキの生地をフィリングにアレンジして、流し入れて黄桃を飾って焼いたものです。
写真を撮るのを忘れてしまったので、これは以前作ったアンズを飾ったフルーツタルトですが……。

140722_1453~030001

カボチャケーキの生地のレシピをフィリングにする方法をお伝えすると、「とてもおいしい!」「簡単にこんなふうになるなんて、すごい!」と喜んでいただけました。

嬉しい♡
苦労して試作を繰り返した甲斐がありました!

家で作るお菓子は、簡単でおいしいのが基本ですよね〜
手順が難しかったり、材料が多かったりすると、面倒くさくて作らなくなっちゃいますもんね。

今回お伝えしたタルトとケーキのレシピを、ご自宅でご家族のお好きな食材でアレンジしていただき、「おうちお菓子のレシピ」として使っていただけたら、とても幸せに思います。

みなさんからいただいた感想もご紹介させていただきます。

「親子教室に参加させていただき、ありがとうございました。安心しておいしく食べられるお菓子で、飾りつけも楽しかったです。子どもと参加できたことも、夏休みのイベント・思い出のひとつになりました。家でも作りたいと思います」

「本日はありがとうございました。タルトにミニケーキと二種類も作れて、とても楽しかったです。アレルギ―のない娘と参加しましたが、楽しそうに、試食もおいしく食べていました。見た目はとても美しく、凝った作りなのに、意外に簡単にできておどろきました。洗い物が少なくすむのも、とても助かります。今度は息子と一緒に作ってみたいと思います」

「今日はとても楽しかったです。同じざいりょうでちょっとなアレンジだけでおいしい物を作れるとおそわり、その時はびっくりしました。いろいろ作ったり、食べたり、かざりつけをしたりして、とても楽しくておいしかったです。また、やりたいです」
この一番最後の感想は小学校中学年のお姉ちゃんが書いてくれました。

会場に来る道順がわかりにくいというご意見もいただきましたので、次回からは参加申込をいただいた方には詳しい地図をお渡しできるようにいたしました。

夏休み親子クッキングは、8月20日(水曜日)にも開催します。
10:00~12:30(米粉食パン講座)/13:00~15:00(スイーツ講座)

まだ参加お申込を受付ていますので、よろしければ遊びにいらしてくださいね。

お問い合わせ、お申し込みは komekomekitchen@gmail.com にお願いいたします。

2014.06
16


12:00
昨日は6月の米粉食パン講座でした。

参加者の方々と一緒におしゃべりしながら作り、とても楽しく、おいしい時間を過ごさせていただきました。

参加者の方々の米粉食パンが焼き上がって「こんなにキレイに膨らんでる!」と嬉しくなり、型からすぽっとはずしてビシッと四角い米粉食パンを見て「美しい♡」と感動♪

「米粉ってすごいわぁ。何でもできるのね。小麦なんていらないわ」なーんて言いたくなっちゃいます(笑)

楽しかった6月の講座の様子は改めてレポートいたしますので、お楽しみに♪

遅くなりましたが、5月に参加してくださった方々からの嬉しいメッセージをご紹介していなかったので、順序不同で記させていただきますね。

「パン講座、楽しかったです。教えていただきながらキレイにパンが焼けて嬉しい! サンドイッチにして試食させてもらいましたが、とっても美味しかったです! 焼けたパンを家で食べるの、楽しみ!」

「米粉パンを作れてとても楽しく、ためになりました。普段アレルギーの話等なかなかできないので、たくさん話ができたのもよかったです。ありがとうございました。また別のレシピの時も参加したいなと思います!」

「パンを作るのは初めてて、ちゃんとできるか心配でしたが、思ったよりも簡単にでき、楽しかったです。安全な材料で作れたのもよかったです。学校のお話もいろいろ教えていただき、とても助かりました。ありがとうございました」


米粉食パン講座では、こんなパンが焼けますよ♪
はじめての方でも大丈夫です!

131009_0934~01
使用材料:ミズホチカラ、タピオカ粉、コーンスターチ、甜菜糖、菜種油、白神こだま酵母、塩

6月20日(金曜日)にも米粉食パン講座があります。
ご都合が合うようでしたら、いらしてください♪

毎月、1回ずつ米粉食パン講座を行います。
お子さんと一緒にご参加いただける夏休みの時期の講座も企画中ですので、改めてお知らせいたしますね。

<開催日時>
6月20日(金曜日)11:00〜14:00

<持ち物>
メモ帳、筆記用具、お持ち帰り袋、エプロン(あってもなくても可)

<ご注意>
調理器具は小麦・卵・乳製品などのコンタミがあります。
食物アレルギーを持つ方がご参加を検討してくださる際には、主治医にご相談ください。

<会場>
ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー 東京校
東京都港区三田2-2-15 三田綱町デュープレックス リズ 地下教室
アクセス・地図はこちら

<お申込・お問合わせ>
参加希望日・お名前・ご連絡先電話番号・メールアドレス、食物アレルギーの有無、アレルゲンをお知らせください。
e-mail:komekomekitchen@gmail.com