RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.03
03


12:00
グッと気温が下がることもありますが、日中の日差しが暖かくなってきましたね。
ヒガンザクラが桜色に咲いているのを見て、もう春なんだなぁ、と感じます。

1月に我が家にメダカが5匹やってきました。
水槽に入れるブクブクなどもないので、それほど長生きしないかもなぁ、なんて心の中で思っていましたが、メダカが毎日のように卵を産んでいます!

早い段階で生まれた卵は、大人のメダカの水槽と分けて小さな水槽に入れていますが、小さくて透明な卵にプチプチと黒い目が見えるようになってきました。
いつ生まれるかと、みんなで水槽を覗き込んでいます。

みなさんのまわりにも小さな春がたくさん見つかるかと思います。

薬膳的に考えると、春は肝が活発になる季節です。
肝というのは、のびのびと伸びやかなことが好きな臓器です。
ストレスがかかってしまうと、イライラしたり、気持ちが沈んだり、よく眠れないなどの症状が出てくることがあります。

冬の冷たい風の中でキュッと丸まっていた体を、ゆるゆるとときほぐして、ゆったりとした気持ちで、すっと背筋を伸ばしてお散歩するのも、心と体の健康のために、とってもいいですよね!

風邪やインフルエンザが流行していますね。
どうぞお体にお気をつけてお過ごしください。
バランスの良い食事をして、元気に過ごしたいですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。





















スポンサーサイト
2017.12
27


12:00
用事があって、週末に、福島に行ってきました。
実家がある郡山は東京と同じくらいの気温だったのですが、猪苗代に向かう電車の中から真っ白な雪景色!

母から事前に聞いていたものの、猪苗代のホテルのあたりは積雪50センチ。
びっくりでした〜

171127_1245~01

うちにある限りの冬装備をしていきましたが、それでも寒い、寒い。
私は足の指先がビリビリするほど冷たいのに、子どもたちは生まれて初めての大量の雪に大はしゃぎ。

171126_1519~02
171126_1518~02

どんなに「もういいでしょう? 風邪をひくから帰ろうよ」と声をかけても、二人とも「ま〜だ!」
さすがに1時間くらい経った頃、ムスコが「雪が溶けて濡れているところが痛い」と言い出し、軽い凍傷になっても困るから、と説得して室内に入りました。

子どもは楽しいと寒さを忘れるんですね。

で、当然といえば当然のことながら、東京に戻ってきてから二人とも風邪気味になり、お休み。

本格的な風邪をひかせちゃうと困るので、足湯と体を温める食事で免疫力アップの作戦。

足湯というのは、前にも書きましたが、42度くらいの温度のお湯をバケツなどにはり、自然塩をひとつかみほど入れて溶かしたところに足首よりも上までお湯が来るようにして、のんびり本でも読みながら足をひたしておきます。
お湯がぬるくなってきたら、適宜、熱いお湯を足して温度を調整します。

私やこどもたちは寒気のしはじめには足湯を1時間くらいしていると、体の血の巡りがよくなるため、つま先からしんしんと上がって来るような寒気がおさまり、背筋のゾクゾクもなくなります。
ひどくなってからだとダメですが、風邪をひいたか、ひかないか、くらいの時だと効果てきめんです。

あと、もう一つは食べ物。
生姜とネギと鶏肉とご飯を食べる!

薬膳でいうと、鶏肉には体を温める効果があり、豚肉には体を潤す効果があります(温める効果はない)。
生姜とネギは風邪のひき始めのゾクゾクを吹き飛ばす力があるとされています。

ただ、体を温める目的で薬膳を用いる場合、生よりもしっかりと加熱したほうがより効能が高まるため、ネギや生姜も加熱する料理に使います。

大根やごぼうといった根菜類は体を温めるイメージでしたが、薬膳の素材としてみると、両方とも体を温める効果はなく、むしろ冷やす傾向があります。
なので、しっかり加熱して風呂吹き大根にして食べたり、煮物などにして食べるといいんですね。

そういえば、以前、テレビだったか、「外でカレーを食べる時には漢方薬をかけて食べるんです」とおっしゃっていた方がいましたが、いわゆる漢方薬には体を温めたり、気の流れをよくしたりする生薬の成分が入っています。
そう考えると、カレーに漢方薬をかけるというのは、生薬の効能を強めるという意味ではいいのかもしれませんが、果たして、飲み方などが決まっている漢方薬をそういうふうに使って良いのだろうか、と思ったりもします……。

シナモンは入手しやすく、お菓子にもよく使われていますが、実は、シナモンは「桂枝」という体を温める生薬でもあります。
私は冷え性なので、シナモン自体好きなので、お菓子でも料理でもパッパ。
カレーにもかけますよ〜

ご連絡があります。
新しいパソコンを買ったのですが、今まで使っていたkomekomekitchen@gmail.comの受信確認をするためのパスワードがうまく反応せず、アクセスすることができません。

メールアドレスを変更する予定ですので、変更したらお知らせいたします。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。













2017.10
10


12:00
みなさん、いかがお過ごしですか?
上着が必要なほど気温が下がったり、夏のような暑さがぶりかえしたりしていて、身体が落ち着かないですね(汗)

けれども、見上げると、空と雲がとってもキレイで、「ああ、秋なんだなぁ」と感じます。
あと、やけにお腹がすくので、食欲で秋を実感しています(笑い)

今月のゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふたがアップされました。
よろしければご覧になってください。

今回はムスコがアトピーだと判明した前後のことを書いています。
その頃のことを思い出し、胸がいっぱいになってしまい、なかなか書き進められませんでした……。

ムスコが生まれたのは11年ほど前のことになるので、ムスコが赤ちゃんだった当時と今ではアレルギー事情はまったく違います。
アレルギー(特にアトピー)の治療法は医療機関や民間療法などさまざまありましたが、統一された治療法というのは確立されていませんでした。

私の場合、アレルギーの情報の多くはインターネットで得ていたため、その真偽のほどがわからずにふりまわされて、実も心もへとへとになっていました。

もしも昔の自分に会いにいけるなら、「今すぐ、パソコンを閉じて、アレルギー専門医に相談しに行きなさい」とアドバイスしますよ!

アレルギーになるとたくさんの不安もありますし、心配もあります。
私の場合は、食生活や生活環境のこと、というよりも、大きな懸念は薬のことでした。

薬に対してはさまざまな考え方があると思いますし、価値観によっても異なると思います。
そうした治療法に関することよりも先にアレルギー専門医に診断をしてもらい、アレルギーの度合いを正しく認識することが大切なのではないかと私は感じています。

第一に、正しい診断をしてもらうこと。
第二に、薬のことや治療の方向性。
この2つをごっちゃにせず、1つずつ「自分はどうしたいのか?」と考えていくことで、選択肢が見えてくると思います。

先生との相性もあるかと思いますし、アレルギーの治療法は日進月歩なので、疑問に感じることがあったら、セカンドオピニオンなどを求めるのもアリですよね!
私の場合ですが、セカンドオピニオンのおかげで、今の元気なムスコがいます。

今さら言っても仕方のないことですが、私はムスコを早くアレルギー専門医に診てもらわなかったことを深く、深く後悔しています。
もしかして、もっと早くアトピーの確定診断をしてもらっていたら、経皮感作による食物アレルギーを避けられたのではないかという可能性もなくはないだろうと思いますし。

その時々で、一番良い選択肢を選んできたつもりだったので過去の自分を責めるのは酷だとは思いますが、でも、やはり、「あの時、こうしていれば」と考えてしまうのはアレっ子母のさがでしょうかねぇ……。

悩んだり、選んだり、喜んだりしながらアレルギーは快癒していくものだろうと私は思っています。
アレルギー体質という根っこの部分は変わらないとしても、日常生活に支障が出ないように、楽しく過ごしていく方法を見つけられるはずですよね。

お互いに、時々凹むことはありますが、一歩ずつ前に進んで行きましょうね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

2017.07
03


12:00

このところ、ムシムシして暑いですね。
食べたいけれど、食べられないというのは、つらいですよね。

しかし、食欲全開だった20代の頃の私は、夏バテで食欲が出なくなっても「食べられなくて体重が減るから、まあ、いいか」なんて軽く考えていました。
今、思うと、不健康ですよね(汗)

当時は、当然のことながら食べなければ体重が落ちますが、体力や気力がなくなってだるいし、筋肉も落ちて代謝が悪くなるから、生理不順や便秘になって体調は悪いわ、食欲が戻る秋口から体重が急激に増加して、ベソをかく、ということの繰り返しでした。
結局、ちゃんと食べながら体重が減っていかないと、リバウンドしちゃうから心身ともによくないですよね……。

さてさて、昨日、ひさしぶりに体重計に乗ったら、去年の同じ時期よりも4キロほど体重が落ちていました。
びっくり!!!

ダイエットをしたわけでもないので、原因は何かな? と考えたのですが……。

季節に合わせた旬の野菜(←冬に夏野菜のトマトやキュウリを食べない、など)を、よく噛んで食べるようにしたことが原因かも!?と思い到りました。

私は発芽玄米を混ぜたごはんをしっかり食べ、野菜をたくさん入れたお味噌汁を飲むようにしています(←味噌汁が面倒なら味噌をつけておにぎりなどでも可)。
野菜には食物繊維があるし、味噌は発酵食品なので、両方ともお腹にいいですよね!

野菜・肉・魚・豆・乾物など何でもおいしくいただいていますが、冷え性を解消したいと思って根菜を中心にして食べていたので、自然に噛む回数が増えていたのでしょうね。
栄養価を高めたいと思って白米に発芽玄米を混ぜて食べているのも噛む回数が増える要因になりますよね。

噛んでいると、唾液の中にパロチンというホルモンの一種が出ます。
パロチンは別名、「若返りホルモン」とも呼ばれ、アンチエイジングや美容にも良いといわれています。

余談になりますが、唾液腺ホルモン「パロチン錠」という白内障や手が荒れる時の治療薬がありました。
薬の製品名になるほど、パロチンは目覚ましい効果を発揮したのですね。
この薬には牛の唾液腺を原料として用いていたため、BSE発生によって原料確保ができなくなり販売中止になったそうですが。

話を戻します。
やわらかい食べ物を口に入れて30回以上噛むことは難しですが、野菜などの食べ物をちょっと歯ごたえが残るくらい調理すると、必然的に噛むことになるので、噛む習慣をつけるのにいいですね。
たくさん噛むと、噛むことが脳の刺激になり、脳の活性化にもつながるそうですよね。

ごはんやパンなどの主食を避ける食べ方も注目されていますね。
私はごはんが大好きなのですが、食物繊維のあるものを先に、よく噛んで食べることで血糖値の急激な上昇は緩和できるかな、と思います。

しっかりと噛んで、体に必要なものをバランス良く食べていると、結果的に、体調を整え、体重の増加を抑えることができます。
暑くなると水分が欲しくなりますが、大量の水分を一気にとったり、食事中に、お茶やお水を飲むと胃液が薄まって消化する力が落ちてしまうので、食後、しばらくしてから飲むようにするのも、胃腸にやさしい食べ方です。

お互いに、夏バテや夏風邪、熱中症などに気をつけ、元気に過ごしたいですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。











2017.06
04


12:00
みなさんは、鉄分を多く含む食べ物と聞いて、何を思い浮かべますか?

私はずっと、「鉄分と言えば、ひじき!」だったのです。

ひじきの鉄分が8分の1から9分の1になった、というのを知った時、愕然としました。
食べ物の栄養成分って、そんなに激減するの?って。

品種が変わったの? 産地の問題? 海で自然に採れるものなのに、なぜなの? って不思議に思いますよね。

ひじきの鉄分含有量が激変した理由は、大きく2つ。
ひじきをステンレス鍋で煮てから乾燥して作る、あるいは蒸して乾燥する作る、という工程になったから。
つまりは、鉄鍋でひじきを煮ることがなくなったため、鉄分の含有量が激減してしまった、ということのようなのです。

詳しくは、日本ひじき協議会のひじきの鉄分について産地別ひじきの鉄含有量についてをご参照ください。

こうして考えてみると、昔から使われてきた鉄の調理器具のパワーって、ものすごいですよね。
最近になって、ひじきの詳細な数値を計測して、調理器具によって食品の鉄分が変わってしまっている、と判明したのに、昔の人たちは、鉄の調理器具を使うことが体に良いと経験的に知っていたのでしょうね。

ひじきには鉄分以外にも良い成分があるので今までどおり、おいしく食べていますが、鉄分補給の意味ではあまり大きな期待を寄せないほうがいいということがわかったので、ずっと欲しかった南部鉄器の鉄瓶を思い切って買いました!
鉄瓶で鉄分を補給する作戦です。

鉄瓶

大きな鉄瓶だと重くて使いにくいので、片手で扱いやすい大きさのものを選びました。
鉄瓶でわかしたお湯はまろやかでおいしいですね〜

「鉄瓶は高いし、重いし、すぐにサビちゃうからなぁ」と思い、購入するまでに二の足を踏んでいたのですが、作り手の方から「鉄瓶はお湯をわかしてすぐに中のお湯を使い切り、蓋をあけておけば、鉄瓶の予熱で乾くから簡単だよ」とお手入れのコツを教えていただきました。

ほんどだ〜、サビが出ない!!
それに小さめのサイズにすればそんなに重くないし、デザインも素敵だし、使っていて気持ちがいいですね〜

お湯をわかした後、そのまま入れておいて冷ましてしまうと、あっという間にサビが出てきます(←うっかりやっちゃいました。涙)。
どうやら、その鉄瓶が水分に触れた状態で温度が下がっていくと、その過程でサビが出るようです。

そうそう、どうして「鉄分、鉄分!」と言っているかといいますと……。

分子栄養学を勉強するようになり、女性は生理があるため気づかないうちに鉄不足が起こっていることが多いということを知ったからなのです。
あれも、これも、それも、鉄分不足による深刻な不調だったなんて!!!みたいな驚きです。

たとえば、日常的にだるい、頭が痛い(重い)、風邪をひきやすい(治りにくい)、めまいがする、疲れやすい、吐き気がする、少し動くとドキドキする、PMS(月経前症候群)、生理不順、不妊などなどさまざまな不調が起こりやすくなります。
こうした自覚症状が複数ある方だと鉄不足になっている可能性がありますので、意識的に鉄分の摂取を心がけるほうがいいかもしれません。

私自身にも鉄分不足を疑うような軽い不調がいくつもありますし、子どもたちも寝起きが悪い、すぐに「疲れた」と言う、など、鉄分不足が疑われるので、鉄瓶でお湯をわかしてお茶にしたり、料理に使ったりしています。

鉄瓶でお湯をわかしているからといって、一気に大量に鉄が摂取できるわけではありませんが、「塵も積もれば山となる」ということわざのように、毎日、こまめに続けていれば、ちょっとずつ鉄分が摂取できて、体質改善に役立っていくかな、と思っています。

母にひじきの鉄分が激減した話をしていたら、「昔はいつも鉄瓶でお湯がしゅんしゅん沸いていたし、料理も鉄鍋でしてたから鉄分不足なんてなかったんだねー」としみじみ言われました。

ステンレス鍋はサビが出なくて便利ですが、鉄の調理器具にはサビやすいけれど鉄分摂取ができるという利点があり、それぞれに一長一短がありますね。

食材と調理器具には密接な関係があるのだということを改めて感じました。

鉄瓶がとっても気に入ったので、鉄玉子もポチッ!
鉄玉子はおひたしを使ったり、ごはんを炊いたり、味噌汁を作ったりする時に使おうと思っています。
届くのが楽しみです。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。