RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)

Author:伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)
小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、保育園や小学校などで「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

5月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。好評だったベジチョコスイーツ講座が再登場、定番レッスンは「米粉バーガー」と「製菓用米粉のパウンド型パン」です。

レッスンで使う食材も良質のものを選んでいます。糖類は甜菜糖・メープルシロップ・はちみつ、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使うなど、体にやさしい食材の良さをお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある10歳のムスコと3歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験しているので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

小麦・卵・乳・大豆・グルテンフリーの料理やお菓子の定期レッスンの告知はこのブログでお知らせしていますが、プライベートレッスンを行うこともできますので、お気軽にお問い合わせください。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。

企業様のレシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2017.05
11


12:00
お菓子作りをする時、砂糖は重要な食材のひとつですね。

メープルシロップ、アガベシロップ、蜂蜜など、液体の甘みもありますが、粉末になっていると計量も楽で、製品ごとの水分含有量などによるぶれがないため、私は粉末になっている砂糖を使うことが多いです。

一番よく使うのは甜菜糖なのですが、最近、頻繁に使うようになっているのがオーガニックの砂糖です。

170508_1434~03

甜菜糖は、サトウダイコンという主に北海道などの寒冷地で採れる作物から作られるものなので、体を冷やしにくいといわれています。

白砂糖、三温糖、粗糖、黒砂糖などはサトウキビから作られます。
サトウキビは沖縄などの暑い地域で育つ作物なので、体を冷やす傾向があります。

アジア諸国などでも、気温が高い地域ほど、飲み物でもお菓子でもたくさんの砂糖を使って、あま〜くしますよね。
このところ、急激に気温が上がってきたので、甜菜糖一辺倒ではなく、体を冷やす作用のあるサトウキビの砂糖を使うのもいいかな、と思っています。
おいしいからって、使いすぎちゃいけないですけれど(笑い)

農林水産省:食材まるかじりという特集記事で、砂糖について紹介されています。
サトウダイコンやサトウキビなどの作物の写真も掲載されていてわかりやすいので、ご興味があればご覧になってみてくださいね。

オーガニックの砂糖だと、私が知っているのは、サラサラとしたグラニュー糖のような粉末の白っぽいものと、黒砂糖です。
写真では3種類だけですが、さまざまなメーカーからオーガニックの砂糖は販売されていますので、製品によって粒子の大きさなど、異なる特長があります。

パンなどの色をあまり強くつけたくない時や、強い風味が出るのを避けたい時にはサラサラのものを使いますが、黒砂糖のほうが風味がありますし、ミネラルも含んでいるので、お菓子や料理に使う頻度が高いです。

ミネラルが含まれていて、風味があると、使いすぎなくて済むような気がします。
また、サトウダイコンから作られる糖分とサトウキビから作られる糖分とでは、サトウキビの砂糖のほうが甘さを強く感じます。
なので、私は、レシピで甜菜糖からサトウキビの砂糖の置き換える時にはレシピの分量よりもちょっと少なめに加える、といった使い方をしています。

そうそう、レッスンに参加してくださる方から、「どの砂糖がいいですか?」とよく聞かれるのですが、難しいですね。

レッスンでは甜菜糖を使っているのですが、それは体を冷やしにくいこと、血糖値の上昇がサトウキビと比べてゆるやかであること、微量のミネラルやオリゴ糖が含まれていること、などの理由によります。

砂糖に関することを調べていくと、精製度や栄養価に関すること、砂糖栽培や収穫時に使われる農薬や化学薬品のこと、価格のこと、労働環境、周囲の環境への影響のことなど、調べていくといろいろな情報が見つかります。

質問してくださる方は、こうしたたくさんの情報に触れているからこそ、悩んでおられるんですよね。

どういった根拠に基づいて書かれているのかといった情報の信憑性といったことも気になりますが、それぞれの情報の見え方や、使う方の価値観によって、「この砂糖はここがいいけど、こっちが気になるなぁ」みたいなことがありますので、ご自身で納得いくものを選んでお使いいただくのが一番良いのではないかと思います。

値段的なことは関係なく、使いやすくて、味のクセもなく、体への負担も他の砂糖に比べて少ないものは何かと聞かれたら、私は「オーガニックのメープルシュガーだと思います」とお答えしています。
あまりに値段が高いため、我が家では日常的に使うことはできませんが(汗)

砂糖などの調味料は毎日のように使うものだからこそ、しっかりと調べて、納得のいくものを適度に使いたいですよね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡







スポンサーサイト
2017.03
08


12:00
今年のスギ花粉の飛散は12月頃から始まっていて、今日も花粉の飛散量は多いですね!

私もひどい花粉症だったので、そのつらさはよ〜〜〜〜〜〜くわかります。

春のスギ花粉の時期には水道の蛇口をひねったかのようにとまらない鼻水と目の痒みで、公共交通機関に乗ってまわりの人から見られるのがはずかしかった(涙)

秋のブタクサが飛びはじめると喘息の発作のように咳が止まらなくなり、夜も眠れない。
映画館や公共交通機関などで咳が止まらなくなってまわりの視線が気になって途中で出てきたりしていましたし、夜中の咳のせいで慢性的な睡眠不足で、いつも頭がぼーっとしていました。
ぼんやりしていると、たいらなところでつまづいて転んでみたり、電車やバスの行き先の乗り間違え、乗り過ごしが多くて、日常生活の中で大小の「あーあ、またやっちゃった」が、とっても悲しかったです……(泣)

ところが、ところが、アレルギー体質は治らないけれど、アレルギー反応が出にくくする体質ケアはできるんだなぁ、と最近感じるようになりました!

それは、私の花粉症の症状が以前ほどつらいものではなくなり、ここ数年、抗ヒスタミン剤や咳止めを飲まなくても大丈夫になってきたからです。

何か特別なことをしたわけではないのですが、たぶん、ムスコやムスコの体調に合わせた食生活をしていることと、体が冷えないようにしているとか、「健康にちょっとだけ良いこと」の積み重ねが大きいのかなぁ、と自分では思っています。

どんなことをしているのかというと……

1)グルテン・小麦・卵・乳・油脂・糖分をとりすぎない

2)麹を使った食品、たとえば醤油、味噌、酢など、発酵食品を毎日食べる。麹で作る甘酒はデザートに、塩麹は料理やお菓子に(←腸内細菌のバランスを良くして免疫力アップ!)

3)冬には冬が旬の食べ物を、夏には夏が旬の食べ物を食べる。冬に夏野菜を食べるのは避ける(←体の内側から冷えてしまうから)

2)夏でも冬でも靴下にズボンで体を冷やさない(←特に足首や腹部などの下半身をガードする。体の外側から冷えが入らないようにする)

3)できるだけ早寝早起きで、規則正しい生活をする(←午後10時から午前2時までが睡眠のゴールデンタイムには、脳を休ませ、体を修復するホルモンが出ます)

4)不必要な薬は飲まない(←風邪をひいたら、薬よりまず早く寝て体を休める、など)

5)できるだけ乗り物に乗らず、歩く(←歩くことで全身の血行が良くなり、脳への良い刺激にもなります)

文字にすると面倒くさいような気がしますが、ひとつひとつはとても簡単なことですよね?

ひとつだけでも、たとえば、1回だけでも生活の中にとりいれることができたら、何もしなかった時よりも自分は良く変わっているんだ、と誉めてあげてくださいね!!
自分で自分を誉めて、認めてあげることも、心と体の健康ではとっても大事なことですよ〜

お問い合わせをいただくことが多いのですが、アレルギー体質のケアでも、赤ちゃんがきてくれるのを待っている時期も、上に書いたようなことを続けていると、血行が良くなって体力も気力も高まり、心も体もゆるゆると楽になっていくのではないかなぁ、と私は感じています。

私はムスコが生まれる前、不妊症で病院に通っていました。
習慣性流産と不育症で悩んで病院に行ってはいたのですが、「治療するような体の機能的な問題はない」と言われて、治療方針が立てられず。
「体のどこかが悪いから妊娠が継続しないのだろう」と思っていた私にとっては、「治療方針が立てられない」と言われるのは、「このまま赤ちゃんを授かることはできないよ」と言われたのと同じくらい苦しいことでした。

結局、西洋医学の病院では「治療できない」と言われてしまっていたので、他の赤ちゃんを授かるための体質改善方法を探すことに。

「体を外側からも内側からも冷やさない」という中医学の先生からのアドバイスと自然療法(漢方とホメオパシー)を続けていたら、思いがけずムスコを授かり、その後、夢ですら願ったこともない奇跡で、ムスメまで授かりました。

人それぞれで、どういう方法が合うのかは異なるとは思いますが、私にとっての最も効果が感じられた不妊治療は、季節感のある食べ方と自然療法でした。

そして、ふと気づいたら、花粉症の症状も薬を飲まなくてもなんとかなるくらい軽減しました(←もちろん、鼻水やくしゃみ、目の痒いは1〜2週間はありますが)。

日常生活での過ごし方、食べ方を変えたからといって、薬を飲んだ時のようにすぐに効果が出るわけではないですが、振り返ってみると、「日々の積み重ねの力は大きいんだなぁ」と実感しています。
日々の行動で、自分の心も体も作られていきますものね。

病気になってから、絶えがたい不調を感じてから病院に行って治療するのではなく、いつも健やかでのびのびとした心や体でいられるよう、毎日のちょっとずつの「健康に良いこと」の積み重ねをスタートしてみてはいかがでしょうか?
心身の土台が弱っていると治るものもなかなか治りませんが、土台が強くなってくれば、物事はなるように、落ち着くべきところに動き始めるのではないかと思います。

散歩に出かけたくなったり、おしゃべりしながらなったら、ぜひ、レッスンにいらしてください。
ご興味があるようでしたら、食べ物のことだけでなく、自然療法のお話などもさせていただきます。

今日もみなさんにとって素晴らしい一日でありますように。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

2016.12
05


12:00
小麦・卵・乳製品・大豆・ナッツを使わないで、しっとりとコクのあるブラウニーを作りたくて、せっせと試作をしています。

しっとりさせたいからと、油を多くすると……油っこい(涙)
甘さでコクを高めたいからと、砂糖を多くすると……飴っぽいねちっこさが(汗)

豆乳を使えば、レシチンが乳化をうながすので、油と水が混ざって,油っこさも解消するけど、大豆は使わずに何とかしたいなぁ。

あまり変わった食材を使うと使い勝手の悪いレシピになってしまうので、スーパーで手に入るようなふつうの食材を加えてあれこれやってみたら、いい感じのしっとりさになりました。
よかった〜

私が試食しているのを見たムスメが、「それ、たべたい。チョコの、ほしいな。おちゃかい、する!」というので、角砂糖よりもひとまわり大きいくらいにカットし、ミニチュアのティーセットにお茶をいれ、ムスメのティータイムです。

161119_1114~02

「うわぁ、おちゃかいだ! おいちいねぇ、おいちいね。ケーキ、おかわり!」と大歓びで食べてくれました。

ココアを結構入れてあるので小さな子には苦いはずなのですが、角砂糖2個分くらいの小さなサイズにカットしたブラウニーだったので、おいしく感じたようです。

ためしに、というか実験を兼ねて、おかわりは普通サイズにカットしたものを渡したら、「おおきいね! これ、いいの?」と喜んだのも束の間、2口食べて、「にがいから、もういらない」とのことでした(笑い)

夫とムスコにも好評だったのでホッとして、友人や知人にも試食してもらったところ、「おいしい」と言ってもらえました。
いつも私が作ったお菓子を食べている家族は、甘さの加減やコクなどに慣れていますが、食物アレルギーがなく、いつもは市販のお菓子を食べている人に試食してもらう時には緊張します。
それだけに、「おいしい」と言ってもらえると、ものすごく嬉しいです!!

卵アレルギ―がある小学5年生の女の子も食べてくれたのですが、「まじ、うんめ〜」と叫んでくれたとか。
ママが笑いながら教えてくれました。
アレルギーのないお兄ちゃんがこっそり食べたら、「食べないで!」ってものすごく怒ったんですって。
可愛いですね。

ブラウニーは1月のレッスンのメニューに入れる予定です。
作った当日もおいしいですが、翌日もしっとりして味が落ち着いてくるので、作り置きしても大丈夫なデザートです。

レッスンの詳細が決まったらお知らせしますので、よろしくお願いします!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。





2016.10
19


12:00
昨日は青空が遠くまで広がるような、さわやかな秋晴れでした。
今日はまた天気が悪くなってしまうようですが……。
秋の天気は変わりやすいですね。

少し前のことですが、高尾山に行ってきました。
3歳のムスメも一緒まので「登山」というほどのものではないのですが、ネットで調べていたらベビーカーを持って行くこともできる、とあったので、「それなら3歳児でも行けるね!」と。

161009_1327~01

結論から言えば、我が家では、出発時に小雨が降っていたためにベビーカーは持って行かないことになったのですが、それで正解でした。

高尾山は富士山と並んで『ミシュラン・ガイド』の三ツ星をとったので、日本国内だけでなく、海外でも関心が高くなりましたよね。
以前はベビーカーでのんびりゆったり登山が出来たのかもしれませんが、私が行ったのは秋の行楽シーズンということもあり、登山客がさらに増えていたのでしょうね。

高尾山はとっても気持ちのいい場所でしたが、非常に多くの日本人・外国人観光客、登山者、高尾山薬王院への参拝客などさまざまな方たちが歩いていて混雑していたし、山岳救助隊のバイクや消防車がどんどん走ってくるし、で、私が行った時にはベビーカーで登山するのは難しそうでした。
最近、高尾山には人が増えたからか、緊急車両が必要となることがたびたびあるようです。

ただ、移動に関しては、たくさんの段数がある階段のそばにはスロープ状の迂回路があったりして、車いすやベビーカーを使えるようになっています。

おだんごを焼いていたり、丸ごと1本のきゅうりに味噌をつけて食べるように売っていたり、麺類を食べられるお店があったりと、食べ物を見たり味わったりするのも楽しそうですが、木立の中でキレイな空気を吸いつつ、お弁当のおにぎりを食べると「あー、登山に来たんだなぁ」と実感できますね。

外で食べるごはんは、いつもと同じものでも、さらにおいしく感じられますね。
笑顔で「おいしいね!」が、健康の妙薬ですよね!!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。



2016.09
09


12:00
今日は空が晴れ渡ってきれいですね!

そろそろ夏の暑さの疲れが出てきている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私はもうバリバリに夏の疲れが出まくっていて、体が重いです……(涙)

腰痛持ちで頭痛持ちです。
結婚する前はほんとうにひどくて、いつも鎮痛剤を持ち歩き、しょっちゅう飲んでいました。

人の体には健やかな状態を維持しようとする自然治癒力が備わっているというのに、私は自分の体の力を信じる、という意識はまったくなく、病気は薬や病院で治してもらうものだと思っていました。

20代の頃にはアレルギー体質がひどくなり、妊娠してもすぐに流産してしまう、流産しなくてもお腹の中で赤ちゃんが育たなくなってしまう、生理が何か月もなかったかと思えば、今度は生理があっても2〜3日で終わってしまう、などなど……

私にとって深刻な体の不調で、ほんとうにつらかったのですが、病院に行って診てもらっても、「治療法はないですから」と言われるばかりで、切なくて悲しくてたまりませんでした。

けれども、今になってみると、ジャンクフードやファストフードではなく、ちゃんとしたものを食べ、規則正しい生活をすることが、健やかな体の土台を作ることになるんだなぁ、と実感しています。

私の場合、食べ物に気をつけることに加え、定期的に整体に行って体のゆがみをとってもらっています。

以前は椅子に座ったり、横断歩道で信号待ちをしている時に足を組むクセがあったのですが、それは体がゆがんでいて、まっすぐに立つと支えきれずに疲れるから、と言われ、「なるほどー」と納得しました!
たしかに、私は猫背なので、いつも背骨が丸まっているし、何をするにも、背筋をすっと伸ばした正しい姿勢にはなってないですから(汗)

ムスコが昨日、学校で「姿勢教室」という講義を受けてきて、「正しい姿勢」の大切さを教えられました〜
ちょうどムスコが教えてもらってきたような内容のことが保健教材ニュース(2010年1月5日)に掲載されていましたので、ご興味がある方はご覧になってみてください。

ここには書いてありませんが、背中が丸まって姿勢が悪くなっていると、胃や腸を圧迫するし、血流の流れも悪くなるのではないかと私は思います。
胃腸の働きが悪くなると、倦怠感などにつながりますし、姿勢を良くして食べることは、とても大切なのではないでしょうか。

体が疲れている時ほど、姿勢を良くして、ごはんや野菜をしっかりと食べて体を温めて血流を良くして過ごしたいものですね。

ちなみに食事中に水分をたくさんとると胃液が薄まってしまうため、胃に負担がかかります。
喉が渇いたからと、グビグビと水を飲むと飲み過ぎてしまうので、一旦、少量の水を口に含んでから「ごっくん」と飲み下すようにするとよいかと思います。

夏の疲れを引きずったまま寒い季節に入ってしまうと、自然治癒力が低下しているため、風邪をひいたり体調を崩しやすくなったりするそうです。

お互いに、夏の疲れは癒し、心も体も健やかに、秋を楽しみたいですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
グルテンフリーのいろいろな料理も掲載しています。
また、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピもありますので、よかったらご覧になってみてください。