RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)

Author:伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)
小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、保育園や小学校などで「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

5月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。好評だったベジチョコスイーツ講座が再登場、定番レッスンは「米粉バーガー」と「製菓用米粉のパウンド型パン」です。

レッスンで使う食材も良質のものを選んでいます。糖類は甜菜糖・メープルシロップ・はちみつ、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使うなど、体にやさしい食材の良さをお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある10歳のムスコと3歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験しているので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

小麦・卵・乳・大豆・グルテンフリーの料理やお菓子の定期レッスンの告知はこのブログでお知らせしていますが、プライベートレッスンを行うこともできますので、お気軽にお問い合わせください。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。

企業様のレシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.11
02


12:00
過日、チャリティ:震災支援アレルギー対応お料理教室を行いましたので、ご報告しますね。

当日の人数は、ママが7人、子どもが6人。
年齢は、下が2か月から、上は私まで(笑い)
幅広い年齢でした~

前回も参加してくださった方と今回初めて参加してくださった方がちょうど半々だったのですが、待ち合わせ場所で「じゃあ、会場に向かいましょう」と声をかけた瞬間から、みなさん、歩きながらのおしゃべりが始まり、なごやかなムード。
会場に入ったら、まるでみんながずっと前から知り合いだったかのうように、あちらでも、こちらでも談笑の環が。
どんなに話しても次から次へと話題があって、ああ、おしゃべりが止まらない(笑い)
それが嬉しく、嬉しくて!

それに加え、久しぶりに見る赤ちゃんたちが可愛いこと、可愛いこと♡♡♡
あんまり可愛くてだっこさせてもらったのですが、温かくて柔らかくて……ものすごく幸せな気持ちでした。
子どもたちって、愛と喜びと幸せを運んできてくれますよね。

写真を撮っている余裕がなかったので、事前に撮影したものですが……。
当日のメニューをご紹介します。

今回は米粉食パンがメイン♪

111009_1235~01

マイベイクフラワーで焼いた米粉食パンは油脂分と糖分が少なめでも軟らかさや長続きすることを実感してほしくて、20時間経った米粉食パンと、6時間経った米粉食パンと、焼きたてほかほかの米粉食パンの3種類の食感の差を比較してもらうことにしました。
トータルで試食用として5斤焼きました!(←まさか5斤食べ切ったわけではなく、残りはお持ち帰り♪)

まず、みなさんに米粉食パンを作る過程を実演し、実際に泡立て器で混ぜて手に感じる生地の状態を体感してもらった後、参加者の方々にもご自分で小さなパンを焼いていただきました。
同じレシピで同じように材料を計測しているようでもできあがる生地の固さが違うことに不思議がり、お互いに見比べるママたちの姿、とても微笑ましかったです♪
正確に材料を計る重要性や湿度や温度を加味して微調整していただくとよりおいしくなることを感じていただけたかな、と思います。

そして、子どもたちが、ママたちが焼いた米粉パンをニコニコ笑顔でほおばっている姿が、もう可愛くて、可愛くて。
むぎゅーってしたいくらいでした!!
ママたちも、「うわー、ふわふわ♪ 持って帰りたい!」とお互いのパンを味見し合っているのも、とても嬉しいことでした。

お次はメインディッシュの鶏手羽元の蜂蜜ローストと焼き野菜。
蜂蜜と酒と塩で味付けするだけのシンプルなディッシュです。

111009_1229~01

キッチンにみんなで集まって材料を切ったり、洗ったりと役割分担して作業をしていたのですが、ママにおりこうさんにおんぶされながら私が動くたびにじーっと見つめてくれ、声をかけるとニコッと笑ってくれる天使の笑顔にも癒されました~。

お食事タイムに、米粉食パンを大きなお口でパクパク食べていた息子くんが、ママに「これだけ食べて」と言われてタマネギを口の前に出されてキュッと口を閉じてしまった姿もめちゃめちゃ可愛かったぁ♪

子どもたちそれぞれに個性があり、その個性がまた素敵なんです!
みんなそれぞれに違っていたのですが、でも、澄み切った美しい瞳とまわりをパーッと明るくするような笑顔は同じ♪
こんなに素敵な子どもたちの顔を見て、一緒に時を過ごせて、さらに食べるのが楽しく、おいしく感じました。
この笑顔があるからこそ、もっとおいしいものを作ってあげたい、って思うんですよね。

こちらはカボチャのポタージュ。
材料はカボチャとタマネギと塩と昆布ダシのみ。
カボチャの甘さが優しくて、シンプル・イズ・ザ・ベストな感じです♪

111019_0831~01

最後はお料理教室用に試作しまくった人参プリン。
実は前日まで組み合わせやら濃度やらを微調整をしてました(←「プリンっぽい!」って驚いてほしくて。笑い)

味はカスタードプリンとは違うのですが、食感はとろりと柔らかいのでプリンっぽい感じ。
それにメープルシロップをかけるので、そりゃあ、もうメープル風味が最高です♪

「卵なしでこんなに軟らかく仕上がるの!?」「人参嫌いの子でも食べられるよ!」「これならプリンの代替えにもいける」と、ママたちに大好評でした♪
参加してくださった長女ちゃんが大きな声で「これ、おいしいよ!」と大きな声で私に教えてくれて、ほんとうに嬉しかったです♡

111001_1415~02

みなさんのご協力で参加費+義援金で18500円もの金額になりました。
ほんとうにありがとうございます♪

<収支報告>

=収入=
参加費+義援金 18500円
場所代への不足金額充当(伊藤)  1500円

=支出=
会場費 4000円
会場費追加料金 1500円(予定終了時間を過ぎてしまい延長料金が発生したので、その分は私が充当しました)
マイベイクフラワー 3645円
食材費(米粉除く) 7627円

=義援金=
収入(参加費+義援金)20000円ー(会場費+食材費)16772円=(義援金)3228円

参加してくださった方にご理解いただき、告知の際の義援金送付先から未来の福島こども基金へと変更しました。

この基金では市民が自らの手で食の安全を確認するために欠かせない放射能測定器やホールボディカウンターなどを設置しています。
市民放射能測定所が新装オープン 市民の手で生かせ「チェルノブイリの教訓」という記事でその活動が紹介されています。
寄付金や義援金が集まるとすぐに必要なものや必要なことを行っており、迅速かつリアルタイムな必要性を反映した支援という意味で、素晴らしい活動だと思います。

義援金の送金が済みました。
111101_1511~01
クリックすると大きくなります。

お料理教室が終わり、お別れする時もとても名残惜しかった……(涙)
同じように感じてくださった方々もおられ、「次はいつ?」と聞いてくださり、とても嬉しかったです。

子どもたちも同じ気持ちだったようで、「ワタシのうちであそぼうね」「こんどはボクのうちにあそびにきてね!」と約束しあっているのを見て、とても良い時間を過ごしたのだなぁ、と感じます。

ムスコはお料理教室が終わった日、眠る前までずっと(←というか楽しい思い出がありすぎて眠れなくなった。汗)、「あかちゃん、かわいかったね」「ボクもおんぶさせてほしかったなぁ」「また、いっしょにあそぶんだよ」と楽しく過ごした時間についてたくさん、たくさん、教えてくれました。
みんな、一緒に遊んでくれて、ほんとうにありがとうね。

参加してくださったみなさんは、食物アレルギーの子を育て、食についてそれぞれに価値観を持ってらっしゃるので、意見を交わすもの、失敗談もとても楽しく、そして、子どもを見つめるまなざしが似ているのかもしれません。

うまく伝わるかわかりませんが、友情でつながった友達というのとも違う、心と心が重なり合って、心の底でつながっているような雰囲気でした。
どんなことを言っても、どんなことを聞いても、共感し合えるような……日常生活ではなかなか感じることができない貴重な時間でした。

ほんとうにありがとうございました。

まだ確定ではないのですが、次回のお料理教室は年明けを予定しています。
できれば1月に、それが難しかったら2月くらい。
次回はケーキとクッキーを数種類作ろうかと考えています(←食事はおにぎりと漬物とお茶くらいで、スイーツとおしゃべりがメイン♪)

実際にお目にかかっておしゃべりすると喜びも楽しさもひとしおです。
また、みなさんにお会いできますように。
とても幸せな時間をありがとうございました。


スポンサーサイト