RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)

Author:伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)
小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた


子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、保育園や小学校などで「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。9月と10月の夏のレッスンはカボチャたっぷりのハロウィーンスイーツです。

レッスンで使う食材も良質のものを選んでいます。糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある10歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

小麦・卵・乳・大豆・グルテンフリーの料理やお菓子の定期レッスンの告知はこのブログでお知らせしていますが、アレルゲンに合わせたプライベートレッスンを行うこともできますので、お気軽にお問い合わせください。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。

企業様のレシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2012.02
25


17:00
Category : 告知
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
何だか、日々、時間が過ぎる速度が加速しているような気がします(汗)
アレルギーっ子とともに過ごす毎日は、充実しているけれど、バタバタですよねぇ。

4月から入園・入学なさるお子さんがおられる方は、さらに大忙しでしょうね。
環境が変わるための準備はもちろんですが、アレルギー対応についての関係各位との具体的な話し合いや、コピー料理やパン、お菓子などのリサーチなどもありますし、目が回りそうですよね。

でも、そのたくさんの忙しさが、子どもたちが新しい環境での生活をスタートさせるにあたり、安心して過ごすための土台となってくれます。
おつかれさまです!
子どもたちが笑顔で楽しく過ごせるよう、頑張ってください!
私もムスコのアレルゲンの負荷、頑張ります!

去年、お料理教室で米粉食パンを作ったのですが、その時にいらっしゃれなかったママから「パン教室、いつでしょうか?」とお問い合わせをいただきました。
その方のお子さんも入学を控えてらっしゃいます。

確かに、米粉パンの作り方を知りたいのは、入園・入学を控えた今ですよね。
うっかりしてました、すいません(汗)

自分でパンを焼けるようになれば、焼き立てパンも食べさせてあげられますものね。
買い置きする冷凍庫の場所もいらないし……。

ということで、急遽、お料理教室を開催することになりました。
今回は、給食で役に立ちそうなパンということで、米粉食パンをメインに何種類か作ろうと思います♪

120205_1239~02

今回もみなさんからお預かりしたお金は、会場費と材料費を差し引いて全額、寄付いたします。

今回の募金の送り先も前回同様、未来の福島こども基金にしようと考えています。
この募金は「市民のための放射能測定所」を作るために使われます。


<お料理教室の概略>

開催予定日:2012年3月11日(日曜日) 10:00~13:30

メニュー:米粉食パン、フレンチトースト、メロンパンなど
*小麦・卵・乳・大豆・ナッツ・ゴマ・エビ・カニを使わないレシピです。

募集人数:おとな4人程度(こどもは何人になっても大歓迎です♪)

場所:JR山手線・京浜東北線「田町駅」が最寄りになります。
*会場内の床にカーペットが敷いてあります。カ―ペットがない場所が見つけられず、すみません。
*カーペット敷きですが土足の場所なので、赤ちゃんを床に寝かせたりすることはできませんので、ベビーカーでいらしてください。

もし、ご興味を持ってくださった方がおられましたら、ご参加の申し込み、ご質問、何でも結構ですので、下記のメールアドレスにご連絡ください。

<2/9追記>
定員を超えるお申し込みをいただきました。
ありがとうございます!!
つきましては、連絡先メールアドレスを削除させていただきました。

週末はお返事を差し上げられないことが多いのですが、できるだけ早くお返事させていただきますので(←コメント欄でのお返事よりは早いです。いつもスミマセン!)

みなさんとお会いできるのを楽しみにしております♪
スポンサーサイト
2012.02
25


05:30
1月15日(日曜日)、チャリティお料理教室を行いました。
ママ8人、子ども9人(うち赤ちゃん3人)のトータル17人!
これまでで一番、子どもたちが多く参加してくれて、それは、それはにぎやかで、楽しかったです♪

入口で待ち合わせした時にいらしたママたちが何台もベビーカーを持っていた姿も壮観でしたし、子どもたちが会った瞬間にもう友達になり、会場に入った途端、みんなで駆けっこの大運動会状態(笑い)
春風のような子どもたちと、暖かい陽射しのように優しく見守るママたちが、とても印象的でした。

今回は新年早々の開催だったので乾杯もしましたよ~
授乳中のママたちも、今、赤ちゃんがお腹にいるママたちもいましたので、フランス版シャンメリーで♪
ボトルだけ見るとまるでシャンパンなので、驚いた顔をなさったママもいたけれど、リンゴジュースに炭酸が入ったものだと説明するとホッと顔をなさったのを見て、赤ちゃんへの強い愛情を改めて感じました。

さてさて、今回、作ったものはこんなのでした。
相変わらず、当日は撮影する余裕がなかったので、レシピ用に撮影したものですが(汗)

米粉のガトーショコラ

120107_0900~02

小麦・卵・乳・大豆・ナッツなしで普通に作るレシピと、サツマイモの裏ごしを入れてローオイル&ローシュガーにするレシピを選択して作っていただきました。

それぞれに作ったものを交換しながら試食していただいたのですが、「比べてみると、普通に作るレシピのほうが味が濃厚で、サツマイモが入ったほうが優しい味。でも、どっちもおいしい!」「サツマイモが入っているなんてわからないよね」と言っていただくことができました。
この2つは最後の最後までレシピの微調整をし、迷いに迷って仕上げたレシピだったので、ホッとしました。

1種類だけ食べると違いがわかりにくいですが、レシピを見ながら食べ比べていただくと味わいの違いや、ご自身の味の好みがどういったものかというのがわかりやすいですね。

実は、このレシピは仕上げに時間がかかったこともあり、納得がいく回数の試し焼きができていなかったので、「ウイロウになったらどうしよう」と焼いていただいている間もドキドキ……。
何度もオーブンをのぞいてしまったほどでした(笑い)
ひとつも失敗せずにちゃんとしたケーキになってくれて、みなさんが気に入ってくださって、ほんとうによかった~。

米粉のクリームサンドクッキー

120103_1535~01

時間的な制限があるため、米粉クッキーのレシピは4種類の中から2種類、クリームの種類はレーズンクリームとチョコレートクリームの中から1種類を選んで作っていただきました。

この米粉クッキーは失敗しにくいですし、ちゃちゃっと手軽にできます。
サンドするクリームも簡単ですし、給食の代替のクリームサンドクッキーなどにも便利です。
「このクリーム、おーいーしー♡」という声には、まるで“やまびこ”みたいに「やった~、嬉しい!」と大きな声で遠くから叫んでしまいました(笑い)

授乳中のママたちや、お子さんがまだおかしを食べ始めたばかりで糖分&油脂分をできるだけ減らしたいという方々もおられましたので、サツマイモを使って糖分&油脂分を減らすクッキーのレシピもご紹介しました。

サツマイモを加えて作るクッキーは「まさか、ここまでしなくていいでしょ!?」くらいに薄く焼き上げないとカリッとしないのですし、生地を作る時も丁寧にこねないといけないし、型抜きもしにくいため、このレシピを選んでくださったママたちは手間がかかって大変だったと思いますが、子どもたちには大人気でした♪

ムスコも試食させていただいたのですが、さんざん私の失敗作を食べさせられていたこともあり、「これまでで1ばん、おいしいねぇ……いいねぇ」としみじみ言っていました(汗)
いつも失敗作を一緒に食べてくれて、ありがとね!

ベジ・チョコトリュフ

120105_0754~04

サツマイモをベースにした軟らかいトリュフです。
スプーンでトリュフをすくって、ココアをまぶして作ります。
ご覧になっていたママたちが「へぇ~、そんなふうにするの」と驚いたほど、超簡単なレシピです♪

お口のまわりにココアをおひげみたいにくっつけながら、ニコニコ顔で食べてくれた子。
「ちょっと、にがいねー。ボク、あまいののほうがいいかもねー」と教えにきてくれた子。
「ワタシもやりたい!」と言って小さな手で上手にトリュフを作って食べてくれた3歳の子。
みんな、みーーんな、可愛くて、可愛くて、ギューッとしたいくらいでした。

ベジ・チョコクリーム

120107_0921~01

これもサツマイモをベースにしたクリームです。
濃度を替えることで、ケーキに添えるクリームにも、デコレーション用のクリームにも、ムースにもなります。
「もっとたべる!」と言って、クリームを作った鍋に入ったスプーンですくって、そのままなめようとした子がいて、とっても可愛かったです♪

すぐに食べるなら、ベジ・チョコクリームを米粉クッキーにつけて食べるのもおいしいです♪(←時間が経つとクリームの水分がクッキーに移行してしけってしまうのですが)

はじめてクリームをつけてクッキーを食べるのを待っていた男の子がいるのですが、ママが1枚のクッキーにクリームをのせて渡そうとすると、「もういっこのクッキーをのせるの」。
ママが「同じクッキーがもう1つあるかな~」と焼いたクッキーの中から見つけ出してクリームをはさんだクッキーを作った時、男の子が目をキラキラさせて、ほんとうに嬉しそうな顔をしたのが目に焼き付いています。

アレルギ―っ子を育てる私たちは、子どものキラキラした嬉しそうな笑顔が見たいから、子どもたちの「もっと、たべる!」の声を聞きたいから、おいしいものを作ってあげたいんですよね♪

今回、メインがスイーツだったので、お昼はおにぎりということになっていました。
そのため、ちょっと多めにと思い、お昼ご飯用にゆきひかり6合、玄米6合を炊いたのですよ。

ところが、子どもたちは子ども用に想定していた量をらくらく食べ切ってしまい、ママたち用に準備した玄米ご飯までパクパク食べてくれ、嬉しい驚きでした!

おにぎりだけであっても、自分で作ること、お友だちと同じものを一緒に食べること、「できた? じゃあ、たべよ。おいしいね!」と語り合えることが、子どもたちにとってはなによりの「ごちそう」だったのかもしれませんね。

こんなに食べることを楽しんでくれて、食の時間を大切にしてくれて、ご飯が大好きな子たちなら、きっと、元気一杯に育ってくれるはず。
そう感じました。

最後になってしまいましたが、今回のお料理教室の収支報告です。
みなさんのご協力で、参加費+募金で23,500円もの金額になりました。
ほんとうにありがとうございます!

<収支報告>
=収入=
参加費+募金:23,500円

=支出=
会場費:7,000円
*今回はサツマイモの裏ごしを何キロも作ったため、下ごしらえや準備で会場使用料が高くなってしまいました。すみません。
材料費:12,269円
*ミニシフォン型はプレゼントですので、材料費には含まれていません。ぜひ、お持ち帰りいただいた粉で復習なさってくださいね♪

=義援金=
収入(参加費+募金)ー 経費(会場費+材料費)=4231円

本日中に郵便局から未来の福島こども基金に振り込みました。
チャリティお料理教室をスタートする時に決めたとおり、振込名義は「アレルギーっ子の食を考える会」です。

振込控えを掲載します(クリックすると大きくなります)。
120117_1205~01

みなさん、お忙しい中、お料理教室に参加してくださり、ほんとうにありがとうございました。
寒い日に子どもたちを連れて朝から外出なさるのは、とても大変なことだったろうと思います。
おかげさまで今回もまた、たくさんおしゃべりし、たくさんの笑顔に出会え、笑い声に溢れ、心が癒されるとても素敵な時間でした。

ムスコは「おかあ、きょう、たのしかった? ボクはね、ムゲンダイ(無限大)のムゲンダイのムゲンダイのムゲンダイのちょうムゲンダイ……にほんで1ばん、たのしいいちにちだった!」と繰り返し、繰り返し言っていました。
もちろん、夜は嬉しくて興奮しすぎて眠れず……でした。

ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました。