RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)

Author:伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)
小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、保育園や小学校などで「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。7月と8月の夏のレッスンはグルテンフリ―のバーガーと小型食パンです。

レッスンで使う食材も良質のものを選んでいます。糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある10歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

小麦・卵・乳・大豆・グルテンフリーの料理やお菓子の定期レッスンの告知はこのブログでお知らせしていますが、アレルゲンに合わせたプライベートレッスンを行うこともできますので、お気軽にお問い合わせください。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。

企業様のレシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2014.08
05


12:00
先週の土曜日、夏休み親子クッキングを開催しました。

下は生後5か月の赤ちゃんから、上は小学校中学年のお姉さんまで参加してくれ、にぎやかで、とても楽しい一日でした。

あ、赤ちゃんは作ったりせず、応援で参加♡
ママが作っている間、泣かずにひとり遊びして待っていてくれたんですよ。

しかも、感動的な瞬間が!
スイーツ講座が始まったばかりの時には、両腕をつっぱって頭を上げて置いてあるおもちゃを見ているだけだったのに、講座のなかば頃になったら、おもちゃを取るためにちょっとずつハイハイしていました〜

「おもしろそう! やってみたい!」という情熱が赤ちゃんにもあって、その強い思いによって目覚ましく進歩していくんですね。
赤ちゃんは何事にも受け身だと思いがちですが、自分なりの意志と強いエネルギーがある一人の人格を持った人間なんだなぁ、と感動しました。

そして、親子クッキングの主役の子どもたち♪
とっても、とっても頑張ってくれましたよ。

ちゃんと説明を聞いて、集中して丁寧に作業をしてくれたので、驚くほど上手。
タルト型にクラストを敷く作業は指先を使うので難しいですが、みんな、ちゃんとできました!

飾り付けには、卵白を使わない手作りアイシング、ゼリー類、アラザン、金平糖、ドライフルーツ、いちごパウダーなどを準備。
イメージを膨らませて、自由に飾ってもらいました。

子どもたちの柔軟な発想で、とても可愛くて、おいしそうなケーキやタルトがたくさんできあがりました〜

出来上がった作品は、こんな感じです♪

ほんとうはどのタルトもとてもキレイな色で、可愛いデザインなのですが、私のシニア携帯(←スマホは難しすぎて操作できないんです。涙)で撮った画像のため、色も細部もキレイに出ていません。
すみませんが、みなさんの想像力でおぎなって、ご覧になってくださいね。

最初に、ミニジャムタルトにデコレーションする前と、した後がわかりやすいタルトを最初にご紹介しますね。
これはムスコが作ったもの。
「金平糖を山ほど飾って、どんだけ甘くするつもりなんだよ、オイ」って、ツッコミを入れたくなる感じなんですが(汗)

140802_1522~020001

こちらは、ママと息子くんの作品です。
息子くんはエプロンをして、手際よく作業を進めてくれ、まるで小さなパティシエ。
ふたりで相談しながら、いろいろと雰囲気を変えたデコレーションをしていて楽しそうでした。
ママの飛行機のようなアイシングも絶妙で、とってもステキ♪

140802_1524~010001

今日は食物アレルギーがないお姉ちゃんが参加してくれたのですが、食物アレルギーがある弟くんのために持って帰りたいということでした。
アラザンを一粒一粒指先でつまみ、小首をかしげるようにして集中しながら配置。
ママとの共同作業で可愛らしくデザインしてくれました。

140802_1525~010001

ミニジャムタルトに使うジャムは、砂糖不使用のイチゴジャムかブルーベリージャムを選んでもらったのですが、お姉ちゃんと弟くんは「イチゴがいい!」ということで、イチゴジャムだけ使った明るい色のタルトになりました。
お姉ちゃんが作るタルトがあまりにもおいしそうなので、弟くんが「たべたい!たべたい!」と隣りでワクワクしながら待っていました♪

140802_1523~010001

この日は、最初にミニジャムタルトを焼きました。
タルトを冷ましている間に、今度は紫芋とカボチャのケーキを作り、焼いている間に試食タイム。

試食していただいたのはフルーツタルト。
タルトのクラストにカボチャケーキの生地をフィリングにアレンジして、流し入れて黄桃を飾って焼いたものです。
写真を撮るのを忘れてしまったので、これは以前作ったアンズを飾ったフルーツタルトですが……。

140722_1453~030001

カボチャケーキの生地のレシピをフィリングにする方法をお伝えすると、「とてもおいしい!」「簡単にこんなふうになるなんて、すごい!」と喜んでいただけました。

嬉しい♡
苦労して試作を繰り返した甲斐がありました!

家で作るお菓子は、簡単でおいしいのが基本ですよね〜
手順が難しかったり、材料が多かったりすると、面倒くさくて作らなくなっちゃいますもんね。

今回お伝えしたタルトとケーキのレシピを、ご自宅でご家族のお好きな食材でアレンジしていただき、「おうちお菓子のレシピ」として使っていただけたら、とても幸せに思います。

みなさんからいただいた感想もご紹介させていただきます。

「親子教室に参加させていただき、ありがとうございました。安心しておいしく食べられるお菓子で、飾りつけも楽しかったです。子どもと参加できたことも、夏休みのイベント・思い出のひとつになりました。家でも作りたいと思います」

「本日はありがとうございました。タルトにミニケーキと二種類も作れて、とても楽しかったです。アレルギ―のない娘と参加しましたが、楽しそうに、試食もおいしく食べていました。見た目はとても美しく、凝った作りなのに、意外に簡単にできておどろきました。洗い物が少なくすむのも、とても助かります。今度は息子と一緒に作ってみたいと思います」

「今日はとても楽しかったです。同じざいりょうでちょっとなアレンジだけでおいしい物を作れるとおそわり、その時はびっくりしました。いろいろ作ったり、食べたり、かざりつけをしたりして、とても楽しくておいしかったです。また、やりたいです」
この一番最後の感想は小学校中学年のお姉ちゃんが書いてくれました。

会場に来る道順がわかりにくいというご意見もいただきましたので、次回からは参加申込をいただいた方には詳しい地図をお渡しできるようにいたしました。

夏休み親子クッキングは、8月20日(水曜日)にも開催します。
10:00~12:30(米粉食パン講座)/13:00~15:00(スイーツ講座)

まだ参加お申込を受付ていますので、よろしければ遊びにいらしてくださいね。

お問い合わせ、お申し込みは komekomekitchen@gmail.com にお願いいたします。

スポンサーサイト