RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)

Author:伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)
小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた


子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、保育園や小学校などで「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。7月と8月の夏のレッスンはグルテンフリ―のバーガーと小型食パンです。

レッスンで使う食材も良質のものを選んでいます。糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある10歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

小麦・卵・乳・大豆・グルテンフリーの料理やお菓子の定期レッスンの告知はこのブログでお知らせしていますが、アレルゲンに合わせたプライベートレッスンを行うこともできますので、お気軽にお問い合わせください。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。

企業様のレシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2016.10
21


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
秋になって、食欲がもりもりになっています。
何を見ても「おいしそう〜」「食べたいなぁ」と思ってしまう自分に、食欲があるのは健康な証拠だよね、と言い聞かせて過ごす日々です(笑い)

夕飯に粉ふきいもを作った残りがあったので、とうもろこしととうもろこしの缶詰の汁を少し加えて固さを調節し、塩こしょうをして味を整えて衣をつけ、ポテトコロッケを作りました。

ポテトコロッケ

コロッケの衣は、米粉を水でといたものに米粉パンを砕いて作った米粉パン粉をまぶしたので、グルテンフリ―。
前夜の残り物のリメイクなので、ジャガイモを加熱する手間なしで簡単でした!

野菜は野菜そのものの味があっておいしいですが、そこに油が加わるとコクのある味わいになって大満足ですよね〜
コロッケ、大好きです。

油は「太る」というイメージがありますが、脂質(油)は糖質・タンパク質と並び、三大栄養素。
体のためには適度な油も必要です。

私は下の子を妊娠している時、5か月くらいまでつわりがひどくてひどくて、食べられたのはご飯と野菜だけ。
肉や魚の味や匂いが強烈に感じられて口にすることができませんでした。
味覚や嗅覚が鋭敏になりすぎて、味を楽しむ時のバランスが狂ってしまうと、それはほんとうに苦痛ですね。

それに加え、食べられる量が少なかったからなのか、お通じもなくて途方に暮れました。
その時には、髪の毛はやけにパサパサしているし、皮膚もつやがなく、全身が乾いているような印象でした(涙)

「なんでお通じがないのかなぁ」とあれこれ考えていて、上の子の妊娠時のことを思い出しました。
ムスコの時には臨月近くまで臨月があったのですが、その時には初期は食べられなかったのですが、それを過ぎた食べづわりになりました。
そうえいば、ちゃんとお通じがあった!

「もしかしたら、野菜は蒸すか煮るかだけで油を使ってないし、肉や魚も食べられず、油をとらない食事になってしまっているのがいけないのかも!?」と思い、野菜を食べる時に少量の油で炒めたりするようにしていたら、お通じが解消しました。

もちろん、油を摂取すれば便秘が解消するというわけではないので、適度な油が体のバランスを整え、代謝を促すために必要ということなんですね。

食物アレルギーが起きるメカニズムを食品学の観点から研究なさっている和泉秀彦教授によると、n-6不飽和脂肪酸を多く含むコーン油、ひまわり油、サフラワー油、ごま油、大豆油などの植物油は、アレルギー反応を誘発する可能性があると指摘しています。

オリーブオイルやキャノーラ(菜種油)などのほうが比較的n-6不飽和脂肪酸が少ないので、そうしたものを日常的に少なめに使い、揚げ油は使い回しをしないほうが健康のために良い、とアドバイスなさっています。

いろいろな食べ物がおいしくなるこの時期。
いろいろなものをバランス良く食べて、おいしく健やかに過ごしましょう!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。





スポンサーサイト
2016.10
19


12:00
昨日は青空が遠くまで広がるような、さわやかな秋晴れでした。
今日はまた天気が悪くなってしまうようですが……。
秋の天気は変わりやすいですね。

少し前のことですが、高尾山に行ってきました。
3歳のムスメも一緒まので「登山」というほどのものではないのですが、ネットで調べていたらベビーカーを持って行くこともできる、とあったので、「それなら3歳児でも行けるね!」と。

161009_1327~01

結論から言えば、我が家では、出発時に小雨が降っていたためにベビーカーは持って行かないことになったのですが、それで正解でした。

高尾山は富士山と並んで『ミシュラン・ガイド』の三ツ星をとったので、日本国内だけでなく、海外でも関心が高くなりましたよね。
以前はベビーカーでのんびりゆったり登山が出来たのかもしれませんが、私が行ったのは秋の行楽シーズンということもあり、登山客がさらに増えていたのでしょうね。

高尾山はとっても気持ちのいい場所でしたが、非常に多くの日本人・外国人観光客、登山者、高尾山薬王院への参拝客などさまざまな方たちが歩いていて混雑していたし、山岳救助隊のバイクや消防車がどんどん走ってくるし、で、私が行った時にはベビーカーで登山するのは難しそうでした。
最近、高尾山には人が増えたからか、緊急車両が必要となることがたびたびあるようです。

ただ、移動に関しては、たくさんの段数がある階段のそばにはスロープ状の迂回路があったりして、車いすやベビーカーを使えるようになっています。

おだんごを焼いていたり、丸ごと1本のきゅうりに味噌をつけて食べるように売っていたり、麺類を食べられるお店があったりと、食べ物を見たり味わったりするのも楽しそうですが、木立の中でキレイな空気を吸いつつ、お弁当のおにぎりを食べると「あー、登山に来たんだなぁ」と実感できますね。

外で食べるごはんは、いつもと同じものでも、さらにおいしく感じられますね。
笑顔で「おいしいね!」が、健康の妙薬ですよね!!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。



2016.10
17


12:00
今日は寒いくらいですね。
つい先日まで暑くてクーラーを使っていたのに、と思うと、季節の移り変わりの早さに驚きます。
あと今年も2か月ちょっとで終わっちゃいますし……(汗)

涼しくなってきたら、焼き菓子がとてもおいしく感じます。
たんぽぽコーヒーや三年番茶など、温かい飲み物でほっこりするからでしょうか。

今日は玄米とココナツを使ったクッキーにしました。
玄米の香ばしさの中にココナツの甘い風味がところどころに顔を出す、サクサクと軽い食感になりました〜

161017_1055~02

作り方は、寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルトに掲載した玄米サブレのレシピの粉寒天の分量をココナツパウダーに置き換えるだけ。
甘めがお好きなら甜菜糖を3グラムほど増量を。

ほろほろしやすい生地になりますが、型抜きが難しい時にはショートニングをちょっと足してくださいね。

おいしくヘルシーに食欲の秋を楽しみましょうね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
2016.10
14


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
突然ですが、お知らせです。

私は日本食育学会に所属しています。
11月13日に「味覚」に関するシンポジウムがありますので、ご都合が合う方がおられましたら、ぜひ!
シンポジウムの詳細はこちらです。

和食の「だし」をテーマとした話もあり、とってもおもしろそうですよ〜

何をどう食べるか、食べ物はどこからきたのか、この食べ物は安全なのか、といった、さまざまな観点から「食べる」ということを見つめなおすことで、より健やかにおいしく食べられるようになるという意味では、食物アレルギーと食育は密接に繋がっているのではないかと私は思っています。

食べ物に制限があるからこそ、食べ物のありがたさ、食べられる幸せを実感しているのがアレッ子家族なので、すでにみなさんは日々、家庭で食育を実践していることになりますよね!
すばらしいことです!!

私の場合、食物アレルギーを持つ子どもたちの給食のことがあるので、栄養士さんとお話する機会が多いです。

栄養士さんは栄養バランスに加え、子どもたちが残さず食べるような工夫をいろいろとされていて、小学校という教育の現場で、食育を推進するリーダー的存在ですよね。

ありがたいことに、ムスコの給食は、学校がアレルゲンを除去したものを用意してくれ、除去しての調理が難しいメニューに関してのみ持参することになっています。

自治体によって食物アレルギーの対応には違いがあるようですが、私が住む自治体では、食物アレルギーの対応としては、アレルゲンの除去が基本で、食べられるものに変えるということではないので、たとえば、シチューの牛乳がダメな場合には豆乳やココナツミルクに変えてくれるのではなく、ポトフみたいなスープになります。
ちょっと他の子とは違った料理になってしまいますが、それでもみんなと一緒に食べられるのはとても楽しいようです。

今日もこれから栄養士さんと打ち合わせなので、差し入れにお菓子を焼きました。

ココアと玄米をベースにしたクッキーにココナツパウダーを入れたサブレと、カボチャとはちみつのマドレーヌ、レーズンとココナツのミニパウンドケーキです。

161014_1055~02

すべて小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用です。
今回は膨張剤にはベーキングパウダーを使わず、重曹にしました。

栄養士さんが体にやさしい焼き菓子を気に入ってくれ、いつか、「メニューに米粉を使ってみようかな?」と思ってくださるようなことがあったらいいな。

小麦・卵・乳製品を使った米粉のお菓子は、小麦・卵・乳製品を使った小麦粉なのお菓子とはまったく違う食感と風味なので、違ったおいしさがありますよね〜

今はまだ、米粉は小麦の代替え的な扱いになっているように感じますが、小麦の代替え品ではなく、米粉が味のバリエーションとして多くの人たちに受け入れられるようになったら、それも日本の食文化に進歩といえるのかもしれないですね!
話が大きくなっちゃいますが(笑い)

農林水産省の統計によると、平成17年度では全国で7800校の公立小中学校で、学校給食で給食に米粉パンを出しているそうです。
ただし、このパンは必ずしも米粉100パーセントのパンではないですし、グルテン不使用かどうかまでは書かれていません。

たぶん、小麦もグルテンも乳製品も使われている米粉パンがほとんどじゃないとは思いますが、それでも、米粉をパンに使うようになったということは、いつかアレルギー対応食として米粉100パーセントのパンが出てくる可能性もある、と希望的観測をしたくなってしまいます。

だって、グルテンフリーの米粉パン、商品化されてますし!
お母さんたちは子どもたちのために米粉でパンを焼いてますし!

うちの近所のスーパーでグルテンフリ―の米粉パンがいつもパン売場に並んでるくらいだから、入手が困難なわけじゃないですよね。
それに、調理のプロが作る給食でやろうと思えばやれないことではないんではないかと……。
でも、給食費とか人件費とかいろいろな問題があるのは理解しています、ハイ。

あれこれ、それこれ考えていくと、学校を管轄する文部科学省の方針にかかわってくるんでしょうかねぇ。
農林水産省が学校給食の方針を決めるんだとしたら、あっという間に「米粉パンを学校給食に出して、米の消費量をアップせよ」って通達を出している気がするわ(笑い)

小麦を主食とする欧米諸国から見たら、日本の食文化は、うまみに加え、米粉でお菓子でもパンでも作れちゃう食の最先端に見えることでしょうね。
さらにおいしく、もっとたくさん米のおいしさを味わいたいですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
2016.10
07


12:00
Category : 告知
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
お待たせしており、申し訳ありませんでした。
試作がほぼほぼ終わり、レシピができました。

10月の後半から11月に前半はハンバーガーとサラダ、デザートはケーキにしたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
小麦・グルテン・卵・乳・大豆・増粘剤を使わないハンバーガー講座
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

バーガー
バーガー1

米粉のバンズは、ボウルや泡立て器不要。
ポリ袋を使って生地作りをしますので、洗いものが少なくラクチンです!

豚肉パテ、野菜をたっぷりはさみ、お好みでケチャップやマスタードをたっぷりかけていただくと、がっつり系の味でさらにボリュームアップします。
ハンバーガーは2個作っていただきます。

米粉の型を使った成型パンは、蒸してから焼き色をつけると軟らかいのですがもちもち感が強くなります。
また、蒸し器を用意する手間もかかりますので、今回は「蒸す」という工程はなしで、焼き上げて作ります。

焼き上げて作るとまわりが古くなったフランスパンみたいに固くなってしまうことがあるのですが、ちょっとしたコツでふんわりしますので、その方法もお伝えしたいと思っています。
ふわっと膨らむためにバンズにはひびがはいってしまいますが、おいしいですよ〜

161006_1052~01

ハンバーガーの画像で掲載しているバンズは焼き上げた後にもう一度焼いて色付けしたのですが、そうすると固くなって食感が悪くなることがわかりましたので、レッスンの時には二度焼きはしません。

写真撮影が間に合わないため二度焼きしたものを掲載していますが(←申し訳ありません!!)、味と食感を優先して色付けのための二度焼きはしませんので、ご了承ください。
色をしっかり出すためのやり方はレッスン時にお伝えしますね。

バンズの型がないとおうちで作るのに不便なので、レシピの分量に合わせて、型も2個プレゼントいたします。
色や形状は変わる可能性がありますので、ご了承ください。

161006_1517~02

サラダには、甘辛いそぼろを乗せます。
そのままごはんにかけても、お弁当にもぴったりで、作り置きしておくと便利です。

サラダ

ケーキは、はちみつをたっぷり入れた濃厚な味。
あさがおの花のようなかたちのカップと、小さなパウンド型の2種類で作ります。
それは型が変わると食感が違うことを知っていただくためです。
2種類の型を使うので、お好みで片方にはココナツパウダーを入れて味に変化をつけていただくのもいいかな、と思っています。

161007_0729~02

<日程>
2016年10月21日(金曜日) 12:30〜15:00
2016年10月24日(月曜日) 11:30〜14:00 
2016年10月26日(水曜日) 10:00〜12:30 
2016年10月31日(月曜日) 12:30〜15:00
2016年11月4日(金曜日)  10:00〜12:30
2016年11月10日(木曜日) 11:30〜14:00

<参加費>
おひとり 6000円
*お子様連れでのご参加も大歓迎です。

<持ち物>
エプロン、お持ち帰り用の袋や容器、筆記用具

<会場>
JR山手線・京浜東北線「田町駅」または、都営三田線・浅草線「三田駅」から徒歩10分ほどの場所になります。
お申し込みが確定いたしましたら、詳しい場所をお知らせいたします。

<お願い>
会場はアレルギー専用キッチンではありませんので、調理器具や食器に小麦・グルテン・卵・乳・大豆・ナッツ・甲殻類などのアレルゲンの付着があります。
食材はアレルゲンを含まないものを準備いたしますが、製造や流通過程でのアレルゲンのコンタミネーション(微量混入)の可能性もあります。
参加をご検討くださる際には、コンタミネーションがあるという点も含めてご確認をお願いいたします。

<問い合わせ・申込先>
komekomekitchen@gmail.com

お申し込みに際しては、ご希望のレッスン名と日時、お名前、ご連絡先(メールアドレス & 日中ご連絡がつくお電話番号)・参加人数・アレルゲン(あれば)をお知らせください。

日によって開催時間帯が変わりますので、再度、ご確認ののち、お申し込みをお願いいたします。

2日以内のお返事を心がけておりますが、こちらからの返信がない場合には、メールの不着の可能性もありますので、お手数ですが、再度ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

どうぞよろしくお願いいたします。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。


2016.10
04


12:00
ハンバーガーの講座をやりたいと思い、試作をしています。
結構、いい感じに仕上がってきてはいて、レシピもほぼほぼ決まって来たのですが、作り方の後半で迷っています。

バーガーバンズの生地を発酵させ、その後、蒸して焼き色をつけると、ふんわりします。
軟らかさという点ではいいのですが、作ることを考えたら、わざわざ蒸し器を準備するのは面倒ですよね……。

バーガーバンズって、お弁当に使ったり、パッと食べたいと思いついた時に食べられる手軽さもほしいですよね〜
この難関をクリアしたくて、毎日、毎日、レシピや工程を変えてバンズを焼いては食べております、ハイ。

そんなわけで、蒸し器を使わず、表面に粉がふかないようにあれこれ工夫してみたら、3種類のバンズができあがりました。

161004_1123~01

どうやっても表面にひびが入ってしまうのですが、どれも合格点をつけられる味でした。
強いて言えば、蒸した時よりも、ちょっとまわりは固めでしょうかねぇ。
でも、蒸しパンみたいな食感にはならないので、この方向性で行こうと思います!

見切り発車でレッスンの告知をしてしまうとご迷惑をかけてしまうことになりかねないので、もう少し試作をしてレシピを確定し、レッスンのお知らせをさせていただきます。

お待ちくださっているみなさま、ありがとうございます。
申し訳ありませんが、もう少しお待ちいただければ嬉しいです。

いつもありがとうございます。