RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)

Author:伊藤ミホ(アレルギー対応料理研究家)
小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた


子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、保育園や小学校などで「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。9月と10月の夏のレッスンはカボチャたっぷりのハロウィーンスイーツです。

レッスンで使う食材も良質のものを選んでいます。糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある10歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

小麦・卵・乳・大豆・グルテンフリーの料理やお菓子の定期レッスンの告知はこのブログでお知らせしていますが、アレルゲンに合わせたプライベートレッスンを行うこともできますので、お気軽にお問い合わせください。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。

企業様のレシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2017.02
27


12:00
ひとくちに「製菓用米粉」といっても、いろいろな種類がありますよね!
使ってみると、それぞれに違った特長があり、風味があり、魅力的です。

逆から見ると、「それぞれに違った特長がある」ということは、「その米粉のおいしさを最大限に引き出すためには、その米粉に合ったレシピが必要」ということなのかなぁ、と最近は思っています。

クッキーは、水を加えずに、シロップと油で生地を作ることができるので、あまり米粉を選びません。
けれども、ケーキ類を卵・乳・大豆を使わないで作ろうと思うと、米粉に含まれる米でんぷんの状態がどのようになっているのかが、ケーキの焼き上がりに大きく影響してくるため、米でんぷんの損傷率やアミロース値などが重要になってきます。

米粉に水を加えてみて、少なめの水分でクリーム状になってくれる米粉であればふんわり&しっとりと膨らみますが、多めの水分でやっとぽってりするくらいの米粉だとなかなか難しいので、そういう時には豆乳の力を借りると膨らみやすくなります。

私は豆乳の摂り過ぎはあまり良くないと思うので、できるだけ豆乳に頼らないレシピを試作するようにしています(←豆乳を使った米粉のレシピはたくさんありますよね!)。

けれども、日本各地にたくさんの製粉メーカーさんがあり、非常に工夫しながら良い製品を作ってらっしゃるのを実感するにつれ、幅広い米粉を使えるような汎用性の高いレシピを作ろうと思う時には、豆乳は力強い味方になってくれるから、豆乳のレシピも作っていこう、と思うようになりました。

「いいな! 素晴らしいな!」と思っている米粉はさまざまあるのですが、大好きな米粉のひとつ、パウダーライスDチーム・アレルギーさんで購入することができるようになりました!

パウダーライスDは、米でんぷんの損傷率が少なく、かつ粒子が細かいため、豆乳を使わなくてもふんわりしたケーキを焼くことができます。

今回は、甘酒でマフィンにしてみましたよ。

170227_1126~03

甘酒の原液を使うと粘度が高く、生地が重くなりすぎてしまうことが多いのですが、さらりと飲みやすいように薄めてある甘酒だと、ちょうどいい具合に生地がまとまります。

今回はマルコメの甘酒を使いました。
原材料は米、米こうじ、食塩。
結構、塩味がきいた味になっています。

170227_1011~02

米粉でケーキを焼く時、豆乳を使わずに膨らみを良くするには、食物繊維があるといいんですよ〜
食物繊維といえば、野菜や豆!

私は手軽に使えるパックの煮豆を買ってきて、ハンディミキサーでガーッと撹拌し、豆ペーストを作っています。

豆ペーストにすると皮ごとなめらかな状態になるので、生地にも混ざりやすいですし、残ったらパンなどにつけて食べちゃってもいいし、白玉だんごに添えてもいいし、使い勝手がいいんですよ〜

170227_1022~01

パウダーライスDにコーンスターチを混ぜ、もろい食感にし、甘酒のしっとり効果と豆ペーストの膨らみ効果で、マフィンは、ふんわり&ほろりと焼き上がります。
卵や豆乳を入れた時のふわふわ感とはまったく違う、食べれば食べるほどクセになる素朴な味です。

米粉のお菓子は、やさしいおいしさですね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。








スポンサーサイト
2017.02
25


12:00
しばらく更新できずにおり、すみませんでした。
その間も遊びに来てくださり、ありがとうございます!

昨日、新幹線で出かけた帰り、東京駅構内を散策していたら、いろいろなお菓子が売られていました!
構内のショッピングエリアが充実しているから、ということもあるでしょうけれども、日本各地のお菓子があって、まるでスイーツ物産展みたいですね。
楽しい〜

そういえば、新幹線の中では米粉のレモンマドレーヌを売っていて、「グルテンフリ―が一般的になってきてるんだなぁ」と感じました。
日本の米粉、おいしいですもんね!!

うちでは家族みんな、和菓子が大好き!
とりわけ、もちもちした食感のもの、おだんごやわらび餅みたいな、もちもちしたものが好きです。

一年中、東京駅では日本各地の有名なお菓子やお弁当を売っていますが、「春」という時期的なものなのか、さくら餅やおだんごなど、春の行楽シーズンに食べたくなるようなものがありました。
さくら餅もおだんごも、お店それぞれに見た目が違っていて、どれも可愛くて、おいしいそうで迷っちゃいます。

今回買ってきたのは、三河あんき堂のおだんご3種(みたらし・きなこ・あんこ)。
串の先に小さなおだんごがさしてあるので食べやすいし、甘さも控えめなので、小腹がすいた時にもよさそうです。

170224_1936~01

そうそう、さっき、わらび餅も大好きと書きましたが、本わらび粉を使ったわらび餅だけは、決まったお店で買っています。
東京駅八重洲口を日本橋高島屋のほうに向かって徒歩5分くらいの場所にある長門(ながと)です。
徳川吉宗の時代から続く、創業300年ほどになるお菓子屋さんなのですが、「久寿餅(くずもち)」という商品が、本わらび粉だけで作られているわらび餅です。
添加物も何も入っていないシンプルな材料ゆえに、素材の良さと技術の粋を極めたおいしさが際立ちます。

長門くずもちパッケージ090411_0654~01
長門くずもち090411_0705~01



「世界中にあるお菓子の中で好きなお菓子を3つ挙げよ」と言われたら、私は迷わず「久寿餅!」と言うだろうな、と思うくらい好きです。
まぶしてあるきなこの甘く香ばしい風味と、口に入れると溶けるようなやわらかさを持つ本わらび餅という味のコントラストは、うっとりと幸せな気持ちにさせてくれるんですよ〜

職人さんが磨き抜かれた技で継承されてきたお菓子文化に触れる時、「日本人に生まれてよかったなぁ」としみじみ思います。
米粉や本わらび粉などのでんぷんの性質を利用し、食材のおいしさをひきだす技術を生み出してきたのですよね。
日本の和菓子は、世界に誇れる美しくおいしい文化だと思います。

さーて、今日も天気がいいので、お散歩にでかけたいと思います。
どこかでおいしい和菓子に出逢えるといいな!

みなさんにとって、今日も一日、すばらしい日でありますように。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。




2017.02
09


12:00
今日はまた寒さがぶりかえしてきそうですね。
雪が降る予報の地域のみなさん、どうぞ温かくして、お気をつけておでかけください。

昨夜、豆を水につけておいたので、今日は朝から豆を煮ています。
「何かペーストにできそうな豆がないかなぁ」と、食材を入れている引き出しをがさごそ探していたら、すみっこで何年も眠り続けていた豆を見つけました(汗)

ムスコが保育園に通っていた頃、豆が貴重なタンパク源だったので、いろいろな豆を買っては、料理やお菓子につかっていました。
かたちも可愛いし、おいしいし、使い勝手がいいし、当時も今も、私は豆が大好きです!

しょっちゅう煮ている時には、豆に吸水させて煮るのも日課みたいになってくるのですが、しばらくやらないでいたら、吸水させずにすぐに煮ることができる小豆ばかり煮るようになってしまいました。

……ということで、「あとで煮よう、あとで煮よう」と先送りされ、何年も出番がなかった大福豆。
豆は乾燥した場所で、虫がつかないようにしていれば長期保存ができるものではありますが、長く保存するとそれだけ乾燥が進むから、吸水に時間がかかるし、煮えるのにも時間がかかります。

古い豆がきちんと煮えるかどうかは、水に一晩か二晩つけておいて、ぷっくり膨らむかどうかでわかるんだよ、と祖母に教えてもらったことがあるので、たっぷりの水につけ、長めに置いておいてみました。
なんとか、丸一日くらいで皮のしわしわがなくなり、ふっくらしました。

水につけておいてもしわも出ず,膨らまないものは煮えないので、豆の状態を確認してから圧力鍋で煮ました。

170204_0754~02

大福豆(おおふくまめ)という大きめな粒の豆なのですが、白あんなどとして和菓子に使われたり、豆きんとんの材料になったりするおいしい豆です。

やわらかくなった豆を熱いうちに裏ごししました。
けっこう時間がかかるし、力もいるのですが、おいしいお菓子の材料になると思えば頑張れます(笑い)

170204_0757~01

裏ごしして大福豆のペーストができあがりました!

170204_0808~01

これを使って、豆のデザートを作る予定です。
なにしようかな?
寒いから、白い色のおしるこにしてもおいしいかなぁ。
大福豆のペーストでクリームを作って、デコレーションケーキにしてもよさそう!
食材を見ていると、いろいろと作ってみたいもの、食べたいものが浮かんできて楽しいですね〜

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
2017.02
07


12:00
100円ショップに行くと、いろいろな製菓用の道具がありますね!
今の時期はバレンタインデーに関連したものがたくさんあって、「へぇ〜、こんなものまであるんだ!」と驚いてしまいました。

チョコを流し入れて固めるためのシリコンの型がいろいろあって、「冷やし固める用途の専用のものかな?」と思って見てみてら、耐熱温度が230度!
オーブンでも使えるようなので買ってきました。

何がしたかったのかというと、「鈴カステラ」が作りたかったのです。
焼いてみたら、ころんとしたかたちになりました!

170207_1020~01

小さな型なので焼き時間が短くていいだろうと思ったのですが、ある程度火を入れないと、米粉のおいしさが出ないんですよね。
なので軽く焼き色がつくまで焼いたら、外側が乾燥してしまいました。

水筒甘酒をリピートして作ったので、それを使いました。
甘酒のとろ〜りとした原液を入れて水を加えて焼くと、ねっちりしやすいですね。
紙パックや缶に入っている甘酒だとこれほどねっちょりしないので、さらりと飲めるくらいの濃度に薄めた甘酒を使うくらいでいいのかもしれないですね。

小さい型で焼く時には、中心部に火が入りやすく、まわりが乾燥しすぎない程度の短時間で焼き上げられるように工夫する必要がありそうです。

ころころと可愛い形なので、ちょっと配合を変えて、豆乳パワーを借りつつ焼き直してみたいと思います!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
2017.02
06


12:00
いつもパックの煮豆を買い置きしています。
乾燥した豆を煮たほうが好みの甘さにできるのですが、わざわざ煮るのは食べたい日や使う目的が決まっている時のことが多いです。

煮豆は夕飯のおかずにすることもできるし、なによりも、ちょっと思い立った時に作れるお手軽デザートの材料になるので便利ですね。

今回は、買っておいた白花豆の煮豆の賞味期限がせまっていたので、ムースにしました。
卵や乳製品を使いませんが、ココナツミルクを使っているので、甘い香りとコクが出るんですよ。

CA3H00380001.jpg

煮豆は皮ごと使うため、おいしく食物繊維がとれていいですよね。
作り方はとても簡単です。

<作り方>
煮豆        300グラムくらい
*白っぽい煮豆で甘く煮たもの。
ココナツミルク  100グラムくらい
水         大さじ1
粉寒天      小さじ1/3
*寒天の量で固さが変わりますので、お好みで調節してください。
塩         ひとつまみ

<作り方>
1)小さな鍋に水と粉寒天を入れてなじませ、そこにココナツミルクを加えて中火にかける。焦がさないように、木べらなどでよくかき混ぜながら加熱し、クツクツしてきたら弱火にして3分ほど絶えず混ぜながら加熱する。

2)1に塩と煮豆を加え、ハンディミキサーでなめらかな状態にし、カップなどに移して冷蔵庫で冷やし固める。上に白花豆を飾る。甘さが足りないようならメープルシロップなどをかける。


バレンタインデーももうすぐですね。
白砂糖・小麦・卵・乳・大豆・ナッツを使わないチョコスイーツ講座を開催しています。
とても簡単にできるヘルシースイーツです。
よろしければ、いらしてくださいね。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。



2017.02
04


12:00
昨日は節分でしたね。
豆まきをしたり、恵方巻を食べたりなさいましたか?

我が家は子どもたちがランチマットの上に炒り豆まいて年の数だけ食べ(←床にまいていて裸足で踏んじゃうと痛いので)、大きな海苔に好きな具を巻いて恵方巻にして(←要は手巻き寿司ですが。笑い)、今年の恵方「北北西」を向いて食べました。
良いことがありますように!

子どもたちはおやつが大好き!
「食事」そのものよりも「食後のデザート」のほうをいつも楽しみにしているので、家にあるものでちょこちょこっと作りました。

米粉のヴィクトリアンサンドイッチ風と白玉ぜんざいです。
小麦・卵・乳製品を使っていないので、お米のごはんの後の、お米を原料にしたごはん×ごはんデザート(笑い)

170203_1934~01

普段はデザートは一種類だけなのですが2種類お皿に乗せたので、子どもたちは大歓び。
簡単にできるのに、こんなに喜んでくれると作り甲斐があります〜

ムスコが「もっと、いちご、ある?」というので渡すと、「これ、おいしいよ!」
何をしているのかと思って見たら、いちごにあんこをたっぷりつけて食べていました。
たしかに、いちご大福みたいな味になっておいしいかもね!

ごはんは煮豆と一緒に食べてもおいしいですが、お菓子にしても、米と豆と果物はよく合うんだなー、あと改めて思ったのでした。
米粉を使うと、ごはんのようなお菓子、お菓子のようなごはん、でヘルシーですね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
2017.02
02


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
今、味噌を造っています。

手作り味噌と言えば「大豆」が一般的ですが、私が仕込み中なのは「ひよこ豆」。
乾燥したひよこ豆をやわらかく茹でて使うのではなく、缶詰になったひよこ豆です。
乾燥豆だと一晩水にひたしておいてから茹でて……と、時間がかかるので、缶詰でできるなら便利かな、と思いまして。

170202_1111~03

この缶詰の原材料は「ひよこ豆、酸化防止剤(ビタミンC)」。
一番シンプルな原料のものを選んだのですが、酸化防止剤が酵素の働きを邪魔しないかどうかが気になります。

酸化防止剤ということは、食べ物が酸素によって酸化しないようにするためのものです。
だけど、味噌ができていく過程では、酵素が元気に働くためには空気中の酸素が必要。
ビタミンCの抗酸化作用がどの程度、ひよこ豆の味噌づくりにどの程度、影響してくるのかわからないので、そのあたりも興味津々です。

味噌にする時には、乾燥した大豆の量に対して使う塩の量を決めることが多いですが、缶詰のひよこ豆はすでに茹でてあるので、乾燥時の重さを計算し、それに対して塩の量を決めました。

缶詰のひよこ豆を鍋に入れて汁ごと温めてから、ひよこ豆と煮汁にわけ、それから大豆味噌と同じような仕込みの手順を経て、「おいしい味噌にな〜れ、おいしい味噌にな〜れ」と念じつつ、寝かせます(笑い)

ひよこ豆味噌は半年経たなくても食べられる予定ですので(←長く寝かせたほうが塩となじみますが)、数か月経ったら、またご報告します。

味噌づくりに使って残った麹で塩麹も作っているので、こちらはバレンタインの頃には食べられるようになりそう。
塩麹を使ったバレンタインディナーやバレンタインスイーツを考えてみるのも楽しみです。

調味料をつくると、作っている時も、できあがるのを待っている時も、それをどうやって使おうかと考える時もわくわくしますね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。