FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.01
18


12:00
このところ、米粉と豆乳の組み合わせでレシピを試作しています。
最近、豆乳を使ったお菓子作りをしていなかったので、なんだか、とっても新鮮な感じです。

米粉には米でんぷんというのがあるのですが、米でんぷんが傷ついていると水を吸いやすくなってしまいます。
米でんぷんの損傷率(傷ついている度合い)と吸水率は相関関係があるのですが、米粉のパッケージに「この粉のでんぷん損傷率は○%です」と書いてあるわけでありません。
けれども、米でんぷんの損傷率が低いほど、パンやケーキは膨らみやすくなるので、パッケージの裏面に記載してほしい情報だと私は思っています。

ご存じのとおり、製菓用米粉は微粒子なので、空気中にふわっと舞い上がるほど軽く繊細です。
見た目は粉雪のようにキレイなのに、米でんぷんが傷ついている度合いが高いとケーキを作っても、うまく膨らんでくれません。
「せっかく焼いたのに、ウイロウになっちゃった」と私も何度涙したことか……シクシク。

けれども、ケーキの生地を作る時に水ではなく、豆乳を使うと、たとえ米でんぷんが損傷していたり、粒子が大きめであっても膨らんでくれます(←必ずしも、ふんわり膨らんで高さが出るわけではないですが)。
ざっくりな言い方ですが、ケーキを作る時に水そのものではなく豆乳を使うことで、幅広い米粉を使えるようになります。

私のレッスンや本のレシピの場合、みんなで一緒に同じものを食べられるようにアレルゲンを減らしているので、豆乳などの大豆製品を使わずに水やジュースなどでケーキや蒸しパンを作ります。
そうなると、米でんぷんの損傷率が低いことが大前提にあるため、推奨している米粉を使って作っていただかなくてはならず、米粉はお取り寄せ、ということになっちゃうんですよねぇ。

でも、スーパーにも製菓用米粉は売っているし、日本全国にあるメーカーさんがすばらしい米粉を作っているし、いろいろな米粉の味を楽しみたいですよね!

というわけで、いろいろな米粉を使ってブラウニーを作っています。

なぜブラウニーか? 
それは、私がブラウニーが好きだからです!

試作している時には何種類も作るから、好きじゃない味のものだと作ったものを食べるのがつらくなっちゃうんです(汗)

特定原材料27品目を使わないチョコスイーツ講座のブラウニーが手前で、うしろは豆乳使用。
豆乳を使うと高さが出やすいですね。

CA3H00580002.jpg

食べ比べてみると両方ともしっとり。
特定原材料27品目を使わないブラウニーのほうが素材の味がよくわかり滋味溢れる味、豆乳を使ったほうはより洋風の味、という感じでしょうか。

豆乳を使うと大豆の味がかなり強く出て素材の味が消されてしまうので、特定原材料27品目を使わないブラウニーよりも糖分もココアも油脂も使用量が多くなりました。
そうした糖分と油脂分の違いも味の奥行に寄与しているんだなぁ、と実感しました。
洋風のお菓子の味というのは、糖分と油脂分のバランスによって生まれるんですねぇ。

ムスコは、「どっちもおいしいけれど、糖分と油脂分が少なめのほうだったら、おかわりできるでしょ? おかわりして食べられるほうがおトクだね」と言っていました(笑い)

豆乳のあり、なしでレシピの組み立ても、できあがるお菓子の味わいも大きく変わります。
いつもレシピでも水を豆乳に変えて作ると食感も変わっておもしろいですよね〜

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。