RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.02
02


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
今、味噌を造っています。

手作り味噌と言えば「大豆」が一般的ですが、私が仕込み中なのは「ひよこ豆」。
乾燥したひよこ豆をやわらかく茹でて使うのではなく、缶詰になったひよこ豆です。
乾燥豆だと一晩水にひたしておいてから茹でて……と、時間がかかるので、缶詰でできるなら便利かな、と思いまして。

170202_1111~03

この缶詰の原材料は「ひよこ豆、酸化防止剤(ビタミンC)」。
一番シンプルな原料のものを選んだのですが、酸化防止剤が酵素の働きを邪魔しないかどうかが気になります。

酸化防止剤ということは、食べ物が酸素によって酸化しないようにするためのものです。
だけど、味噌ができていく過程では、酵素が元気に働くためには空気中の酸素が必要。
ビタミンCの抗酸化作用がどの程度、ひよこ豆の味噌づくりにどの程度、影響してくるのかわからないので、そのあたりも興味津々です。

味噌にする時には、乾燥した大豆の量に対して使う塩の量を決めることが多いですが、缶詰のひよこ豆はすでに茹でてあるので、乾燥時の重さを計算し、それに対して塩の量を決めました。

缶詰のひよこ豆を鍋に入れて汁ごと温めてから、ひよこ豆と煮汁にわけ、それから大豆味噌と同じような仕込みの手順を経て、「おいしい味噌にな〜れ、おいしい味噌にな〜れ」と念じつつ、寝かせます(笑い)

ひよこ豆味噌は半年経たなくても食べられる予定ですので(←長く寝かせたほうが塩となじみますが)、数か月経ったら、またご報告します。

味噌づくりに使って残った麹で塩麹も作っているので、こちらはバレンタインの頃には食べられるようになりそう。
塩麹を使ったバレンタインディナーやバレンタインスイーツを考えてみるのも楽しみです。

調味料をつくると、作っている時も、できあがるのを待っている時も、それをどうやって使おうかと考える時もわくわくしますね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。