RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.03
07


12:00
米粉のケーキを焼くと、焼き上がりが白っぽくなりがちですね。
香ばしそうな焼き色がつくとさらにおいしそうに見える、ということはありますよね。

グルテンフリ―の食生活をするため、米粉を使ってお菓子作りをしてらっしゃる方は、油脂分や糖分を控えめにした優しい味わいのお菓子を好まれる方が多いように感じますが、油脂分や糖分のおかげで膨らみが良くなったり、おいしそうな焼き色がつく、ということもあります。

私はケーキを焼くとたくさん食べたくなっちゃうので、できるだけ油脂分と糖分は少なめにはしています。
でも、糖分も油脂分もふんわり感やおいしさに大きく影響しているため、「ある程度」の量以下には減らすと、食感が悪くなったりして、残念な結果となってしまうことがあるので、「ある程度」の見極めが難しいなぁ、と感じます。

最近は「糖分」といっても、いろいろなものがあって、好みの合わせて選べていいですよね。
私がよく使うのは甜菜糖・メープルシロップ・蜂蜜・黒糖ですが、粉末の砂糖であれば、白砂糖・さらめ糖・三温糖・きび砂糖などなどたくさんの種類がありますし、粉末の糖分であればアガペシロップなどもありますね。
使う糖分によって風味が変わり、使い分けると楽しいですよね。

ざっくりとした言い方になりますが、白砂糖のように精製されて純粋な糖分になっているものよりも、ミネラルなどが残っている色の濃い砂糖のほうが生地に色がつきやすい傾向があります。
白い砂糖よりも体に吸収される速度が遅いため、体に優しい甘味ともいえるかと思います。

ここに比較するのは、蜂蜜を入れたマフィンとメープルシロップを入れたマフィンです。
どちらの写真が蜂蜜入りでしょうか?

170307_0719~01170307_0720~01

蜂蜜が入っているのは、茶色が強く出ているマフィンのほうです。
メープルシロップのほうが焼き色が薄めですが、こちらもおいしそうな色。
自分で使っている印象だと、蜂蜜のほうがメープルシロップよりも、色がつきやすいですね。

蜂蜜やメープルシロップは、糖分に加えてアミノ酸が含まれています。
糖分とアミノ酸を一緒に加熱することでメラノイジンという褐色物質を生み出すメイラード反応が起こります。
この反応によって、茶色い色がつき、香ばしい風味などのさまざまな味を良くする変化が生じ、おいしさが高まります。

ちなみに、糖分だけしかない場合にも茶色くなりますが、それはカラメル化といいます。
べっこう飴やプリンのカラメルなどの部分で、「ちょっと苦いけど、その苦みがおいしいのよね〜」という、あの風味です。

この2種類のマフィンには豆乳を使わず、隠し味には塩麹を入れています。
塩麹は料理に使うイメージが強いですが、とがった塩味ではなく、マイルドな塩分とうまみがあるため、お菓子作りにも使えます。

米麹のレッスンで作るマフィンでは、甘みに黒糖を加えて、味に奥行を出しています。

甘酒や塩麹を作るのに使う麹は日本にだけに存在する「国菌」、アスペルギルス・オリゼ。
アスペルギルス・オリゼは、甘酒・塩麹・醤油・味噌・酢・みりん・漬物など、さまざまな発酵食品に使われており、体の免疫の6割が集まっているといわれる腸内細菌のバランスを整えるのに一役も二役もかってくれています。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内には善玉菌であるビフィズス菌だけですが、大人と同じ食べ物を食べるようになっていくと悪玉菌が増えていくのだそうです。

悪玉菌が増えてバランスが崩れてしまうとさまざま不調が出てくるものですが、善玉菌が増加して腸内細菌叢が整うと、便秘が解消したり、お肌の調子が良くなったり、冷え性などの体質改善、アレルギー体質であっても花粉症などのアレルギー症状が軽減されるとも言われています。

麹を用いた発酵食品は腸内に善玉菌を増やす助けになってくれます。
麹をを日常生活にとりいれることは、おいしくて、健康にも美容にもアレルギ―ケアにもいいですね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。












スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。