FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.03
08


12:00
今年のスギ花粉の飛散は12月頃から始まっていて、今日も花粉の飛散量は多いですね!

私もひどい花粉症だったので、そのつらさはよ〜〜〜〜〜〜くわかります。

春のスギ花粉の時期には水道の蛇口をひねったかのようにとまらない鼻水と目の痒みで、公共交通機関に乗ってまわりの人から見られるのがはずかしかった(涙)

秋のブタクサが飛びはじめると喘息の発作のように咳が止まらなくなり、夜も眠れない。
映画館や公共交通機関などで咳が止まらなくなってまわりの視線が気になって途中で出てきたりしていましたし、夜中の咳のせいで慢性的な睡眠不足で、いつも頭がぼーっとしていました。
ぼんやりしていると、たいらなところでつまづいて転んでみたり、電車やバスの行き先の乗り間違え、乗り過ごしが多くて、日常生活の中で大小の「あーあ、またやっちゃった」が、とっても悲しかったです……(泣)

ところが、ところが、アレルギー体質は治らないけれど、アレルギー反応が出にくくする体質ケアはできるんだなぁ、と最近感じるようになりました!

それは、私の花粉症の症状が以前ほどつらいものではなくなり、ここ数年、抗ヒスタミン剤や咳止めを飲まなくても大丈夫になってきたからです。

何か特別なことをしたわけではないのですが、たぶん、ムスコやムスコの体調に合わせた食生活をしていることと、体が冷えないようにしているとか、「健康にちょっとだけ良いこと」の積み重ねが大きいのかなぁ、と自分では思っています。

どんなことをしているのかというと……

1)グルテン・小麦・卵・乳・油脂・糖分をとりすぎない

2)麹を使った食品、たとえば醤油、味噌、酢など、発酵食品を毎日食べる。麹で作る甘酒はデザートに、塩麹は料理やお菓子に(←腸内細菌のバランスを良くして免疫力アップ!)

3)冬には冬が旬の食べ物を、夏には夏が旬の食べ物を食べる。冬に夏野菜を食べるのは避ける(←体の内側から冷えてしまうから)

2)夏でも冬でも靴下にズボンで体を冷やさない(←特に足首や腹部などの下半身をガードする。体の外側から冷えが入らないようにする)

3)できるだけ早寝早起きで、規則正しい生活をする(←午後10時から午前2時までが睡眠のゴールデンタイムには、脳を休ませ、体を修復するホルモンが出ます)

4)不必要な薬は飲まない(←風邪をひいたら、薬よりまず早く寝て体を休める、など)

5)できるだけ乗り物に乗らず、歩く(←歩くことで全身の血行が良くなり、脳への良い刺激にもなります)

文字にすると面倒くさいような気がしますが、ひとつひとつはとても簡単なことですよね?

ひとつだけでも、たとえば、1回だけでも生活の中にとりいれることができたら、何もしなかった時よりも自分は良く変わっているんだ、と誉めてあげてくださいね!!
自分で自分を誉めて、認めてあげることも、心と体の健康ではとっても大事なことですよ〜

お問い合わせをいただくことが多いのですが、アレルギー体質のケアでも、赤ちゃんがきてくれるのを待っている時期も、上に書いたようなことを続けていると、血行が良くなって体力も気力も高まり、心も体もゆるゆると楽になっていくのではないかなぁ、と私は感じています。

私はムスコが生まれる前、不妊症で病院に通っていました。
習慣性流産と不育症で悩んで病院に行ってはいたのですが、「治療するような体の機能的な問題はない」と言われて、治療方針が立てられず。
「体のどこかが悪いから妊娠が継続しないのだろう」と思っていた私にとっては、「治療方針が立てられない」と言われるのは、「このまま赤ちゃんを授かることはできないよ」と言われたのと同じくらい苦しいことでした。

結局、西洋医学の病院では「治療できない」と言われてしまっていたので、他の赤ちゃんを授かるための体質改善方法を探すことに。

「体を外側からも内側からも冷やさない」という中医学の先生からのアドバイスと自然療法(漢方とホメオパシー)を続けていたら、思いがけずムスコを授かり、その後、夢ですら願ったこともない奇跡で、ムスメまで授かりました。

人それぞれで、どういう方法が合うのかは異なるとは思いますが、私にとっての最も効果が感じられた不妊治療は、季節感のある食べ方と自然療法でした。

そして、ふと気づいたら、花粉症の症状も薬を飲まなくてもなんとかなるくらい軽減しました(←もちろん、鼻水やくしゃみ、目の痒いは1〜2週間はありますが)。

日常生活での過ごし方、食べ方を変えたからといって、薬を飲んだ時のようにすぐに効果が出るわけではないですが、振り返ってみると、「日々の積み重ねの力は大きいんだなぁ」と実感しています。
日々の行動で、自分の心も体も作られていきますものね。

病気になってから、絶えがたい不調を感じてから病院に行って治療するのではなく、いつも健やかでのびのびとした心や体でいられるよう、毎日のちょっとずつの「健康に良いこと」の積み重ねをスタートしてみてはいかがでしょうか?
心身の土台が弱っていると治るものもなかなか治りませんが、土台が強くなってくれば、物事はなるように、落ち着くべきところに動き始めるのではないかと思います。

散歩に出かけたくなったり、おしゃべりしながらなったら、ぜひ、レッスンにいらしてください。
ご興味があるようでしたら、食べ物のことだけでなく、自然療法のお話などもさせていただきます。

今日もみなさんにとって素晴らしい一日でありますように。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。