FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.03
10


12:00
ふだんはあまり豆乳は使わないのですが、珍しく買った豆乳(1リットル買っちゃったので。汗)が大量にあまっているので、マフィンに使ってみました。

使った米粉はよく膨らんでしっとりと食感もいいパウダーライスD
豆乳があればもちろん膨らみがいいですが、豆乳なしでも配合の工夫をすればよく膨らむので塩麹講座の黒糖マフィンは豆乳なしです。

今回作ったのは、デーツとクルミを入れたマフィン。
クルミがあったの入れましたが、デーツと干しいちじくや干しブドウでもおいしいです。

170302_0823~02

ふわふわした食感のマフィンではなく、しっとりと素朴な味です。
今回は豆乳を使っているので、焼いた翌日には味がなじみ、焼いた当日とはまた違った味わいになるのもおもしろいです。

レシピは以下のとおりです。

<材料(マフィン紙型3個分)>
(A)
パウダーライスD  100グラム
黒糖          30グラム
粗糖          10グラム
ベーキングパウダー 5グラム

(B)
成分無調製豆乳   70グラム
*豆乳の濃さによって若干変わります。生地がホットケーキの生地くらいの固さになるように調整してください。
菜種油         40グラム
ラム酒          5グラム

デーツとクルミ     合わせて70グラム

<作り方>
1)オーブンを170度に予熱する。デーツとクルミを粗く刻む。

2)(A)の粉類をポリ袋に入れ、粉が飛び散らないように袋の口を押さえて振り混ぜる。袋の中に空気を入れて、袋の底を手のひらでポンポンと跳ね上げるようにすると混ざりやすい。

3)2の袋に(B)の豆乳と菜種油とラム酒を入れ、袋の中の空気を抜いて、袋の口をおさえたまま、袋の上からよく混ぜる。クリーム状になったら、刻んだデーツとクルミを入れて軽く混ぜればOK。

4)3の生地を型に流し入れ、170度で20分ほど焼く。

5)焼き上がったら型からはずし、冷ます。粗熱がとれたら、新しいポリ袋に入れて乾燥しないように常温保存する。

ラム酒で風味をつけているのでちょっと大人っぽい味ですが、ラム酒を入れず、シナモンパウダーなどで風味を足していただいてもいいですよ〜

前回の記事で花粉症が楽になってきたと書いたのですが、久しぶりに鼻水ずるずる、目がカイカイになってきました(涙)

花粉症がひどくなってきた原因は何かと考えてみたのですが、小麦・卵・乳製品・ナッツ・甲殻類をあまり食べないというのはほとんど変わっていません。
変わったことといったら、冷蔵庫にあまっているのがもったいないと思い、毎日のように豆乳をとっていることくらい。

花粉の飛散量が多いといわれていた年が過去にもありましたが、その時よりも今のほうが花粉症の症状が強く出ています。
考えてみれば、豆乳は体を冷やすので、冷え性の方は避けたほうがいい食材です。
私はバリバリの冷え性でアレルギー体質。
豆乳をとりすぎると体に負担がかかるんだということを、花粉症の悪化というかたちで実感しております(汗)

ご存じの方も多いと思いますが、花粉症などのアレルギー体質がある場合、豆乳のとりすぎはアレルギーを悪化させる可能性があります。
大豆アレルギーがない方であれば、豆乳のとりすぎで豆乳に対するアレルギー反応が出やすくなることがありますが、固形の大豆を使った豆腐、味噌、醤油といったものは問題なく食べられることが多いです。

国民生活センター「豆乳等のアレルギーについて」という報告文を詳しく読んでいただきたいと思いますが、一部を抜粋します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
豆乳等により、皮膚や粘膜のかゆみ、赤み、腫れ、じんましん、呼吸困難等のアレルギー症状を発症したという相談が 2008 年度以降の約 5 年間で 15 件寄せられています。
寄せられた相談の中には、豆腐など他の大豆加工食品ではアレルギー症状が出ず、豆乳等を飲んだ時に発症したという事例もみられました。
大豆による食物アレルギーは、大豆を原材料とした食品を食べたことにより発症する症例と、主にカバノキ科花粉症の患者が、豆乳などを摂取した際に発症する「口腔(こうくう)アレルギー症候群」が知られており、近年、花粉症の増加に伴い、後者の症例が増加しているとされています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大豆アレルギ―によるアレルギー反応と、豆乳によるアレルギー症状の生じ方は違うものですが、根っこの部分にアレルギー体質がある場合には、大豆アレルギ―かどうかにかかわらず、豆乳は適度にとることを心がけ、豆乳のとり過ぎは避けたほうがよいようです。

ムスコは小さい頃、大豆アレルギ―でした。
大豆製品を少しずつ、少しずつとっていき、今では大豆は大丈夫になりましたが、最後の最後までアレルギー反応なしで口にすることができずに手こずったのが豆乳でした。
そういう経験もあり、味噌や納豆などの発酵食品は食べていますが、豆乳はあまり子どもたちにも食べさせすぎないようにしたいな、と思っています。

体に良いといわれる食材であっても、食べ過ぎると体に負担になってしまうので、「適度に食べる」というのが大切ですね。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。すべて小麦・卵・乳・大豆・甲殻類・牛肉・ゴマ・アーモンド・南国フルーツ不使用です。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。