FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.03
17


12:00
米を粉にしたものが「米粉」ですよね?
「そんなの、当たり前でしょ」と言われちゃいそうですが……(汗)

「製菓用」と「パン用」と適する用途が違う米粉であっても、使われている米は同じ品種だったりします。
製粉の仕方、粒子の大きさなどなど、製造の工程の違いで、同じ品種の米から作られる米粉の性質が変わるというのが不思議でたまりません。
薬品を使ったり、添加物を加えたりするわけでもないのに、同じ品種の米の異なる特性を引きだしちゃうなんて、ほんとうにすごいなぁ、と思います。
米粉はデリケートで、深いですねぇ。

製粉会社の方とお話していたら、興味深いことを教えていただきました。

流通している米の段階では、米の水分含有量は15パーセントほどなのですが、米粉にする時には11〜13パーセントくらいの間になるようにすることが多いのだそうです。

米そのものの時と米粉にした時の水分量が違うということにも驚きましたが、米粉の水分含有量を製造段階でコントロールしているという技術の高さに感動しました!

米粉に適した米を選別して、米でんぷんが損傷しないように細かい粒子にし、空気に触れさせることで微粒子に含まれている水分を調整するなんて神業のようです!!
そんなデリケートな作業を経て、私たちの手に届くんですね。
すごいなぁ、素晴らしいなぁ、米粉!

そして、ここからが、またまたビックリなんです。

私たちが使う米粉はビニール袋に入っていることが多いですよね?
あのビニール袋をあけた途端、米粉が空気中の水分を吸うんですって!!!

新しい袋をあけたばかりの米粉を使った時と、しばらく置いてあった米粉を使う時では水分量が違うなぁ、と感じていましたが、製粉会社の方から「米粉にはそういう性質があります」と教えていただき、「やっぱり!」と納得でした。
米粉は呼吸して、生きているんですね!!

お菓子を作る時には、レシピに書いてある水分量を守ることが大切ではありますが、開封してから時間が経った米粉だったり、保管してある場所によって、米粉そのものに含まれている水分量が変わることがあります。
「前に作った時と生地の状態が違うなぁ」という感じがした時には、生地の状態をみながら水分を微調整してみてくださいね!

あれこれ考えてみると、今、私たちがおいしい小麦不使用のお菓子やパンを食べ、グルテンフリーライフを楽しむことができるのは、米粉のおかげ。
その土台には、米をさまざまに工夫して食べる和菓子文化があったから、ですよね。
言い換えれば、和菓子文化からゆるやかにグルテンフリーライフへと繋がっている、ということになりますね。

和菓子のルーツは、稲作が行われていた縄文時代の米を加工して食べたことに由来するという説もあるくらいなので、日本は紀元前から続くグルテンフリーの超先進国なのかも!?
壮大なロマンが広がります。
和菓子ブラボー!

我が家では和菓子が大好きなので、和菓子屋さんや甘味屋さんを見つけるとすぐに入ってしまいます。
和菓子といえば、やっぱりコレ!
豆大福です〜〜〜

今回は手作りしたものをいただきました!!
なんと幸せなことでしょう。

170316_1556~02

赤ちゃんの柔肌のように、ぽってり、もっちり、でも、コシがあって、食べていると豆のかすかな塩味、そして中のあずきのあん。
おーいーしい!
もう、至福の時間です。

和菓子を見ると「うわぁ、おいしそう! 食べたい!」と思う気持ちになり、食べると心も体も幸せに満ちあふれるのは、やっぱり米の国に生まれて、DNAの中でも米粉文化が息づいているからなのでしょうね。

和菓子はグルテンフリ―のものが多いですよね。
特に、お団子や大福などのお餅系の和菓子は、見てほっこり、食べてにっこり。
しかも、油脂などを含まず、心と体を幸せにしてくれるヘルシーなお菓子です。

おでかけしてグルテンフリ―のものが食べたくなった時、洋菓子屋さんに足を運んで「グルテンフリ―のものがない……」と嘆くよりも、和菓子屋さんで「うわぁ、あれもこれもグルテンフリ―。どれにしようかな?」と目移りしながら買うほうが楽しいですよね〜

米粉を見つけて買うのも、和菓子を食べるのもグルテンフリーライフの第一歩。
お互いに、おいしく、楽しくグルテンフリーで身も心も健やかに過ごしたいですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。