RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.03
19


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
3連休いかがお過ごしですか?
連休明けにはまた気温が下がるようですが、連休中は暖かさが続くようですね。
日当りのいいところでは桜のつぼみがふくらんできていて、花が咲くのが楽しみです。

「グルテンフリー」が特定の人たちだけの関心事ではなく、多くの人たちの生活の中に浸透してきているようですね。
米粉を使った加工食品やレトルト食品、小麦を使わないパスタや麺などもスーパーなどの棚に並ぶようになってきて、グルテンフリ―で食べる選択肢が増えているのは嬉しいことですね。

海外から輸入されているグルテンフリー食品もありますが、それらは欧米諸国の食文化や食の嗜好を反映したもの。
日本人が好むグルテンフリ―の味のバランス、食感、風味などに合うように、日本のメーカーの方が作ってくださるものがあれば、さらにおいしいものになりますね。

グルテンフリ―のカレールゥとシチュールゥがありました!
しかも、米粉のプロフェッショナルである製粉会社が作ったものです。
小麦を使わなくても、米粉でやさしい味わいに仕上げてあって、おいしいに決まってますね!!

ちょっと話がそれますが、日本で洋食のイメージがあるカレーライスとクリームシチューですが、実は「日本料理」です。

ご存じの方が多いと思いますが、もともとインドで食べられていたカレーがイギリスに伝わってイギリス人好みにアレンジされ、そのイギリス好みにアレンジされたカレーが日本に入ってきて、ごはんに合うように工夫され、とろりとした「カレーライス」になった、といわれています。

シチューのほうですが、欧米ではシチューというのは野菜やお肉のスープ煮みたいなものをさすことが多いです。
じゃがいもなどが煮溶けて、とろりとしていることもありますが。

日本のクリームシチューの歴史は、戦後の食糧難の際に脱脂粉乳の援助を海外から受けていたため、給食でおいしく食べられるように工夫されたことに始まります。
後に、ルゥでとろみをつけるシチュールゥが商品化されて日本人の食生活の中に浸透していったという説があります。

つまりは、カレーもシチューも日本料理。
日本料理なので、日本のメーカーが作った製品のほうが、日本人の舌に合うおいしさ、ということになりますよね!

お米で作ったカレールゥ
小麦・卵・乳製品を使わないルゥで、甘口と辛口があります。
*原材料は変わることがありますので、購入する際にはアレルゲンが含まれていないかご確認ください。

カレールー
カレー原材料


お米でつくったシチュルゥ
こちらは小麦と卵は使われていません。
乳製品は使われていますので、乳アレルギ―がある方はご注意ください。
*原材料は変わることがありますので、購入する際にはアレルゲンが含まれていないかご確認ください。

シチュールー
シチュー原材料

カレーもシチューもおいしいし、野菜をたっぷり入れてつくると、栄養バランスもとれていいですよね〜
ごはんにカレーをかけるのは当たり前ですが、シチューもごはんにかけるとおいしいんですよね!
米粉パンを焼いて一緒に食べるのもいいですね!!

カレールゥもシチュールゥも買い置きしておくと、冷蔵庫の中にあるものでパッと作れて便利ですよね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。














スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。