2017/04/12

どちらのカステラがお好みですか?

以前、いただいた米粉かすてらがとってもおいしかったので、食べたくなって注文しました。
食物アレルギーがある子どもたちがいない時の、自分用のお茶菓子に、と思いまして(笑い)

そして、偶然にも、ほぼ同じタイミングで、小麦粉のカステラをいただきました。

おおー、両方ともカステラ!
片方は米粉で、片方は小麦粉。

食べ比べたくなるのが人の性、というものですよね(笑い)

170412_0645~03

同じサイズではないスライスなのですが、気泡の違いがあるのはおわかりになるかと思います。

さて、どっちが米粉で、どっちが小麦粉でしょうか?

答えは、左側が米粉カステラで、右側が小麦粉カステラ。
見た目だけで言うと、小麦粉カステラのほうは卵をたっぷり入れ、和三盆を使った「特撰」ということで、一般的な小麦粉カステラよりもだいぶ黄色が強いですね。

食べた時の食感は、米粉カステラのほうがふんわりと軽く、小麦粉カステラのほうがコシがあってしっとり、というのでしょうか。
あくまでも食べ比べてみた時の私の主観ですが。

米粉カステラの原材料は、卵、砂糖、米粉、米飴。
小麦粉カステラの原材料は、鶏卵、砂糖、小麦粉、水飴、和三盆糖、白双糖。
増粘剤とか膨張剤などは含まれておらず、伝統的なカステラの材料である卵、砂糖、粉類というおおざっぱな分類での材料はどちらも変わりません。

食べてみても、「これ、米粉だよ」と言われなければ、どっちが米粉使用か、わからないんじゃないかなぁ。
カステラは小麦粉の印象が強いですが、米粉でもこんなにおいしくできるなら、グルテンフリ―のカステラが当たり前になってもいいんじゃないかなぁ。

食感や舌触りなども違うのでお好みによるとは思いますが、私は米粉カステラの軽さと口溶けの良さのほうが好きです。
ほうじ茶を飲みながら、いくらでも食べられそうですよ〜

ちなみに、この米粉カステラは、米粉を作っている小城製粉が運営しているブランドのせ製菓の製品です。

のせ製菓で販売しているのは和菓子と洋菓子なのですが、なんと、それらすべてがグルテンフリ―!
リンクから飛んで、見ていただくと、会社のホームページの中にコンテンツに商品リストがあります。
代金着払いでお取り寄せもできますよ。

米粉を使ったグルテンフリーのお菓子にご興味のある方は、ご覧になってみてくださいね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。









スポンサーサイト
料理関連