FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.04
24


12:00
しばらく更新できず、申し訳ありませんでした。
子どもたちを寝付かせながら、自分が一番はじめに撃沈……という情けない状態でした(汗)
新しい記事を楽しみにちょこちょこのぞいてくださっていた方、すみませんっっ!

さてさて、最近、私のまわりで「グルテンフリ―」だけでなく、「糖質制限」の話題も多く出るようになりました。
両方とも、一部の人たちの間の流行ではなく、一般的に知られるようになってきているのですね。
ベストセラーもたくさん出ていますもんね。

食に関心を持つ人たちが増えて、さまざな食品が開発されたり、本などで知識が広まっていくのはいいことですね!

ムスコが小さかった頃、ええと、かれこれ10年近く前くらいのことです。
糖質を急激に上げない食べ物を探しまくっていたことがあります。
「糖質」という言葉で考えていたのではなく、GI(グリセミック指数)が低いもの、という探し方でしたが。

たぶん、その当時は「糖質制限」という言葉は、専門家や医療従事者の間でだけ使われる言葉で、あまり知られてなかったんじゃないかなぁ。
私は糖質制限というのがいかなるものか、なぜそうするといいのか、詳しいことは知りませんでした。

とはいえ、GI値が低いもののほうが体にいい、甘いものが腸内環境を悪化させる要因になりうる、というのを何かの本で読んで、メープルシロップやアガベシロップなど、できるだけGI値の低めのものムスコのお菓子作りに使っていました。

10年一昔と言いますが、以前、私の身近な人が2人、自己流で糖質制限をしていました。
ご飯をまったく食べないでいて体調を崩したり(←ダイエットを目的)、入院したりする(←ご飯は食べないけど、お酒や揚げ物などは制限なし)、ということがあったため、今でも、私自身と家族が頑張って糖質制限をする、ということがポジティブにはイメージできずにおります……。

なので、私は「糖質制限」ではなく、「糖質が上がりにくい食べ方」の情報集めをしようと思う、今日この頃です。

いろいろな食生活のスタイルがありますが、私は何事もほどほどに、がいいのかなぁ、と思っています。
病気治療のための食事制限があったり、食物アレルギーがある場合には、しっかりと食事を管理しないといけないですが。

私は「ごはんをしっかり食べよう」派なので、ほぼ毎日、毎食、主食は米、おやつも米です(笑い)

今日は子どもたちのおやつに米粉のマフィンを作りました。
糖質制限ではないですが、お店で売っていた一番小さなマフィンカップを買ってきて作り、食べ過ぎないように。

170424_1609~01

サイズはムスメの手のひらくらい。
子どもにとって、大きくても小さくてもマフィン1個はマフィン1個。

KC4A0075(1).jpg

生地の量としては、大きなマフィン1個と小さなマフィン3〜4個が同じくらいなので、ちょっとおトクな気分です。
ふだんは「1個だけだよ」と言うのに、今日は「3個までいいよ!」と説明したので、子どもたちからは「うわぁい!」と歓声が上がりました。
数でたくさん食べている感を出すのも大事ですね(笑い)

このマフィン、作り方はとても簡単です。

<材料(小さなマフィン型8〜10個分)>
(A)
パウダーライスD        90グラム
*他の製菓用米粉でもできますが、油を30グラムにし、生地の状態を見ながら豆乳の量を増やしてください。
きなこ               10グラム
黒砂糖               30グラム
ベーキングパウダー      5グラム

(B)
オリーブオイル          15グラム
成分無調整豆乳         80〜85グラム
*黒砂糖に固まりが入っているか、粉末のものかで微妙に豆乳の量が変わります。最初は80グラムだけ入れてホットケーキの生地の固さになるように調整してみてください。

<作り方>
1)オーブンを170度に予熱する。
2)ポリ袋に(A)の粉類を入れ、袋の口をつかんで底をポンポンとはねあげるようにしてよく混ぜる。
3)2の袋に(B)の液体を入れ、袋の口をつかんで、袋の上からなめらかになるまで揉み混ぜる。ホットケーキの生地くらいの固さにする。
4)3の生地をマフィン型にこんもりと入れ、型の大きさによって、170度で12〜14分ほど焼く。焼き上がったらポンポンと指先で叩いてみて、弾力があれば焼き上がり。


焼き上がったらすぐに食べられます。
焼きたてはふわふわ、時間が経つとしっとりします。

人肌くらいの温度になったら新しいポリ袋に入れ、常温で保存してください。
油の量を控えているため、翌日になると水分が飛び、少ししまった食感になります。

翌日食べるために作るのであれば、菜種油を35グラムにして、豆乳を70グラムくらい(生地の状態を見ながら豆乳の量を要調整)にしていただくとよいかと思います。

オリーブオイルを35グラムにすると、めちゃめちゃオリーブオイルが主張します。
黒砂糖をちょっと入れたくらいでは風味をカバーできなくなりますので、ご注意を。

とはいえ、オリーブオイルはおいしいですし、体に良い油なので、風味をお菓子やパンにうまく活かせるように工夫してみたいと思います。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。












スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。