RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.05
11


12:00
お菓子作りをする時、砂糖は重要な食材のひとつですね。

メープルシロップ、アガベシロップ、蜂蜜など、液体の甘みもありますが、粉末になっていると計量も楽で、製品ごとの水分含有量などによるぶれがないため、私は粉末になっている砂糖を使うことが多いです。

一番よく使うのは甜菜糖なのですが、最近、頻繁に使うようになっているのがオーガニックの砂糖です。

170508_1434~03

甜菜糖は、サトウダイコンという主に北海道などの寒冷地で採れる作物から作られるものなので、体を冷やしにくいといわれています。

白砂糖、三温糖、粗糖、黒砂糖などはサトウキビから作られます。
サトウキビは沖縄などの暑い地域で育つ作物なので、体を冷やす傾向があります。

アジア諸国などでも、気温が高い地域ほど、飲み物でもお菓子でもたくさんの砂糖を使って、あま〜くしますよね。
このところ、急激に気温が上がってきたので、甜菜糖一辺倒ではなく、体を冷やす作用のあるサトウキビの砂糖を使うのもいいかな、と思っています。
おいしいからって、使いすぎちゃいけないですけれど(笑い)

農林水産省:食材まるかじりという特集記事で、砂糖について紹介されています。
サトウダイコンやサトウキビなどの作物の写真も掲載されていてわかりやすいので、ご興味があればご覧になってみてくださいね。

オーガニックの砂糖だと、私が知っているのは、サラサラとしたグラニュー糖のような粉末の白っぽいものと、黒砂糖です。
写真では3種類だけですが、さまざまなメーカーからオーガニックの砂糖は販売されていますので、製品によって粒子の大きさなど、異なる特長があります。

パンなどの色をあまり強くつけたくない時や、強い風味が出るのを避けたい時にはサラサラのものを使いますが、黒砂糖のほうが風味がありますし、ミネラルも含んでいるので、お菓子や料理に使う頻度が高いです。

ミネラルが含まれていて、風味があると、使いすぎなくて済むような気がします。
また、サトウダイコンから作られる糖分とサトウキビから作られる糖分とでは、サトウキビの砂糖のほうが甘さを強く感じます。
なので、私は、レシピで甜菜糖からサトウキビの砂糖の置き換える時にはレシピの分量よりもちょっと少なめに加える、といった使い方をしています。

そうそう、レッスンに参加してくださる方から、「どの砂糖がいいですか?」とよく聞かれるのですが、難しいですね。

レッスンでは甜菜糖を使っているのですが、それは体を冷やしにくいこと、血糖値の上昇がサトウキビと比べてゆるやかであること、微量のミネラルやオリゴ糖が含まれていること、などの理由によります。

砂糖に関することを調べていくと、精製度や栄養価に関すること、砂糖栽培や収穫時に使われる農薬や化学薬品のこと、価格のこと、労働環境、周囲の環境への影響のことなど、調べていくといろいろな情報が見つかります。

質問してくださる方は、こうしたたくさんの情報に触れているからこそ、悩んでおられるんですよね。

どういった根拠に基づいて書かれているのかといった情報の信憑性といったことも気になりますが、それぞれの情報の見え方や、使う方の価値観によって、「この砂糖はここがいいけど、こっちが気になるなぁ」みたいなことがありますので、ご自身で納得いくものを選んでお使いいただくのが一番良いのではないかと思います。

値段的なことは関係なく、使いやすくて、味のクセもなく、体への負担も他の砂糖に比べて少ないものは何かと聞かれたら、私は「オーガニックのメープルシュガーだと思います」とお答えしています。
あまりに値段が高いため、我が家では日常的に使うことはできませんが(汗)

砂糖などの調味料は毎日のように使うものだからこそ、しっかりと調べて、納得のいくものを適度に使いたいですよね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。