FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.05
19


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
前に、とてもおいしい食べ物を作ってらっしゃる農家さんたちが運営している夢農家というサイトがあるとお伝えしたことがありますが、また注文して、とっても立派でおいしそうな里芋の親芋と玄米が届きました。

前の野菜セットに入っていた里芋がすばらしい美味で、私がこれまでの里芋人生の中で1、2を争うおいしさでした。
その里芋の親芋もさぞおいしいだろうと想像していたら、想像以上にクリーミー!!
今日見たら、あの感動的な里芋も「在庫あり」になっていました〜

せっかく注文するなら、と、減農薬ハツシモという品種の玄米も注文してみました。

商品説明によると、種を消毒しているだけで、栽培している間は農薬などを使っていないそうです。
地下水をくみ上げて水をやり、雑草を手で取りながら育てている、ということなので、限りなく無農薬に近い減農薬ですね。
無農薬栽培と書くこともできるでしょうのに、とても良心的な表示です。

栄養価の面から考えたら、玄米はいいですね!
けれども、玄米はしっかり噛んで唾液と混ぜ合わせないと消化にしくく、胃腸に負担がかかります。
また、玄米はおいしいですが、含まれるフィチン酸がミネラルとくっついて体外に出ていってしまうので、そうした点も気になります。

そうはいっても、子どもたちに玄米の栄養分を取らせたい!
結局、うちでは、発芽玄米を白米に混ぜて食べさせるようになりました。

これまでは発芽玄米を買っていたのですよ。
おいしい発芽玄米ではあるのですが、値段も高いし、子どもたちがたくさん食べるようになってきたし、どうしよう……。

あーだの、こーだの、ごにょごにょ言っていたら、知り合いが(←趣味で野菜や米を作っている)、「発芽玄米が食いてえのか? 簡単に作れっつぉ。田んぼに植える時と同じだ。暗い所で水に入っちょいたら、すぐに芽が出っつぉ」。
どうすればいいのか、やり方を教えてもらいました。

おいしい玄米を買うことができたので、早速、発芽玄米作り。

まずは、玄米を水で洗ってから、たっぷりの水につけて吸水させます(←ボウルでも鍋でもいいので、フタをして光を遮断できるものを準備してください)。

水を何回か変えながら、1日〜1日半ほど水につけておくと、玄米が水を吸って半透明な色になり、ふっくらしてきます。
農作物や空気中、私たちが生活している場所にはさまざまな菌がありますので(←害がある菌ばかりではありませんが)、水をかえずにつけたままにしておくと雑菌が繁殖する可能性があるため、きれいな水に変えて衛生的に発芽されせるといいんですよ〜

ぷっくりしてきたら、あと一息!
水をとりかえながら半日ぐらい置いておいて様子を見ると、ぴょっこり可愛い芽が出てきますよ〜

知り合いは、「たまに水から落っこちて出っちまうのもあっけど、最初にがっちり水を吸わしておけば、その辺に落ちてても芽が出んだ」と言っていたので、ふっくらするまで吸水させたら、あとは水を入れておかなくても発芽はするのかもしれません。
今度、うまくいくかやってみます。

ハツシモの玄米、発芽しました!

170519_0604~01

粒の横っちょのほうに、ぴょいと飛び出しているものがあるのですが、わかりますか?
まるでひよこのくちばしみたいで、可愛いんですよ。

ハツシモ発芽玄米をさきほど炊いてみたのですが、とっても味が良かったです!!
一口食べると、もっともっと食べたくなる味。
うまみが強いんでしょうかね。

発芽する時に玄米の中のでんぷんが酵素で分解されてアミノ酸ができるから、ハツシモのおいしさ+アミノ酸っていうことなのかもしれません。

パンはパンだけで食べても物足りないけれど、米は米だけ食べてもおいしくて大満足というのがすごいですよね!

去年、農林水産省の発表した統計データだったかと思うのですが、20代の男性の20パーセントが1か月に1回も米を食べていないというものがありましたよね。

私も子どもたちもお米が大好きで、毎日食べるのが当たり前と思っていますが、食べつけないと食べなくてもいいや、って思っちゃうんでしょうかねぇ。
お米のない食生活なんて、ものすごく損しているような気がするけどなぁ……。

おいしいお米、もっともっと食べましょう!
おいしい米粉、もっともっと使いましょう!
食生活がとっても、とーーっても豊かで健康的になりますよ〜

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。