FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.07
03


12:00

このところ、ムシムシして暑いですね。
食べたいけれど、食べられないというのは、つらいですよね。

しかし、食欲全開だった20代の頃の私は、夏バテで食欲が出なくなっても「食べられなくて体重が減るから、まあ、いいか」なんて軽く考えていました。
今、思うと、不健康ですよね(汗)

当時は、当然のことながら食べなければ体重が落ちますが、体力や気力がなくなってだるいし、筋肉も落ちて代謝が悪くなるから、生理不順や便秘になって体調は悪いわ、食欲が戻る秋口から体重が急激に増加して、ベソをかく、ということの繰り返しでした。
結局、ちゃんと食べながら体重が減っていかないと、リバウンドしちゃうから心身ともによくないですよね……。

さてさて、昨日、ひさしぶりに体重計に乗ったら、去年の同じ時期よりも4キロほど体重が落ちていました。
びっくり!!!

ダイエットをしたわけでもないので、原因は何かな? と考えたのですが……。

季節に合わせた旬の野菜(←冬に夏野菜のトマトやキュウリを食べない、など)を、よく噛んで食べるようにしたことが原因かも!?と思い到りました。

私は発芽玄米を混ぜたごはんをしっかり食べ、野菜をたくさん入れたお味噌汁を飲むようにしています(←味噌汁が面倒なら味噌をつけておにぎりなどでも可)。
野菜には食物繊維があるし、味噌は発酵食品なので、両方ともお腹にいいですよね!

野菜・肉・魚・豆・乾物など何でもおいしくいただいていますが、冷え性を解消したいと思って根菜を中心にして食べていたので、自然に噛む回数が増えていたのでしょうね。
栄養価を高めたいと思って白米に発芽玄米を混ぜて食べているのも噛む回数が増える要因になりますよね。

噛んでいると、唾液の中にパロチンというホルモンの一種が出ます。
パロチンは別名、「若返りホルモン」とも呼ばれ、アンチエイジングや美容にも良いといわれています。

余談になりますが、唾液腺ホルモン「パロチン錠」という白内障や手が荒れる時の治療薬がありました。
薬の製品名になるほど、パロチンは目覚ましい効果を発揮したのですね。
この薬には牛の唾液腺を原料として用いていたため、BSE発生によって原料確保ができなくなり販売中止になったそうですが。

話を戻します。
やわらかい食べ物を口に入れて30回以上噛むことは難しですが、野菜などの食べ物をちょっと歯ごたえが残るくらい調理すると、必然的に噛むことになるので、噛む習慣をつけるのにいいですね。
たくさん噛むと、噛むことが脳の刺激になり、脳の活性化にもつながるそうですよね。

ごはんやパンなどの主食を避ける食べ方も注目されていますね。
私はごはんが大好きなのですが、食物繊維のあるものを先に、よく噛んで食べることで血糖値の急激な上昇は緩和できるかな、と思います。

しっかりと噛んで、体に必要なものをバランス良く食べていると、結果的に、体調を整え、体重の増加を抑えることができます。
暑くなると水分が欲しくなりますが、大量の水分を一気にとったり、食事中に、お茶やお水を飲むと胃液が薄まって消化する力が落ちてしまうので、食後、しばらくしてから飲むようにするのも、胃腸にやさしい食べ方です。

お互いに、夏バテや夏風邪、熱中症などに気をつけ、元気に過ごしたいですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。