FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.10
10


12:00
みなさん、いかがお過ごしですか?
上着が必要なほど気温が下がったり、夏のような暑さがぶりかえしたりしていて、身体が落ち着かないですね(汗)

けれども、見上げると、空と雲がとってもキレイで、「ああ、秋なんだなぁ」と感じます。
あと、やけにお腹がすくので、食欲で秋を実感しています(笑い)

今月のゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふたがアップされました。
よろしければご覧になってください。

今回はムスコがアトピーだと判明した前後のことを書いています。
その頃のことを思い出し、胸がいっぱいになってしまい、なかなか書き進められませんでした……。

ムスコが生まれたのは11年ほど前のことになるので、ムスコが赤ちゃんだった当時と今ではアレルギー事情はまったく違います。
アレルギー(特にアトピー)の治療法は医療機関や民間療法などさまざまありましたが、統一された治療法というのは確立されていませんでした。

私の場合、アレルギーの情報の多くはインターネットで得ていたため、その真偽のほどがわからずにふりまわされて、実も心もへとへとになっていました。

もしも昔の自分に会いにいけるなら、「今すぐ、パソコンを閉じて、アレルギー専門医に相談しに行きなさい」とアドバイスしますよ!

アレルギーになるとたくさんの不安もありますし、心配もあります。
私の場合は、食生活や生活環境のこと、というよりも、大きな懸念は薬のことでした。

薬に対してはさまざまな考え方があると思いますし、価値観によっても異なると思います。
そうした治療法に関することよりも先にアレルギー専門医に診断をしてもらい、アレルギーの度合いを正しく認識することが大切なのではないかと私は感じています。

第一に、正しい診断をしてもらうこと。
第二に、薬のことや治療の方向性。
この2つをごっちゃにせず、1つずつ「自分はどうしたいのか?」と考えていくことで、選択肢が見えてくると思います。

先生との相性もあるかと思いますし、アレルギーの治療法は日進月歩なので、疑問に感じることがあったら、セカンドオピニオンなどを求めるのもアリですよね!
私の場合ですが、セカンドオピニオンのおかげで、今の元気なムスコがいます。

今さら言っても仕方のないことですが、私はムスコを早くアレルギー専門医に診てもらわなかったことを深く、深く後悔しています。
もしかして、もっと早くアトピーの確定診断をしてもらっていたら、経皮感作による食物アレルギーを避けられたのではないかという可能性もなくはないだろうと思いますし。

その時々で、一番良い選択肢を選んできたつもりだったので過去の自分を責めるのは酷だとは思いますが、でも、やはり、「あの時、こうしていれば」と考えてしまうのはアレっ子母のさがでしょうかねぇ……。

悩んだり、選んだり、喜んだりしながらアレルギーは快癒していくものだろうと私は思っています。
アレルギー体質という根っこの部分は変わらないとしても、日常生活に支障が出ないように、楽しく過ごしていく方法を見つけられるはずですよね。

お互いに、時々凹むことはありますが、一歩ずつ前に進んで行きましょうね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。