FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。国際薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.11
02


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
なかなか更新ができず、申し訳ありません。
いろいろとやっているのですが、それをブログに書く時間を見つけられなくて……。
ああ、一日が50時間くらいあればいいのに(笑い)

食べ物はすごいなー、と薬膳の勉強をしながら思っていたのですが、「ええええー!」と絶叫してしまうようなことを聞き、食物の力に深く、深く、感動しています。

というのも……。

薬膳と中医学で、早期閉経になったのに生理が復活して、しかも、妊娠&出産をなさった方がいる、という話を聞いたからなのです!!

中医学では、女性の生理は49歳くらいで閉経になると言われています。
その前後、数年間が、いわゆる更年期ですね。

多くの人が45歳くらいから50歳くらいの間に閉経しますが、近年では、40歳になるやならずのうちに閉経してしまう、早期閉経の方も増えているそうです。

早期閉経になってしまってから時間が経ってしまうと、さすがにどうにもならないようなのですが、月経の頻度が少なくなって来た、量が減ってきた、といった閉経の徴候があったら、できるだけ早く、薬膳や中医学に詳しい先生がいる病院を受診なさるとよいかと思います。
食事指導や体質に合った生薬を処方してもらうことで、生理が整ってくることがあります。

薬膳的な視点で見ると、食べ物には、血を増やしたり、血の巡りを良くする、たまったストレスをとりのぞくなど、と、食べ物によってさまざまな効果があります。

中医学では、食べ物そのものよりも、さらに効果の強い生薬を用いることによって、身体の中のバランスを整え、健やかに導くことで、本来あるべき力を取り戻すことができると考えられています。

その早期閉経の方は、40代前半で閉経の徴候が見られたため、薬膳&中医学&体外受精をなさり、50歳で念願の赤ちゃんを授かった、ということでした。

私がお世話になっている中医学の先生は、日本の女性は冷えやすい食べ物を好み、冷えやすい服装をしているため、婦人科系の不調に悩むことが多いのではないか、と分析しておられます。

また、ダイエットをしている女性が多いからなのか、きちんとした食事をとっておらず、それが不調の根本的な原因になっていることもあるため、まずは、ごはん・肉・魚・野菜をまんべんなく食べることが大切、ともおっしゃっていました。

体調がすぐれないと悩んでらっしゃる方から、私も相談を受けることがあります。
生理に関すること、妊娠に関すること、出産後に関することなど、女性の身体の変化によって生じる心身の不調について悩んでらっしゃる方など、さまざまです。

たとえば、食物アレルギーであれば、食べてはいけないもの、避けたほうがいい食べ物を意識した生活をしていますが、婦人科系の不調というのは、どういう食べ方をすれば心身を健やかに保てるのか、ということがわかりにくいので、どうしたらいいのだろうと困っておられるのでしょうね。

薬膳では、大きな病気や不調になる前に、日頃の食べ方で健康を維持していくことを目的としています。
ある目的のために効果を出そうとする食べ方は多種多様あるのですが、まずは、あまり難しく考えず、「なんだか、だるいなぁ」とか「調子が悪いなぁ」という時には、主食をしっかり食べて、おかずを一品、それに野菜をたっぷり入れたお味噌汁を飲むといいですよ。

それに加えて、下半身を冷やさないように、できるだけ靴下やパンツをはく、などといったことを積み重ねていると、指先や爪先がイタいほど冷えていたのが徐々に解消していきます。

冷えすぎると、それが痛みにつながります。
身体が冷えていると血のめぐりが悪くなり、生理の時に血がドロドロになったり、血のかたまりができたりして……ということが起こります。
肩こりだけでなく、腰痛や頭痛も血のめぐりが悪くてことがあるんですよ。
生理中、そういう不調に悩まされてらっしゃる方もいらっしゃいますよね、私もそうでしたが(笑い)

ちなみに、市販のお菓子やスナック菓子、菓子パンなどといった糖分や油脂分ばかりが多くなりがちなものをたくさんとっていると、血の巡りや気の巡りが悪くなるため、身体が冷えやすくなります。

サンドイッチなどはヘルシーなイメージがありますが、パンの材料になる小麦は身体を冷やしますし、生野菜も身体を冷やします。
パンに塗るバターや、野菜につけるマヨネーズは油脂分が多くてカロリーも高く、体調がすぐれなくて悩んでいる方は避けたほうがいいですね。

自分の身体が冷えているかどうかが簡単にわかる方法があります。

日中、お手洗いに行った際などに、下腹部に手のひらを当ててみます。
もし、ヒヤッとするようだったら、身体の芯から冷えています。
子宮のあたりが冷えていると、生理や妊娠にも影響します。

お腹のあたりにカイロをはって外から温めるというのもいいですが、根本的な原因を解決しようと思ったら、やはり、身体を温める食べ物を口にするようにし、身体を増やさないような服装を心がけることでしょうね。

身体も心もポカポカしていると、女性は健やかな毎日を過ごすことができますよ。

空気が爽やかで、食べ物がおいしい季節。
お互いに、気持ちのよい毎日を過ごしたいですね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。














スポンサーサイト