FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.02
27


12:00
寒い、寒いと思っていても、ずいぶん春めいてきました。
ひなただと陽射しが温かいので、ソメイヨシノのつぼみも色づいてきていますね。
日々、桜色に染まっていくのを見るのは楽しいですね。

「アマゾンで本が届きました」というメールを何人かの方からいただきました。
ありがとうございます!!
もう届いている地域もあるようですが、もう少しかかるところもあるようですね。

場所によっては、本屋さんでも並びはじめたところもあるようです。
ご近所の本屋さんで見つからない時には、店員さんに聞いてみていただけると嬉しいです。

寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルトがみなさんのお宅に置いていただけると思うと、私も嬉しくて、ドキドキ、ワクワクします。
ほんとうに、ありがとうございます。

この本を手にしてくださった方から、お問い合わせがありました。

「タルトは一度も作ったことがないのですが、初心者には難しいですか?」

さっそくのご質問、嬉しいです!

私のレシピでは、小麦粉の時のように生地を作って伸ばして型に敷き、型からはみ出たところを切り落とし……という工程はなく、米粉と粉寒天のタルト台の生地を型の内側に押し付けて伸ばしていくだけなので、普通のタルトよりもかんたんです。

タルト台は、クッキーの生地と作り方は同じで、ポリ袋に材料を入れてもみもみして型に敷き詰めます(←私は底が抜けたいタイプの型を使っています)。
そこにフィリングを詰めるだけなので、一般的なタルトよりも手間が少ないんじゃないかな、と。
それに、米粉にはグルテンがないので、こねすぎても、練り直しをしても、全く問題ありませんから、緊張せずにトライしていただけます。

どのレシピが作りやすいかということでしたら……。
おすすめは、タルト台にフィリングを詰めて一緒に焼き上げるタルトです。

ムース状のフィリングだと「タルト台を空焼きする→タルト台にフィリングを詰めて冷ます」という二段階の工程があります。
でも、焼き上げるタイプだと「タルト台にフィリングを詰めて焼く」という工程だけでできます。

なので、はじめて作る時には、タルト台とフィリングを一緒に焼き上げるタルトのほうが作りやすいかもしれません。

また、タルト台とクラストを一緒に焼き上げて作ったタルトは冷凍保存できます。
そういう意味でもお手軽ですよ♪

この写真はティーケーキタルトと黄桃タルトを半分だけ、残りの半分を冷凍保存しておいたものです。
ちなみに、冷凍する時には、ラップで包んで密封袋に入れます。

160226_1010~09

このタルトは冷凍庫から出したばかりなので霜がついていますが、冷凍庫に入れた状態のまま、室温で解凍していただけば大丈夫です。
解凍した後は、温かい場所に長時間置いておくとタルト台がもろくなりますので、冷蔵庫に入れてくださいね。

タルトといっても甘さ控えめ、こってり濃厚な味と食感ではないので、食べ飽きしません。
子どもたちと一緒に食べる時には、「もう少し、食べる!」「おかわり!」と、タルト1ホールがちょうど1回のおやつ分になっています。

米粉のタルト、しみじみ、おいしいですね〜

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルトをよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。