RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.02
29


12:00
ムスコが小麦アレルギ―のため、保育園時代には麺類はいつも代替えを持参していました。

最初は、茹でたきび麺を持って行っていたのですが(←米麺よりものびにくいので)、お昼になると、くっついて「麺のおだんご」に(涙)
汁に入れれば多少ははがれるのですが、今度は短く切れてしまうので、ムスコはあまり食べてくれませんでした。
うちで茹でたてを出せば食べてくれていたのですが。

その当時からほんの数日前まで、「麺類の持参は難しい」と思っていました。

「麺類って、どうやってお弁当に持って言ってますか?」という小麦アレルギ―のあるお子さんを持つ友人から質問され、「麺類は難しいんですよね」なんて答えていたのですよ。

でも、ふと頭をよぎったのが、私の母の言葉。
「そのへんのうどん屋さんで食べるより、冷凍うどんを買ってきて食べたほうがおいしいことがあるんだよ」

そうか! 冷凍という手があったか!!
茹でて冷蔵しておくとのびてしまうけれど、冷凍しちゃえば大丈夫、ってことよね。

ダメもとで手打ち米粉うどんを作り、冷凍してみたら、お〜いしい!!!
つるつる、しこしこじゃありませんか〜

自分だけだと評価が甘くなっちゃうかもしれないと思い、ごまかしなし、おせじも言わない2歳のムスメに試食してもらいました(笑い)
「ちゅるちゅる、つくったの? たべるぅ! おいちいね」

やったー、大成功!!
ということで、やり方を書きたいと思います。

お弁当として冷凍うどんを持参する時のことを想定しています。
ムスコのお弁当箱は保温タイプで、容器はレンジOKです。

1)太めの米粉うどんを打つ。

160219_1020~48

1センチ弱くらいの太めのうどんにすると、外側がふやけても内側はコシが残っているので、おいしいみたいです。

2)茹で上がったら、ぬめりが残らないようにしっかりと水洗いする。

ぬめりが残ったままにしておくと、解凍した時にべたつきます。

3)茹でた米粉うどんを容器に入る大きさし、クッキングシートを敷いた密閉容器に乗せ、冷凍する。

160219_1029~16

あとでレンジ加熱して解凍するため、レンジOKの容器に入る大きさにしておくといいです。
また、うどんをボール状にまとめておくと中心部に火がとおりにくいため、平たくして冷凍してくださいね。
冷凍し終わった後だと、大きさを変えることはできませんのでご注意を。

4)レンジOKの容器に汁を用意する。茹でた米粉うどんを冷凍保存する。

160219_1155~55

この時は、だし汁に前日の残りの煮物の具を小さく切って入れ、醤油を加えて味を整えて、けんちん汁風にしました。
だし汁がない時には、煮物の汁を薄めて使うと、いい味が出ていますよ〜

冷凍保存は難しいけれど、冷蔵保存はしてもらえるという場合には、保冷バックに冷凍したままの米粉うどんと保冷剤をたっぷり入れて冷蔵庫に入れておいてもらうと冷凍がそれほど溶けずに済むと思います。

5)冷凍したままの米粉うどんを冷たい汁に入れて、ラップをしてからレンジでチンしてできあがり!

160219_1201~43

ムスコのお弁当だと、汁が100ccほど入ります。
この時は、冷凍したままのうどんを入れ、汁にひたるようにしてから、レンジの600ワットで3分ほど加熱しました。
汁は冷蔵していないので、冷蔵ひえひえの汁だと、もう少し、加熱時間が必要かと思います。

汁やうどんの量、レンジの強さで加熱時間は変わります。
ご自宅でベストな状態を試してみてくださいね。

お弁当でなくても、冷凍庫に米粉うどんを作っておくと便利ですよ〜

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルトをよろしくお願いします。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。