FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.05
31


12:00
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルトを出版させていただいて、およそ2か月。

「本、届いたよ〜」というご連絡以外にも、「作ったよ!」「(小学校や保育園、幼稚園の先生に)プレゼントしたら喜んでもらえたよ」というご報告をいただくことが多くなりました。
ありがとうございます!

そして、幸せなエピソードもいろいろと。

学校にあがる前の小さなお子さんたちと一緒に作った時の楽しく、可愛いお話もたくさんうかがっているのですが、「母の日に子どもたちがタルトを作ってくれました。嬉しくて食べるのがもったいなくて、ずっととっておきたかった」というご連絡をいただいた時には、思わずうるうるしちゃいました。

ご家族の幸せなひとときに私のレシピを使っていただき、とても嬉しく思います。
ほんとうにありがとうございます!

さてさて、タルトの型についてお問い合わせをいただきました。

寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルトタルトのレシピでは、直径8㎝と、直径16㎝の底が抜けないタイプの型を使っています。

もし、16㎝サイズのタルト型をお持ちでない場合、18㎝や21㎝といった大きめのサイズをご使用になるよりも、小さめのサイズをお持ちでしたら、小さめのサイズを使っていただくことをおすすめします。

私のレシピでは、タルト台をさっくりとした食感になるようにしています。
米粉のクッキーやタルトで「さっくりする」というのは、「生地がもろくなっている」ということでもあります。

また、卵・乳・大豆などのタンパク質を利用せずに生地を作っているため、タルト台をはずす時にかかる力やゆがみを吸収できるような柔軟性に欠けます。

そのため、16㎝よりも大きな型で焼くとと、型からはずす時に割れてしまいます。

お菓子の道具の専門店などで新しい型を買うとなると悩んでしまうかもしれませんが、100円ショップなどで売られている金属のタルト型でも大丈夫なので、できれば16㎝の型をお使いいただければと思います。

タルト生地を麺棒でのばして成型してから型にのせて整えるのではなく、型に生地を押し付けるようにしていくので、底の部分が自由に動くようになっている底が取れるタイプのタルト型よりも、底が取れないタイプのタルト型のほうが作業がしやすいです。

タルト台の生地を押しつける作業がやすく、火がまんべんなくとおるという理由で、シリコンなどの軟らかい素材よりも、ステンレスやスチールといった金属素材のほうがおすすめです。

ご参考までに、100円ショップで購入した8㎝と10㎝のタルト型で、リンゴのカスタードタルトを作ってみました。
ちなみに、8㎝の型は3個セット、10㎝の型は2個セットでそれぞれ100円でした。


160531_1150~01

本に掲載した16㎝のサイズのリンゴのカスタードタルトは、3〜4人でカットして召し上がっていただくのにいいサイズです。

写真右側のタルトが8㎝、左側が10㎝。
リンゴの皮の赤をアクセントにしました。
大きさが違うので上に飾れるリンゴのソテーの量が違いますが、小さいタルトは手で持ってパクッと食べられる手軽さがいいですよね〜

涼しげかな、と思ってガラスの水色のお皿にのせたので、せっかく作ったタルトの色が悪くなっていますね(汗)
実際には、もっと温かみのある色にできあがります。

タルト台を空焼きしてフィリングを詰めるタイプの16㎝のタルトを調整する場合、レシピの生地の量を8㎝であれば4個、10㎝であれば3個にわけてください。
レシピ量だとフィリングは余ってしまいますので、余ったフィリングは小さな容器に入れて固めて召し上がっていただければと思います。

160531_0642~01

10㎝と8㎝のタルト型を並べてみましたが、このくらいのサイズ感の違いがあります。

焼き上げたタルト台は密封袋に入れて冷凍保存できます。
たくさん焼いた時には、フィリングを詰めず、冷凍保存しておくと、あとで常温解凍すればすぐに食べられるので(←凍ったままでも固くならず、冷たくておいしいです!)、とても便利ですよ〜

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルトは小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ不使用のレシピが満載です。


グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピが好評発売中です。毎日のごはんやおやつに使い勝手のいいレシピを選りすぐりました!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。