RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.06
14


12:00
春を過ぎたあたりから、「グルテンフリー」という食のあり方がより広がってきた気がしませんか?

私の場合、ムスコの学校やムスメの保育園、実家のご近所さんなどなど、いろいろな場所で、「グルテンフリーにしようと思うの。難しいかな?」と立て続けに聞かれ、嬉しいやら、驚くやら、でした。

聞いてくださった方々は食物アレルギーがあるというわけではなかったのですが、授乳中や小さなお子さんのママ、冷え性と生理痛など婦人科系の不調があるため、など、さまざまな理由で、小麦・油・乳製品・砂糖を多く使う欧米風のボリュームたっぷりの食事に疑問を持っていらっしゃいました。

「小麦抜きにはしたいけれど、パンとパスタや麺類、お菓子を食べられなくなるのが困る」というのも、みなさん共通の思いでした。
やっぱり、そうですよね〜

家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピではパン、パスタ、お菓子などいろいろなメニューを掲載していますが、「家族に作ってあげたら喜ばれました!」とご連絡をいただくベスト3のひとつが「米粉食パン」。
パンはやっぱりおいしいですし、食べたいですよね〜

ちなみに、ベスト3の残りの2つは、「水餃子」と「うどん」です。

私の米粉食パンのレシピでは、ミズホチカラというグルテンや増粘剤を含まない米粉パン専用粉を使い、ふわもちできめ細かい米粉食パンを焼き上げることができます。

パン講座1(画素数小さい)

食べたことがない方は驚かれることが多いですが、米粉のパンは小麦のパンとはまったく異なる味と食感です。
原材料が米なので腹持ちがいいですし、乳製品や卵、大豆も使っていないので、ひじきやきんぴら、切り干し大根などともよく合います。
私の父は、トーストした米粉食パンに醤油であえた山盛りの納豆をのせる「納豆トースト」が大好物でした(笑い)

掲載したレシピでは、フタ付きの一斤型を使い、オーブンで焼き上げるのですが、「パン型でないとダメですか?」「パウンド型でもできる?」「オーブンがないとムリですか?」というお問い合わせもいただいています。

乾燥しやすい米粉のパン生地をおいしく焼き上げるためには、フタ付きのパン型を使い、オーブン内で安定した温度で焼き上げる必要があるのですが、他のやり方でも焼いてみました。

160613_0715~01

画像の奥に写っている長方形のパンは、レシピどおり、オーブンで一斤型を使って焼き上げたもの。
マドレーヌ型になっている白っぽいのが、フライパンに並べ、フタをして乾燥しないようにしながら、弱火で焼き上げたもの。
小さなパウンド型のものは、魚焼きグリルでアルミホイルをフタのようにパウンド型にかぶせて、じっくり焼いたもの。

味と食感は、オーブンで焼き上げたパンがだんとつにおいしかったのですが、2番目は意外にも魚焼きグリル。
ぐぐぐーーーーっと味の差が開いてしまったのが、フライパンで焼いたパンでした。

フライパンで焼いたものは焼き色がついていないため、粉っぽく、ぽそぽそした味。
シンプルなレシピであるがゆえに、焼き色をつけて香ばしさを与えることが、米粉食パンの味わいアップのための大きなポイントのようです。
フライパンで焼いても、ひっくり返して焼き色をつければ、もう少し全体的な味のバランスが良くなるのかもしれませんが。

以前から、オーブンがなくても手軽にグルテンフリーのパンを楽しめるようにできないかなぁ、と思い、魚焼きグリルやオーブントースターで試作しています。

魚焼きグリルは庫内の温度が一気にあがって火力が強いので、それをコントロールするのが難しく、オーブントースターだと温度が不安定になりやすいため、なかなか思うようにはいきませんが、工夫次第でおいしく焼き上げられる可能性は大!

オーブンがあってもなくても、食物アレルギーがあってもなくても、みんながおいしく、手軽にグルテンフリーのパンを楽しめるようにできたらいいな、と思っています。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。