RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.06
27


12:00
先日、お店屋さんに行き、オーブントースターを買いました。
今どきのオーブントースターって、ものすごく進化しているんですね〜

「オーブンとどこが違うんだ!?」と思うほど高機能で高価格のもの、「トースト」「グラタン」「おもち」などメニューボタンで自動的に温度と時間を調整できるタイプのものなどもありましたが、それだと使い方が決まってしまうので、私は温度と時間を調整できるタイプに。
最低限の機能があればいいので、消費税込み4000円ほどのお手頃な価格のものを選びました。

「うちにはオーブンがあるから」と思って買うのをためらっていましたが、あると便利なものですね!

今までは、米粉食パンをトーストするのに魚焼きグリルを使っていたのですが、オーブントースターだと黒く焦げる部分なしに、全体的に良い色になります。

魚焼きグリルだと、外側サクッと、内側もちっと直火で焼くようにおいしく焼き上がりますが、ひっくり返したりしないと黒く焦げる部分ができてしまったりするので、オーブントースターのほうがラクチンです。

その名も「トースター」ですもんね、トーストが上手に焼けるはずですよね(笑い)

そこで思ったのが、温度調節ができるオーブントースターならクッキーが焼けるんじゃないか? ということ。

何度か魚焼きグリルやフライパンでクッキーを焼こうと思って試したのですが、我が家の場合、真ん中あたりの火力が強くなるようで、弱火にしていても焦がさないようにつきっきりで見ていなくてはならないので、「こんなに面倒なら、オーブンに軍配が上がるよね」と思っておりました。

でも、このオーブントースターなら火がまんべんなくまわるようですので、一部のクッキーだけが焦げることもないかも!?

さっそく、焼いてみました。

レシピは、寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルトに掲載した「玄米寒天サブレ」です。
材料はレシピどおりですが、火のとおりがよくなるように、生地の厚さを5ミリほどにして、小さめの型で抜きました。

オーブンよりもオーブントースターは温度が下がりやすいので、トースターの温度を180度にして10分予熱してから、アルミホイルに並べたクッキー生地を入れ、20分ほど焼きました。

玄米寒天サブレ

全体的に焼き色はほとんどつかなかったのですが、サクッとした焼き上がり。
「中心部が生焼けになるかな?」と思いながら焼いていたのですが、そんなことはなく、おいしかったです。

カボチャや里芋を使った生地でも試してみましたが、こちらはあまり歯触り良く焼き上がらなかったので、野菜に含まれる水分を飛ばして焼き上げるタイプのクッキーは、オーブントースターとの相性はあまりよくないかも。

粉類・油脂・シロップというシンプルな材料のものだと上手に焼き上がるようなので、オーブントースター向きのレシピを考えてみたいと思います。

グルテンフリー、アレルゲンフリーの市販品のお菓子を探したり、取り寄せするのも楽しいですが、食べたい時にすぐ作って食べられるのも楽しいものですよね!

お菓子は気持ちをやわらげ、ホッとさせてくれますね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。