FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.07
11


12:00
今日は暑いですね〜

「暑い季節は暑く、寒い季節は寒く、という過ごし方が体のバランスを整えるんだよ。夏の冷えは秋口からの体調を崩すことにつながるから要注意」

これは中医師(←中国の伝統的な医学を用いる医師のこと)の先生から何度も何度も言われたことです。
私には婦人科系の不調があったため、繰り返し繰り返し、「体を冷やさない食べ方」について教えていただきました。

飲食物は一年をとおして、基本的に火を通した温かいものを口にすること。
常温であっても、体温より低いのだから「体を冷やす」と考えるべきで、冷蔵庫から出したばかりの飲食物を口にするのは避けること。
夏野菜は体を冷やす作用があるので塩を一緒にとり、冬には食べないように。
ごはんをしっかり食べる。
などなど……

あと、言われていたのは、「首がつく場所を冷やさない」。
首のつく場所というのは、首・手首・足首です。

「下腹部を手のひらで触れてみて、下腹部がひんやりと冷たく感じるようなら、体の中心部が冷えている」という目安になるとおっしゃっていました。

いわれてみれば、手のひらの温度よりも下腹部の温度が低いから手のひらが温かく感じるわけですし、外に露出している手のひらよりも衣類に覆われている下腹部のほうがひんやりしているということですから、体の内側から冷えているというのも納得でした。

触ってみてひんやりするから不調が生じるというわけではないでしょうが、私の場合は冷えが不調の原因のように思われたので、夏でもシルクの腹巻きをしていました。
毛糸や化学繊維のものだと蒸れて痒くなったりしたので。

エジプト旅行に行った時、気温は35度以上、ひなただと40度近くもあったのに、その時も腹巻き。
というのも、観光地のレストランだとクーラーがガンガンかかっていて、室温を見ると18度!!
尋常じゃない冷やしっぷりでした(汗)

日本だとまずこんなことはないでしょうけれど、でも、室内は寒くない程度になっていると過ごしやすいですよね。

いきなり、まったく関係ない話になってしまい恐縮ですが、今朝、急にココア味のお菓子が食べたくなりました。
ちょうど小豆を甘く煮てブレンダーでペースト状にしたものがあったので、それを使って焼き菓子を作ることに。

私は小豆、特にこしあんが好きなのですが、できるだけ繊維質をとるために、豆を煮て皮ごとペースト状にして「自家製こしあん」にしています。
煮たら小分けにしてラップに包み、密封袋に入れて冷凍し、お菓子作りや白玉団子の時のあんとして使えるので便利ですよ〜

手前が焼きドーナツにアイシングをかけたもので、うしろのほうが粉砂糖をふりかけたものです。
ずいぶんと印象が変わりますね。

160711_1348~01

この焼きドーナツ、ホワイトソルガムという白たかきびを粉にしたものを入れているので、ほろほろとした食感です。
雑穀の独特の風味とココアと小豆ペーストの相性は良かったのですが、もう少し、しっとりとした食感にしてもいいのかなぁ。

またあれこれ調整してみようと思いますが、今日の時点でのレシピを書いておきますね。

=グルテンフリーのココアドーナツ=
<材料(ミニサイズのドーナツ約10個)>
(A)
ホワイトソルガム粉       50g
米の粉              40g
ココアパウダー         20g
甜菜糖              40g
重曹                小さじ1/3
自然塩              ひとつまみ

(B)
あずきペースト(またはこしあん) 40gくらい
*含まれる水分によって、生地のかたさが変わります。
ココナツミルク          70g
菜種油              30g
りんご酢             20g

(C)
粉砂糖              大さじ2
水                 小さじ1/3〜半分くらい
*アイシングの状態を見ながら加減する。

<作り方>
1)オーブンを170度に予熱しはじめる。(A)の粉類をボウルに入れ、泡立て器でかき混ぜる。
2)1のボウルに(B)を加えてよく混ぜる。ホットケーキの生地よりも気持ち固いくらいの生地になるように、必要であれば、ココナツミルクを足す。
3)分量外の油を塗った型に入れ、表面がたいらになるように、水をつけた手のひらで表面をならし、170度で16分ほど焼く。指先でポンポンと触ってみてぐにゃっとするようなら焼けていないので、様子をみながら焼き時間をのばす。
4)冷めたら(C)の材料を混ぜてスプーンでなめらかになるまで混ぜてアイシングを作り、焼きドーナツの上にかける。


私が使っているココナツミルクの原材料は「ココナツと水」です。
そのため、ココナツの脂肪分が上のほうに固まって、下のほうは水分が多めになっていることがありますが、湯煎するなどして溶かし、全体が混じり合うようにして使ってくださいね。

添加物が入っていないため、長い期間の冷蔵保存はできませんが、冷凍は可能です。
残ったココナツミルクは1回分ずつに小分けし、冷凍保存しておいて、使う時に常温や湯煎で溶かして使ってくださいね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。