FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.07
26


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
先日、お友だち2人でご参加いただくセミ・プライベートレッスンを行いました。
行ったレッスンはポリ袋で作るパウンド型食パン講座です。

いずれの方も食物アレルギーはなく、グルテンフリーにご興味がおありとのことで、おひとりの方はすでに昨年からグルテンフリーを実践してらっしゃるとのことでした。

おふたりとも、米粉クッキングはあまりなじみがない、とのことでしたが、とても手際がよく、材料の計量もていねい。
作業もスムーズに進み、できあがりも美しい〜

「米粉のパンって、おいしい」「こんなに簡単にこれだけ作れるなら、家でもやってみたい」「手作りだとやっぱり安心ですよね」などなど、とても嬉しい感想をいただきました。

いろいろとお話している中で、とても印象に残ったのが「グルテンフリー・ベイビー」という言葉です。

おひとりの方は、グルテンフリーをはじめて5か月ほど経った時、思いがけず新しい命を授かったとのこと。
「もしかしたらグルテンフリーにしたことで体質が変わったのかも。グルテンフリー・ベイビーだわ、って思いました」とおっしゃっていました。

人の体は食べたもので作られています。
そう考えれば、食べ物を変えれば体質が徐々に変わっていくということにも納得がいきますよね。

実は、私もムスメを授かった時に「食べ物で体質は変わるのかも!?」と実感しました。

ムスコの前に何度も流産を繰り返していて、ムスコを無事に出産できたのは奇跡的だと言われていたのですが、それから7年経って予想だにしなかったことに、ムスメを自然妊娠で授かりました。

考えてみると、ムスコの妊娠前と変わったことがいくつかあります。

ムスコの食物アレルギーに合わせて小麦・グルテン・卵・乳製品などを使わない除去食を食べていたことと、早寝早起きになったこと、面倒がらずに歩くようになったことなど、食生活と生活のリズムが変わりました。

また、ちょっとした不調の時には薬に頼るのではなく、早く寝たり、食養生やホメオパシーという自然療法などでケアするようにしています。

精神的な要素も自律神経の働きに影響を与えますので、食べ物だけで劇的に体質が変わるわけではないですが、米粉を中心とした油脂や糖分を控えめにした食生活をしていると、おだやかな気質になっていくような気がします。

もし、グルテンフリーにご興味がわいてきたら、難しく考えず、外食した時などに、たまにグルテンフリーのメニューを選んでみる、というのもよいかと思います。

今まで小麦製品をたくさん食べていたとしたら、食生活とまったく違ったものにするのは非常にストレスがかかりますし、大変なことですよね。

まずは、「たまにグルテンフリー」からはじめて「ときどきグルテンフリー」になり、いつか「たいていグルテンフリー」になったらいいなぁ、というくらいのゆるさでスタートすればいいのではないかと思います。
体調が変わって気分も良くなればおのずとグルテンフリーを続けたいと思うでしょうし、合わないなぁ、と思えば、今までの食生活に戻せばいいのですし。

たとえば、お昼ごはんに、和食の焼き魚定食を選べば、立派なグルテンフリーです。

「月に1回だけでは仕方ない」ではなく、たとえ、月に1日だけでもグルテンフリーを取り入れてみようと思う気持ちになったこと、それを食べたことで、今までの自分とは変わったということですから、変わるために努力した自分をいっぱい、いっぱい誉めてあげてくださいね!
ほんのちょっと変わった日が何回も重なれば、それは大きな変化になりますよ〜

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用。グルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。