RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.09
05


12:00
先日、1斤の米粉食パンの配合やオーブン内での位置を変え、何本も焼きました。

ミズホチカラ米粉食パン

使った米粉はミズホチカラ。
はしっこを切ってみて気泡の入り加減を見、味見もしましたが、どれも米粉食パンのおいしさが感じられました。
うん、大丈夫!

でも、さて、3本も焼いてしまうと、食べきれない……(汗)
どなかた、おいしく食べてくださる方、いないかしら。

たまたまそのパンを焼いた日の朝、ムスメの仲良しのお友だちのママとお話していました。

最近、娘さんの腕や足の関節部分が痒くなることが多くなったそうで、とても心配なさっていました。
暑いのはずっと続いていたし、あせもならわかるし、もしかして軽い食物アレルギーがあるのかなぁ、ということでした。

ムスコやムスメはたしかに、アレルゲンを摂取すると関節部分が痒くなることもありますが、痒みが出なくても他の症状が出ることもあります。
なので、「食物アレルギーがある」イコール「関節部分が痒くなる」ということではないので、そのあたりの判断は難しいですよねぇ。

けれども、私の考えですが、アレルギー反応が出ない食品であっても、体に合う/合わないということはあると思うので、体に合わないものを食べていると、その食品に対して体が「それ、食べ過ぎてます。ちょっと食べるの、やめてほしいんですけど」と体がメッセージを送ってくる、ということはあるかなぁ、とは思っています。

たとえ好きなものであっても、なにか特定の食品ばかりを大量に食べ続けるというのは、できるだけさまざまな栄養素を体に取り入れるという意味でも、避けたほうがよいように思います。

そんなお話をしていたら、食べ物にとても興味を持っておられるママだということがわかったので、夕方にお目にかかった時に、焼きたての米粉食パンをお渡ししました。

そして、次にお目にかかった時、「米粉のパンだからもちもちしているけど、でも、かたちはパンで、食べてみるとお米の味もして、不思議だったけど、おいしかったです。娘も気に入って食べていました」と言ってくださり、とても嬉しかったです。

さまざまなものを食べて育ってきた子は、味覚の経験値が上がり、おいしいと感じて楽しみながら食べられる食材の幅が広がっていきます。
味覚の経験値が上がるのに伴い、食への関心も高くなっていきますよね。

私がこんな食いしん坊になったのは、母が小さい頃に忙しい中でも手作りできる時には手作りして食べさせてくれたからだなぁ、と感謝しています。

母はとても仕事が忙しかったので外食も多かったですし、ジャンクフードは食べ放題の環境だったのに、子どもを持つ母となった今は、ごはんと野菜が好きで、薄味が好みだというのは、幼少期の味覚が育つ土台を母がしっかりと作ってくれたからだと思います。

食物アレルギーを持つ子や大人が増えてきた、アレルギー体質の人が増加傾向にある、などというニュースや統計を見るたびに、
食生活が西洋化してきたとはいえ、ずっとお米を食べてきた日本人の体には、小麦・卵・乳・豆乳・アーモンドなどを使わないで作られる米粉のパンやお菓子合うんじゃないのかなぁ、と感じます。

うまみや甘みが強いものを選んで食べていると、ガツンとくる強い味でないとおいしいと感じられなくなってしまいますが、米粉をベースに、素材の味を楽しめるようなやさしい味わいのものを食べていると、味覚の幅が広がっていきます。

小さいうちだけでなく、大人であっても、いろいろなものを食べて多彩な味覚の経験を積んでいくと、心と体の状態も健やかになり、食べることをより楽しめるようになりますね。

おいしく食べて、毎日幸せな暮らし、って、いいですね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。