RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.09
09


12:00
今日は空が晴れ渡ってきれいですね!

そろそろ夏の暑さの疲れが出てきている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私はもうバリバリに夏の疲れが出まくっていて、体が重いです……(涙)

腰痛持ちで頭痛持ちです。
結婚する前はほんとうにひどくて、いつも鎮痛剤を持ち歩き、しょっちゅう飲んでいました。

人の体には健やかな状態を維持しようとする自然治癒力が備わっているというのに、私は自分の体の力を信じる、という意識はまったくなく、病気は薬や病院で治してもらうものだと思っていました。

20代の頃にはアレルギー体質がひどくなり、妊娠してもすぐに流産してしまう、流産しなくてもお腹の中で赤ちゃんが育たなくなってしまう、生理が何か月もなかったかと思えば、今度は生理があっても2〜3日で終わってしまう、などなど……

私にとって深刻な体の不調で、ほんとうにつらかったのですが、病院に行って診てもらっても、「治療法はないですから」と言われるばかりで、切なくて悲しくてたまりませんでした。

けれども、今になってみると、ジャンクフードやファストフードではなく、ちゃんとしたものを食べ、規則正しい生活をすることが、健やかな体の土台を作ることになるんだなぁ、と実感しています。

私の場合、食べ物に気をつけることに加え、定期的に整体に行って体のゆがみをとってもらっています。

以前は椅子に座ったり、横断歩道で信号待ちをしている時に足を組むクセがあったのですが、それは体がゆがんでいて、まっすぐに立つと支えきれずに疲れるから、と言われ、「なるほどー」と納得しました!
たしかに、私は猫背なので、いつも背骨が丸まっているし、何をするにも、背筋をすっと伸ばした正しい姿勢にはなってないですから(汗)

ムスコが昨日、学校で「姿勢教室」という講義を受けてきて、「正しい姿勢」の大切さを教えられました〜
ちょうどムスコが教えてもらってきたような内容のことが保健教材ニュース(2010年1月5日)に掲載されていましたので、ご興味がある方はご覧になってみてください。

ここには書いてありませんが、背中が丸まって姿勢が悪くなっていると、胃や腸を圧迫するし、血流の流れも悪くなるのではないかと私は思います。
胃腸の働きが悪くなると、倦怠感などにつながりますし、姿勢を良くして食べることは、とても大切なのではないでしょうか。

体が疲れている時ほど、姿勢を良くして、ごはんや野菜をしっかりと食べて体を温めて血流を良くして過ごしたいものですね。

ちなみに食事中に水分をたくさんとると胃液が薄まってしまうため、胃に負担がかかります。
喉が渇いたからと、グビグビと水を飲むと飲み過ぎてしまうので、一旦、少量の水を口に含んでから「ごっくん」と飲み下すようにするとよいかと思います。

夏の疲れを引きずったまま寒い季節に入ってしまうと、自然治癒力が低下しているため、風邪をひいたり体調を崩しやすくなったりするそうです。

お互いに、夏の疲れは癒し、心も体も健やかに、秋を楽しみたいですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
グルテンフリーのいろいろな料理も掲載しています。
また、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピもありますので、よかったらご覧になってみてください。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。