RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.09
13


12:00
米粉食パンを焼きました。

照り焼きチキンを作ってレタスはさんでマヨドレをかけ、照り焼きチキンサンド!
おいしいグルテンフリーランチになりました。

照り焼きチキンサンド

照り焼きチキンの作り方は簡単です。

鶏もも肉1枚を4等分にし、厚みがあるところは開いてから片栗粉をまぶして軽く塩をし、薄く油を塗ったフライパンに入れ、中火にしてふたをし、焼き色がつかない程度に両面をを焼きます。

表面が白っぽくなって5割ほど火がとおったら、醤油とメープルシロップと水を2:1:2くらいの割合で混ぜ合わせたものをフライパンに入っている鶏肉にまわしかけ、弱火にして全体にからめます。

醤油は使うものによって塩加減が変わります。
私が使ったのはそら豆醤油ですが、ムスコが小さい頃に使っていたあわ醤油、きび醤油、ひえ醤油、キヌア醤油など雑穀の醤油だと、塩味を感じやすくなる傾向があるので、メープルシロップを多めにしたほうがおいしいです。

醤油とメープルシロップと水を小さな容器に混ぜ合わせてから、ちょっと舐めてみて、「少し濃いかな?」と思うくらいのお好みの味のバランスにしてみてください。

さて、どのくらい米粉食パンを常温に置いておけるものか、実験をしました。

パンを焼いて密封袋に入れて4日後。
カビがはえていました……(涙)

160913_0826~02

手作りの米粉食パンがカビるのは、防腐剤などの食品添加物が入っていない証拠ではあります。

それと同時に、極限まで雑菌を排除した環境で作られている市販品のパン工場とは異なり、普通の生活の中では雑菌がいるのが当たり前ですので(←皮膚の表面にも常在菌がたくさんいて、それゆえに健康が保たれていますよね!)、目に見える汚れがないからといっても、食べ物の管理には注意を払わなくては、と意識する瞬間でもありますね。

カビは気温20〜30度、特に25度前後で、湿度60パーセント以上になると活発に繁殖しますので、特に、今頃の時期は、食べ物の保存に注意する必要がありますね。

真夏のように暑い時期だと食中毒の心配をしますが、秋になってくると、ちょっと気持ちがゆるんで置きっぱなしにしてしまうと、カビの危険性があります。

私の実験では焼いた当日を含めて4日間でカビがはえましたが、冷房がかかっていない部屋など、環境によって大きく変わります。
私のレシピのパンは常温保存で4日なら大丈夫ということではありませんので、ご参考までにお伝えします。

「米粉食パンの保存はどうしたらいいですか?」とご質問をいただくことがありますが、私からお伝えしているのは下記のようなことです。

焼き上がった米粉食パンをしっかりと冷まします。
温かいままのパンを密封袋に入れると、袋の中に水蒸気がたまり、それがカビを誘発するからです。

焼いた当日、あるいは翌日くらいまでに召し上がる場合には密封袋に保存し、涼しい場所で保管してください。
ただし、冷蔵庫に入れると固くなりますので、冷蔵保存は避けてください。

翌日までに召し上がらない時には、スライスして1枚ずつラップに包み、密封袋などに入れて冷凍してください。
冷凍したパンは、常温解凍してからトーストするか、凍ったままで魚焼きグリルなどの低温で中まで溶けるようにしながら焼いていただいても結構です。
トーストして食べるのも、外側がカリッと香ばしく、内側はふわもちでおいしいですよ。

レンジで加熱すると固くなったり、もちもちしすぎたりして食感が低下しますので、レンジ加熱は避けてください。

本格的な食欲の秋が到来しました。
楽しく、おいしいグルテンフリーのパンライフを楽しんでくださいね!!

9月、10月のレッスンは今週中に告知させていただきます。
お待たせしていて、申し訳ありません。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
グルテンフリーのいろいろな料理も掲載しています。
また、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピもありますので、よかったらご覧になってみてください。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。