RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.10
14


12:00
Category : 料理関連
Theme : アレルギー・アトピー
Genre : 育児
突然ですが、お知らせです。

私は日本食育学会に所属しています。
11月13日に「味覚」に関するシンポジウムがありますので、ご都合が合う方がおられましたら、ぜひ!
シンポジウムの詳細はこちらです。

和食の「だし」をテーマとした話もあり、とってもおもしろそうですよ〜

何をどう食べるか、食べ物はどこからきたのか、この食べ物は安全なのか、といった、さまざまな観点から「食べる」ということを見つめなおすことで、より健やかにおいしく食べられるようになるという意味では、食物アレルギーと食育は密接に繋がっているのではないかと私は思っています。

食べ物に制限があるからこそ、食べ物のありがたさ、食べられる幸せを実感しているのがアレッ子家族なので、すでにみなさんは日々、家庭で食育を実践していることになりますよね!
すばらしいことです!!

私の場合、食物アレルギーを持つ子どもたちの給食のことがあるので、栄養士さんとお話する機会が多いです。

栄養士さんは栄養バランスに加え、子どもたちが残さず食べるような工夫をいろいろとされていて、小学校という教育の現場で、食育を推進するリーダー的存在ですよね。

ありがたいことに、ムスコの給食は、学校がアレルゲンを除去したものを用意してくれ、除去しての調理が難しいメニューに関してのみ持参することになっています。

自治体によって食物アレルギーの対応には違いがあるようですが、私が住む自治体では、食物アレルギーの対応としては、アレルゲンの除去が基本で、食べられるものに変えるということではないので、たとえば、シチューの牛乳がダメな場合には豆乳やココナツミルクに変えてくれるのではなく、ポトフみたいなスープになります。
ちょっと他の子とは違った料理になってしまいますが、それでもみんなと一緒に食べられるのはとても楽しいようです。

今日もこれから栄養士さんと打ち合わせなので、差し入れにお菓子を焼きました。

ココアと玄米をベースにしたクッキーにココナツパウダーを入れたサブレと、カボチャとはちみつのマドレーヌ、レーズンとココナツのミニパウンドケーキです。

161014_1055~02

すべて小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用です。
今回は膨張剤にはベーキングパウダーを使わず、重曹にしました。

栄養士さんが体にやさしい焼き菓子を気に入ってくれ、いつか、「メニューに米粉を使ってみようかな?」と思ってくださるようなことがあったらいいな。

小麦・卵・乳製品を使った米粉のお菓子は、小麦・卵・乳製品を使った小麦粉なのお菓子とはまったく違う食感と風味なので、違ったおいしさがありますよね〜

今はまだ、米粉は小麦の代替え的な扱いになっているように感じますが、小麦の代替え品ではなく、米粉が味のバリエーションとして多くの人たちに受け入れられるようになったら、それも日本の食文化に進歩といえるのかもしれないですね!
話が大きくなっちゃいますが(笑い)

農林水産省の統計によると、平成17年度では全国で7800校の公立小中学校で、学校給食で給食に米粉パンを出しているそうです。
ただし、このパンは必ずしも米粉100パーセントのパンではないですし、グルテン不使用かどうかまでは書かれていません。

たぶん、小麦もグルテンも乳製品も使われている米粉パンがほとんどじゃないとは思いますが、それでも、米粉をパンに使うようになったということは、いつかアレルギー対応食として米粉100パーセントのパンが出てくる可能性もある、と希望的観測をしたくなってしまいます。

だって、グルテンフリーの米粉パン、商品化されてますし!
お母さんたちは子どもたちのために米粉でパンを焼いてますし!

うちの近所のスーパーでグルテンフリ―の米粉パンがいつもパン売場に並んでるくらいだから、入手が困難なわけじゃないですよね。
それに、調理のプロが作る給食でやろうと思えばやれないことではないんではないかと……。
でも、給食費とか人件費とかいろいろな問題があるのは理解しています、ハイ。

あれこれ、それこれ考えていくと、学校を管轄する文部科学省の方針にかかわってくるんでしょうかねぇ。
農林水産省が学校給食の方針を決めるんだとしたら、あっという間に「米粉パンを学校給食に出して、米の消費量をアップせよ」って通達を出している気がするわ(笑い)

小麦を主食とする欧米諸国から見たら、日本の食文化は、うまみに加え、米粉でお菓子でもパンでも作れちゃう食の最先端に見えることでしょうね。
さらにおいしく、もっとたくさん米のおいしさを味わいたいですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。