FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

 料理研究家・伊藤ミホの  アレルギー対応料理教室「コメコメ・キッチン」

食物アレルギー特定原材料等27品目不使用のお菓子やパンもできます。

プロフィール

伊藤ミホ

Author:伊藤ミホ
アレルギー対応料理研究家。中医薬膳師。

小麦・卵・乳製品・大豆・アーモンド・ゴマ・落花生・エビ・カニ・牛肉などを使わないグルテンフリー&食物アレルギー対応のパン、お菓子や料理を作るレッスンを行っています。

連載をしています(月1回更新)。
ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふた

子どもたちにもっと食に興味を持ってもらえるよう、簡単にできる「出張お菓子教室」も行っていますので、ご興味があればお問い合わせください。

レッスンで使う食材はできるだけ自然な方法で作られた良質のものを選んでいます。
糖類は甜菜糖・有機砂糖・メープルシロップ・はちみつなど、塩は自然塩、油は一番搾り菜種油・エクストラヴァージン・オリーブオイルを使っています。
体にやさしい食材の良さもお伝えしたいと思っています。

コメコメ・キッチンでは、さまざまな食材を使って手間や時間をかけた「足し算」のレシピではなく、できるだけ簡単に、素材の味をいかした「引き算」のおいしさを感じられるレシピを考案しています。

忙しい毎日の中であっても体にやさしい生活を続けていけるよう、洗い物を少なくしたり、パンとメインディッシュを一緒に焼き上げてしまうような時短レシピなど、毎日の生活の中で使える工夫がいっぱいのレッスンです。

私には、多品目食物アレルギーがある11歳のムスコと4歳のムスメがいます。

子どもたちの食物アレルギーや、私自身がなかなか妊娠せず、妊娠しても習慣性流産や不育症など不妊のつらさや切なさを経験したので、食べ物で体調を整えることが大切だと実感しています。

特定アレルゲン27品目除去のケーキや料理などのレッスンやレシピ提案も可能です。
レシピ開発のお手伝いもさせていただいています。


お問い合わせやお仕事のご依頼は 
komekomekitchen@gmail.com 
までお願いいたします。

=MEDIA=
『月刊 清流』2016年7月号 84~85ページ掲載

2016年6月30日『日経DUAL』掲載
グルテンフリーでおいしいサクサク米粉クッキー(Interview & Recipe)

2016年7月1日『日経DUAL』掲載
ふんわりしっとりグルテンフリーの白花豆マドレーヌ(Interview & Recipe)

2016年8月19日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(前編)

2016年8月29日『日経新聞電子版 NIKKEI STYLE』掲載
WOMAN SMART 伊藤ミホ(後編)

=著書=
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい米粉のクッキーとタルト(世界文化社刊)

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にするグルテンフリーレシピ(清流出版刊)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.12
16


12:00
先日、とても嬉しいプレゼントをいただきました。
グルテンフリ―の洋菓子の数々です。

161215_1516~01

このお菓子を作っているお店の名前は、鹿児島県にある米粉菓子専門店のせ製菓
のせ製菓は、お菓子の原材料を生産する小城製粉の製菓部として、お菓子の開発・販売を平成23年3月1日から米粉100パーセント、グルテンフリ―でのお菓子づくりをはじめたそうです。

お菓子の材料を生産する小城製粉は、グルテンフリ―の米粉の開発に力を入れており、日本国内だけでなく、海外からも注目されている存在。
その革新的な技術はテレビなどでも取り上げられているので、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。
ちなみに、私はNHKの「さきどり」で知りました。

のせ製菓のお菓子のラインナップは、和菓子から洋菓子、パンまで幅広く、嬉しい限り。
製粉会社が母体というだけあって、使っている米粉の性質を知り尽くし、その良さを最大限に引き出したお菓子が見事です。

かるかんやもなか、大福など定番の和菓子に加え、米粉カステラ、明日葉バームクーヘン、ダックワース、チーズブッセ、米粉シフォン、米粉ロールケーキ、米粉パン……などなどなどなど、さまざまな洋菓子もあり、素晴らしいのです!!

そして、材料に使っている食材にもたくさんの工夫が見られます。

紫芋の山芋を使った美しい紫色のかるかんや、きんかん、災害や傷などによって出荷できなかったゴボウや生姜などをおいしく生まれ変わらせたお菓子など、お菓子をつくっておられる方々の食材への愛情、そして生産者の方々への信頼と感謝が感じられ、食べるたびに、心がほこほこしてきます。

米粉の風味がいきているしっとり、ふんわりしている洋菓子の数々、見た目だけでなく、味もとっても良かったです。
特に、明日葉バームクーヘンは明日葉が入った緑の層とプレーンな層の重なりも美しいですし、口に入れた時にきめ細やかな米粉がまるで溶けるかのようで、小麦粉バームクーヘンとはまったく違ったオリジナルなおいしさでした。

卵や乳製品などは使われていますが、グルテンを含まない100パーセント米粉のお菓子なので、小麦アレルギ―の方や、グルテンフリーの食生活をなさっている方にもおいしく、楽しく食べることができます。

米粉は小麦粉の代替えであるかのように言われることがありますが、それらは味も食感もまったく違うので、米粉は小麦粉の代替えとして扱われることに私は違和感を持っています。

だって、米粉を小麦粉の代替えだと考えながらお菓子やパンをつくると、米粉の味の到達点は小麦のお菓子やパンということになってしまいますよね。

よく考えてみれば、小麦のお菓子やパンは、小麦という食材に合う方法で調理され、発展してきたものなので、その手法やレシピをそっくりそのまま米粉に置き換えるのはフェアじゃない、と思うんですよねぇ。
相手の土俵で、相手の得意技で相撲をとっているみたい、といったほうが伝わりやすいでしょうか(笑い)

なので、まずは米粉ありきで、米粉のおいしさや特性をいかすことができるように味を組み立てていくことで、おいしいお菓子やパンが生まれるのだと思います。

そういう意味でも、小城製粉という製粉のプロフェッショナルであり、グルテンフリ―米粉の革新的な技術を研究している会社が、のせ製菓という米粉のお菓子を開発して販売する、というのは素晴らしいことですよね!

のせ製菓のお菓子を食べながら、ここ数年の米粉の目覚ましい進歩、米粉が普及は、こうしたプロフェッショナルな方々の努力のたまものなのだと感謝の気持ちでいっぱいになりました。
ごちそうさまでした!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。